今使っている電話番号そのままで他社へ乗り換えられるMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)。ドコモから楽天モバイルへ問題なくMNPが利用できます。

 

もちろん大手キャリアと同じように直営店舗で店員さんにお願いすることもできますが、わざわざショップに足を運ぶ必要もありません。

 

だって楽天モバイルなら自宅で簡単に、それもその日のうちに不通時間なしで回線が切り替えられるのですから。

 

ただしMNPを利用して乗り換える場合、いくつか注意すべきポイントがあります。

 

事前に準備しておかないと、

worrier

そもそも契約ができなかった…

worrier

契約できたけどスマホが使えなかった…

などのトラブルに遭遇してしまいます。

 

そこでまずは『ドコモからMNP予約番号を取得する手順』を、続いて『楽天モバイルでMNP転入する手順』をそれぞれ詳しく解説していきますので、是非とも快適な格安SIMライフを手に入れてください。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

ドコモからMNP予約番号を取得する流れ

 

ドコモから楽天モバイルへMNPを使って乗り換えるために必要な、大まかな手順は以下の通りです。

 

  1. 手順A. 事前準備

    ドコモで名義変更(確認)やSIMロック解除を済ませておきます。

  2. 手順B. MNP予約番号を取得

    ドコモからMNP予約番号を取得します。

  3. 楽天モバイルでMNP転入手続きを行います。※手順C~Dで詳細を解説

 

ざっと流れが頭に入ったところで、実際に手順Aの詳細から順を追ってみていきましょう。

手順A. 事前準備

契約者名義は同一にしておく

 

ドコモからMNP予約番号を取得して、いざ契約しようとしたら

worrier

契約者名義が違っていて契約できなかった…

という事例が格安SIMサービスを展開するmineoで急増しているそうです。

MNPお申し込みの際に、「契約名義間違い」にてお申し込みがお受けできないケースが多数発生しております。

引用元:公式サイト(mineo)

しかしこの問題はmineoに限った話ではなく、楽天モバイルでも起こります。

MNP転入でお申し込みされる場合の注意事項

MNP予約番号発行時の名義と楽天モバイルのお申し込み時の契約者名義は同一である必要があります。

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

たとえば『ドコモの時には親の名義で契約していたけど、楽天モバイルでは自分の名義で契約する』なんてケースが該当します。

 

そんな場合は、まずドコモショップで名義変更を行ってから、MNP予約番号を取得するようにしましょう。ドコモの名義変更には契約事務手数料として2,000円掛かります。

 

家族間での名義変更であれば、委任状と両者の本人確認書類があれば一人で行うことも可能です。

契約者のご家族によるお手続きの場合、契約者の本人確認書類に加え、「委任状」「契約者のご家族の本人確認書類」「ご家族であることが確認できる書類(戸籍謄本、「マイナンバー」の印字がない住民票など)」が必要です。

引用元:公式サイト(ドコモ)

ドコモのスマホをSIMロック解除しなくても利用できる

 

楽天モバイルはドコモ回線を利用しているため、ドコモのスマホであればSIMロックを解除しなくても利用できます。

 

SIMロック解除しなくてもドコモのスマホが利用できるのは、ドコモ回線を利用する楽天モバイルならではの特典でもあるので、無理にSIMロックを解除する必要はありません。

 

しかし一定の条件をクリアしている場合は解除しておくことで、渡航先や他社への乗り換え時に制約を受けなくなるので便利です。手続きの手間が苦でなければSIMロックは事前に解除しておきましょう。

 

2015年5月以降に販売されたスマホであれば、基本的にSIMロックは解除できますが『端末購入日から6か月以上経過していること購入日から100日経過』という条件があります。

購入日から100日経過した機種であること
ただし、以下の場合は100日を経過していない場合でも即時にSIMロック解除の手続きが可能となります。

  1. 当該回線において、過去にSIMロック解除4を行っており、その受付から100日経過した場合
  2. 当該機種を一括払いでご購入、または分割払いでご購入され、その分割支払金/分割払金のご精算をされた場合
    (いずれも端末購入サポートを利用されている場合は、端末購入サポートの解除料をお支払いいただくことが必要です。)
  1. 回線契約期間中に受付したSIMロック解除が対象です。

引用元:公式サイト(ドコモ)

⇒総務省の『SIMロック解除に関するガイドライン』の見直しにより、以前の6カ月以上経過→100日経過へSIMロック解除できるまでの期間が短縮されています。(一括払いで機種を購入した場合、支払い確認後すぐにSIMロックを解除可能)

 

他にもドコモショップで解除する場合はSIMロック解除手数料が3,000円掛かり、契約者本人である必要があります。

 

万が一、ドコモを解約した後にSIMロックを解除したくなった場合も、解約日から100日経過していなければドコモショップでSIMロック解除を行うことができるのでご安心ください。

 

ただしなるべくインターネット(My docomo)から解除する方が手数料がお得(無料)なのでオススメです。

 

なおSIMロック解除は自由ですが、他にも楽天モバイルで利用するための条件(SIMカードサイズやOSのバージョンなど)があるので注意が必要です。

 

楽天モバイルの公式サイトでは、実際にあなたが使っている機種が使える条件を簡単にチェックできるようになっています。契約してからトラブルに見舞われないためにも事前に自分の目で一度は確認しておきましょう。

 

1.まず、下のリンク(楽天モバイル)から公式サイトへ移動します。

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

 

2.次に、上の方にあるメニューから『動作確認済み端末』を押します。

 

3.そして『キーワード検索』や『項目を絞り込む』機能を入力して『検索』ボタンを押します。

すると該当する楽天モバイルで利用できる端末情報が手に入ります。

 

上の例は『キーワード検索』からドコモの『iPhone SE』について調べた結果です。Apple製品の一覧表を下の方にスクロールしていくと、

  • ドコモのiPhone SE(docomo版)が利用できる

ということが簡単に分かりますね。

参考楽天モバイルでiPhone SEを使ったレビュー

 

他にも楽天モバイルで利用する条件として

  • SIMカードのサイズ
  • テザリング機能の可否
  • 動作確認済みOSのバージョン
  • 楽天モバイル回線のプロファイル

など詳しく記載されているので、これら情報を参考に申し込むことで

worrier

サイズ間違えてスマホにSIMカードが入らない…

worrier

楽天モバイルへ乗り換えたら電波が繋がらないぞ…

といった失敗のリスクを減らすことができるでしょう。

2年縛りの契約更新月(2カ月間)

 

ドコモの契約には2種類のコースがあります。

ずっとドコモ割コース

  • 2年定期契約(更新月の2カ月間は違約金なし)
  • 違約金:9,500円

フリーコース

  • 違約金なし(最低利用期間の2年以内の解約は9,500円)
  • 『ずっとドコモ割』と『更新ありがとうポイント』適用対象外

 

2016年まではいわゆる『2年縛り』と呼ばれている、2年に一度だけ訪れる契約更新月の1カ月間しか、違約金なしで解約することはできませんでした。この『2年縛り』を問題視した総務省の働きかけに応じたドコモは、契約更新月を2カ月に増やして『2年縛り』のないフリーコースも用意しています。

 

つまり2年に一度訪れる契約更新月以外にも、事前にフリーコースに乗り換えておくことで、好きなタイミングで楽天モバイルへ乗り換えても、9,500円という高額な解約違約金を免れる方法があります。

 

ただし最低利用期間が2年間あるので、2年以内に格安SIMへ乗り換える予定がある場合はわざわざフリーコースへ乗り換える必要はありません。

 

そもそもドコモから楽天モバイルへ乗り換えれば、同じ条件のプランで料金を比較した場合、2~3カ月で解約違約金9,500円以上の節約ができるんです。

月額7,000円が月額3,000円(半額以下)に!?

参考ドコモと楽天モバイルの料金プランを比較

 

なのでなるべく更新月で乗り換える努力をして、どうしても更新月に乗り換えられない場合はフリーコースを選択するのではなく、解約違約金を支払ってでも楽天モバイルへ乗り換えた方がよっぽどお得になるでしょう。

手順B. MNP予約番号を取得

 

事前準備が完了したら、いよいよMNP予約番号の取得です。

 

MNPを利用して楽天モバイルに乗り換える場合は、現在契約しているドコモから携帯電話番号や契約者などが紐づいているMNP予約番号を発行してもらい、その情報をもとに乗り換え先の楽天モバイルでMNP転入手続きを行います。

 

そうすることでドコモで使っていた電話番号が、そのまま楽天モバイルでも利用できるというわけです。

 

MNP予約番号を取得する方法は電話とインターネット(WEB)があります。

MNP予約番号の入手先

TEL:
151 (携帯電話)
0120-800-000 (固定電話)
WEB:
My docomo

電話の受付時間は9時〜20時、WEBの受付時間は24時間です。取得したMNP予約番号はSMSで送られてきます。

 

MNP予約番号を取る際は

  • 2,000円のMNP転出手数料
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう。

 

以上が『ドコモからMNP予約番号を取得する手順』の詳しい解説になります。それでは続いて『楽天モバイルでMNP転入する手順』について確認していきましょう。

楽天モバイルへMNP転入する流れ

楽天モバイルへMNP転入するために必要な大まかな手順は以下の通りです。

 

  1. 手順C. 公式サイトで契約

    楽天モバイルの公式サイトへ移動して、MNP予約番号を入力して契約します。

  2. 手順D. 楽天モバイル回線へ切替

    自宅にSIMカードが届いたら、楽天モバイル開通受付センターに電話して、回線が切り替わるのを待ちます。

  3. 旧回線が圏外になったら切り替わった合図です。スマホにセットすることで楽天モバイル回線が利用できます。

 

ざっと流れが頭に入ったところで、実際に手順Cの詳細から順を追ってみていきましょう。

手順C. 公式サイトで契約

楽天モバイルの公式サイトへ移動してMNPを利用するための手続きを行います。

 

楽天モバイルにはMNP予約番号の有効期限(15日間)に加えて『有効期限が10日以上』という独自ルールがあります。

ご登録には、有効期間が 10日以上残っているMNP予約番号が必要です。

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

つまり実質的な契約までの期限はMNP予約番号を取得後、たったの5日間というわけです。

 

期限内に契約できなかった場合は再度、取得し直すために15日間待つ羽目になります。

 

手間が掛かかるうえに、ひと月乗り遅れるだけでキャンペーンや更新月をまたいで、ムダな出費にもつながりる可能性があります。

参考楽天モバイルの最新キャンペーン情報

 

そこでMNP予約番号を取得する前に公式サイトから選択画面を事前に確認しておき、当日は失敗することなく、スムーズに手続きを済ませましょう。

MNPを利用した契約手続きの詳しい手順

1. まず、下のリンク(楽天モバイル)から公式サイトへ移動します。

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

 

2. 次に、公式サイトの『お申込み』ボタンを押します。

 

3. 楽天モバイルの契約画面に移動するので『今すぐWebでお申込み』から『お申込みタイプの選択』を行います。

 

3-1. 商品を選択

契約とセットでスマホを購入したい場合は『端末+SIMセット』にチェックを入れて、SIMカードのみ契約したい場合は『SIMのみ』にチェックを入れます。※端末+SIMセットの場合はスマートフォン+端末補償オプションを選択(SIMのみの場合は端末保証のみ選択)

  • 端末補償(500円/月)
  • 端末補償・あんしんリモートサポートパック(800円/月)
  • つながる端末保証 by 楽天モバイル(500円/月)

 

3-2.SIMタイプを選択

MNPを利用する場合は、ここで『通話SIM』を選択します。

 

3-3. 料金プランを選択

月々利用したいデータ容量を選択します。

参考楽天モバイルのスーパーホーダイとは?

なお、初期状態ではスーパーホーダイプランのみ表示されていますが、『組み合わせプランを表示⊕』リンクを押すことで、組み合わせプラン(格安SIMの一般的な料金プラン)を選択することができます。※別途、スーパーホーダイの場合は最低利用期間を1年/2年/3年の中から選びます。

通話SIM
ベーシックプラン 1,250円
3.1GBプラン 1,600円
5GBプラン 2,150円
10GBプラン 2,960円
20GBプラン 4,750円
30GBプラン 6,150円

 

3-4. SIMサイズを選択

利用するスマホにセットできるSIMカードサイズを選択します。

  • nano SIM
  • マイクロSIM
  • 標準 SIM

 

4. オプション選択

15個以上のオプションの紹介があります。(基本的にはどれも不要です。)

最初から月額500円掛かる『つながる端末保証 by 楽天モバイル』にチェックが入っているので、不要な方は外して『アクセサリー購入へ進む』ボタンを押して次へ進みましょう。

⇒契約画面の最初に選択するスタイルへ改善されました。

 

5. アクセサリー購入

70個以上の付属品の紹介があります。(基本的にはどれも不要です。)

『お客様情報へ進む』ボタンを押して次へ進みましょう。

 

6. お客様情報入力

『MNP(携帯電話番号ポータビリティ)のご利用』項目で『今お使いの電話番号を引き継ぐ(MNP)』と、その下にある『自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する』にも忘れずにチェックを入れましょう。

チェックを入れないと不通期間なしで旧回線から楽天モバイル回線に切り替えることができません。SIMカードが届く2~3日の間旧回線もデータ通信ができなくなってしまいます。くれぐれもチェックを忘れないように注意しましょう。

 

そして取得したMNP予約番号の情報を入力していきます。

 

次に音声通話をよく利用する方にとっては、非常にお得になる『楽天でんわ』のプランを選択していきます。

あとは契約者情報や身分証明書の画像データをアップロードするだけです。事前に携帯のカメラやデジカメ、スキャナーなどで画像データを取り込んでおくと、契約時にスムーズに進めることができるでしょう。

 

ちなみに楽天モバイルの場合は支払い方法を選ぶことも可能です。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

手順D. 楽天モバイル回線へ切替

契約の手続きが完了すると数日して自宅にSIMカードが届きます。

楽天モバイル回線へ切り替える詳しい手順

SIMカードが届いたら、まずは楽天モバイル開通受付センターに電話して回線の切替を行うのですが、電話する時間によって切り替わる日付と時間が変わるので注意しましょう。

● 回線切り替え時間

  • 9:00~20:59までに開通受付が完了・・・当日中に切替が完了(所用時間:15分程度)
  • 21:00~翌8:59までに開通受付が完了・・・9:00以降に切替が完了(所用時間:60分程度)

なお20:59直前の開通受付の場合、翌日9:00以降の切替になるケースもあるようなので、回線切替は時間に余裕を持って行いましょう。

電話番号 :
0800-805-1111

次に旧回線から楽天モバイル回線へ切り替わったことで、旧回線の電波が圏外になるのを待ちます。

 

そのあとに楽天モバイルのSIMカードへ差し替えることで楽天モバイル回線が利用できます。

 

ところが、まだSIMカードを差し込むだけでは楽天モバイル回線を利用してデータ通信を行うことができません。

 

今まで他の携帯電話会社で利用していたスマホや、楽天モバイル以外で購入したスマホには、別途ネットワークの設定が必要になります。

参考楽天モバイルのネットワーク(APN)設定とは?

 

worrier

失敗して楽天モバイル回線が使えなかったらどうしよう…

worrier

なんだか難しそうだな~、正直めんどくさい!

…など設定に不安がある方は、楽天モバイルがSIMカードとセットで販売しているスマホを購入することで、ネットワーク(APN/CPA)設定が既に完了していたり、プリセットされた(APN/CPA)設定を選択するだけで済むので手間が省け、心配ごとが一つ解消できるのでオススメです。

参考楽天モバイルがセット販売するおすすめのスマホ

Androidのネットワーク(APN)設定

楽天モバイルの場合は『申込種別』によってAPN設定する内容が異なるので、間違えないように気を付けましょう。※申込種別はSIMカード台紙またはメンバーズステーション内の『ご契約者さま情報』から確認

  1. まず、スマホの『設定』アイコンを押します。
  2. 設定画面の『モバイルネットワーク』を押して、『モバイルデータ通信』に☑して、『高度な設定』⇒『APN設定』の順に押していきます。
  3. 楽天モバイルのネットワーク情報を入力して保存します。
  4. 『APN接続』または『設定を有効にする』に☑します。

申込種別006または007の方:

ネットワーク名 任意の名前例)rmobile
APN rmobile.jp
ユーザー名 rm
パスワード 0000
認証タイプ PAPまたはCHAP

申込種別008または009の方:

ネットワーク名 任意の名前例)rmobile
APN rmobile.co
ユーザー名 rm
パスワード 0000
認証タイプ PAPまたはCHAP

申込種別010または011の方:

ネットワーク名 任意の名前例)rmobile
APN a.rmobile.jp
ユーザー名 rakuten@vdm
パスワード 0000
認証タイプ PAPまたはCHAP

※必要に応じて以下も設定

申込種別 006~009 010/011
接続方法(PDP Type) IP接続
MCC 440
MNC 10 51

なお、上の手順は2018年11月14日時点でのAndroidのネットワーク(APN)設定です。※端末によってAPN設定の項目名が若干異なるケースあり

 

現時点での最新情報(詳細手順)は事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

iPhone(iOS)のネットワーク(APN)設定

iPhoneのネットワーク設定はAndroidのAPN設定とは異なってプロファイルをインストールするため、別途Wi-Fi環境が必要になる点に注意が必要です。

楽天モバイルの場合は『申込種別』によってインストールするプロファイルが異なるので、間違えないように気を付けましょう。※申込種別はSIMカード台紙またはメンバーズステーション内の『ご契約者さま情報』から確認

APNが「楽天モバイル(rmobile.jp)」の方(申込種別006または007)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/B_voice.mobileconfig
APNが「楽天モバイル(rmobile.co)」(申込種別008または009)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/C_voice.mobileconfig
APNが「楽天モバイル(a.rmobile.jp)」(申込種別010または011)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/au_voice.mobileconfig

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

  1. まず、Safariで申込種別に対応したプロファイルURLへアクセスします。
  2. プロファイルのインストール画面が開くので、『インストール』を押します。
  3. パスコードを入力して警告画面を確認し、『インストール』を押します。
  4. インストールが終わったら『完了』を押します。

 

なお大手キャリアで利用していたiPhoneの場合は、登録されているプロファイルを別途削除する必要があります。

  1. 『設定』⇒『一般』⇒『プロファイル』の順に進みます。
  2. 『プロファイルを削除』を押してパスコードを入力します。
  3. 『削除』ボタンを押します。

 

設定したのに回線がつながらない場合は『音声通話とデータ』または『データ通信』にチェックが入っていることを確認します。

  1. 『設定』⇒『モバイルデータ通信』⇒『通信のオプション』⇒『4Gをオンにする』の順に進みます。
  2. VoLTEを有効にする場合は『音声通話とデータ』、無効にする場合は『データ通信』を選択します。

 

それでもダメな場合は『端末の再起動』と『機内モードON / OFF』を試してみましょう。

 

上で紹介している手順は2018年11月14日時点でのiPhoneのネットワーク設定です。現時点での最新情報や詳細手順は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

注意点まとめ

 

以上、ドコモからMNP転出(予約番号の取得)して、楽天モバイルへMNP転入するための詳細手順を紹介してきましたが、さいごに注意点だけ簡潔にまとめますので、是非とも参考にしてください。

 

MNPを利用して電話番号そのままでドコモから楽天モバイルへ乗り換える場合、契約者名義を統一する必要があります。

 

事前にフリーコースへ乗り換えておくと好きなタイミングで乗り換えても、高額な解約違約金を支払わずに済みます。ただし最低利用期間が2年あるので、自由に乗り換えられるまで待つくらいなら、解約違約金を払ってでもスグに楽天モバイルへ乗り換える方がお得です。

 

ドコモからMNP予約番号を取得するのは簡単ですが

  • 2,000円のMNP転出手数料
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう。

 

さらに楽天モバイルの場合は『MNP予約番号の有効期限が10日以上』という条件があるので、実質取得したら5日以内に契約手続きを済ませる必要があります。

 

楽天モバイルのセット販売端末以外を利用する場合は、楽天モバイルの回線を利用するためにスマホ側でAPN(CPA)設定が必要です。

 

契約時に『自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する』へチェックするのを忘れると、SIMカードが届くまでの2~3日間不通期間(空白期間)が発生してしまいます。

 

回線を切り替える際は20時59分までに受付センターへ電話して切替手続きを完了しなければ、その日のうちに楽天モバイル回線を利用することができないので注意が必要です。

 

事前準備をしっかりと行って少しでも無駄な出費と時間を減らすようにしましょう。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル