高性能なSoC(スナドラ710)と6GBのRAMを搭載し、ミッドハイレンジの中でも処理性能が高いと前評判の高いOPPO Reno A。

結論から言うと、実際に利用して「これが3万円台で買えちゃうの?」というくらい、コスパに優れた端末でした。

処理性能はもちろんのこと、海外メーカーの格安スマホだと対応を見送りがちな防塵防水機能や、おサイフケータイ機能まで搭載されており、日本のニーズをしっかりくみ取っている点も素晴らしいの一言!
もちろん、OPPOですからカメラ機能&性能も良好です。

端末割引に規制が入って高価なハイスペックスマホが買いにくくなった今、代替スマホとしても十分要件を満たす機種と言えるのではないでしょうか。

ただ、強いて言えばワイヤレス充電が未対応などの注意すべきポイントもあるので、OPPO Reno Aを実際に使ってみて気付いたメリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

OPPO Reno Aの基本スペック・特徴

OPPO Reno A
カラー
メーカー OPPO(オッポ)
CPU Snapdragon 710 (オクタコア)
内蔵メモリ(RAM) 6GB
内蔵メモリ(ROM) 64GB
外部メモリ 最大256GB
リアカメラ 1,600万画素+200万画素
フロントカメラ 2500万画素
画面サイズ 約6.4インチ
本体サイズ 約75.4×158.4×7.8mm
OS ColorOS 6.0(based on Android 9.0)
無線LAN規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量 3,600mAh
解像度 2,340×1,080
重量 169.5g
USB(I/F) USB Type-C

※楽天モバイルのみROM128GB版(楽天回線対応端末)

OPPO Reno A のメリット(長所)

オーロラのように光を反射する高級感ある本体

オーロラのような曲線美で光を反射する光沢のある本体の背面には高級感があります。

ディスプレイは約6.4インチの大画面で、素材は有機ELを使用しています。

解像度は2,340×1,080(フルHD)なので、キレイな映像や画像をみて楽しむことが可能となっています。

本体の幅は約7.8mmなので、大きさの割に薄く感じます。

イメージしやすいように具体的な比較例を出すと、たとえばiPhone XSやiPhone 11が約8.1mmなので、それより0.3mm薄いイメージです。

AIで簡単にキレイな撮影が可能&多彩な撮影モード

OPPO Reno Aは単に撮影するだけでもAIによるキレイな写真が撮れます。そのうえで、多彩な撮影モードも用意されているのです。(夜/パノラマ/エキスパート/タイムラプス/ステッカーなど)

OPPO Reno Aの多彩な撮影モード

他にも別途ポートレート撮影モードが用意されているので、ボケ感を出した写真も簡単に撮ることが可能となっています。

OPPO Reno Aのポートレート撮影

さらにカメラ好きな方の場合、エキスパートモードを使うことで、より細かな数値設定(ホワイトバランスやオートフォーカス、露出補正)が可能となっています。

多機能(おサイフケータイ・防塵防水などに対応)

大手キャリアから格安スマホに乗り換える際、普段利用している機能が使えなくなる問題として典型的な2つの機能が『おサイフケータイ』と『防水・防塵機能』です。

しかし、OPPO Reno Aは低価格で高性能を実現しているうえに、『おサイフケータイ』と『防水・防塵機能』まで完備しているから驚きです。

まさに分離プランで高くなり過ぎた大手キャリアのスマホから、格安SIMへ乗り換えたいと考えるこのタイミングにピッタリの格安スマホといえるのではないでしょうか。

OPPO Reno A のデメリット(短所)

ワイヤレス充電には未対応(外部端子:Type-C)

最近のハイスペックなスマホではワイヤレス充電も一般的になりつつありますが、OPPO Reno Aはケーブルによる充電(Type-C)のみ対応しています。

車載の充電式スマホホルダーがワイヤレス充電に対応していたり、普段からワイヤレス充電に慣れ親しんでいる方にとっては不便さを感じるでしょう。

しかし言い換えれば、大きなデメリットとして感じたのは、それくらいです。

性能も最先端のハイスペックスマホと比べなければ、十分な性能が期待できます。(大抵の用途やアプリは快適に使えることでしょう)

それなのにスペックが同レベルのスマホと比べて端末代が安いため、非常にコスパの良いスマホといえます。

OPPO Reno A の評判・口コミ情報

OPPO Reno Aが最安値で入手できる格安SIM(厳選10社)

OPPO Reno Aのスマホセット通常価格一覧(グラフ・表)

OPPO Reno A
格安SIM通常価格
OCNモバイルONE25,630円
IIJmio30,580円
LINEモバイル32,780円
mineo(マイネオ)38,280円
QTモバイル38,280円
楽天モバイル38,800円
NifMo(ニフモ)39,380円
BIGLOBEモバイル終売
UQモバイル-
ワイモバイル-
※2020年9月1日時点

セット購入が割安な格安SIMランキングTOP3(端末代金が安い順)

  1. OCNモバイルONE/25,630円

    1. OCNモバイルONE

      かけ放題 5.0
      通信速度 4.5
      サービス 4.5
      セット端末 5.0
      最安:
      880円~(新コース3GB)
      人気:
      1,480円
      (3GB:音声通話対応SIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      OK
      通話し放題や日単位プラン、名義変更などサービスが充実。特にOCNでんわアプリやIP電話(050 plus)、10分かけ放題~通話し放題(TOP3)といった通話割引の強みが特徴。らくらくセットで優良機種のスマホが安く買えるメリットが絶大なトップシェアを誇る格安SIM。

    \今ならスマホセットが7周年記念セール!(9月15日迄の期間限定)/


  2. IIJmio/30,580円

    1. IIJmio(みおふぉん)

      かけ放題 4.5
      通信速度 4.5
      サービス 5.0
      セット端末 4.5
      最安:
      900円~(3GB~)
      人気:
      1,600円
      (3GB:音声通話機能付きSIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      OK
      ドコモとau回線のマルチキャリアに対応。みおふぉんダイアルやかけ放題など電話の割引サービスも充実。一早くバースト転送やデータ容量の繰り越し、高速通信ON/OFFなどに対応して業界を盛り上げてきた信頼度の高い格安SIM。

  3. LINEモバイル/32,780円

    1. LINEモバイル

      かけ放題 4.0
      通信速度 4.0
      サービス 4.5
      セット端末 4.0
      最安:
      600円~(500MB)
      人気:
      1,480円
      (3GB:LINEデータフリー)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      NG
      LINEをはじめとした主要なSNS (facebook、twitter、Instagram)がカウントフリーになる独自サービスが人気。LINEアプリの年齢認証機能が使えない格安SIMのデメリットが、LINEモバイルには適用されないメリットも大きな魅力。

OPPO Reno Aを格安SIMでセット購入すると割高?

大手通販サイトのAmazonでOPPO Reno Aの端末代金を調べると、税込39,380円で販売していました。※2019年1月12日時点

現時点では、基本的に格安SIMでセット購入した方がネット通販で購入するより安く入手できるといえるでしょう。

ネット通販や中古ショップで買うと格安SIMが選べる&安い

今までは格安SIMでセット購入すると、オトクに乗り換えることができました。

しかし今では総務省の働きかけもあり、セット販売端末の割引に制限が掛かってしまい、格安SIMでOPPO Reno Aをセット購入しても大きく値引きされにくい状況となってしまいました。

 

一方でSIMロック解除が義務化されるなど、未使用品や美品のスマホを数多く取り揃えるネット通販・中古スマホ市場が熱いです。

なので、ネット通販でOPPO Reno Aを手に入れて、SIMのみ契約で適用されるキャンペーンを使う方が、お得に格安SIMへ乗り換えられる傾向があります。

 

また価格面以外の観点でも、OPPO Reno Aを別で購入するので好きな格安SIMを選べる大きなメリットもあります。※セット販売端末のラインナップに縛られる必要なし♪

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のOPPO Reno Aを見てみる!

格安SIMが実施中のオトクなキャンペーン情報

  1. UQモバイルのキャンペーン《最大10,000円キャッシュバック》

  1. かけ放題 4.5
    通信速度 5.0
    サービス 5.0
    セット端末 4.5
    最安:
    980円~(3GB)
    人気:
    2,980円
    (最大6GB:おしゃべりプランM)
    データ容量の繰り越し:
    OK
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    OK
    格安SIMの中では通信速度がずば抜けて安定かつ高速。通話料金の割引がセットのプランはやや高めの料金設定だが、キャリアメールや直営ショップなど他の格安SIMとは一線を画すサービス力が魅力。定期契約以外のプランも選択可能。

  • 対象期間:2020年3月13日~開催期間未定
  • 条件:スマホプランをWebページから契約
  • 特典:最大10,000円キャッシュバック


詳細UQmobileオンラインショップ限定SIMのみ契約キャッシュバック特典!


  1. BIGLOBEモバイルのキャンペーン《最大5,400円割引+Gポイント》

  1. かけ放題 5.0
    通信速度 4.5
    サービス 4.5
    セット端末 4.5
    最安:
    900円~(3GB~)
    人気:
    2,150円
    (6GB/音声通話)
    データ容量の繰り越し:
    OK
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    OFF
    3分かけ放題サービスや1時間かけ放題の通話パック60などコスパの高い音声通話サービスと、月額利用料200円/月から利用できるシェアSIMが人気。YouTubeやAbemaTVなどの動画が見放題となるエンタメフリーオプションも大きな魅力。

  • 対象期間:2020年9月1日~2020年11月3日
  • 条件①:3GB以上の音声通話SIMと対象端末をセットで新規契約
  • 条件②:3GB以上の音声通話SIMで新規契約
  • 特典:最大5,400円割引+最大18,000Gポイント


詳細BIGLOBEモバイル:プラン月額料金値引き+Gポイント還元(限定特典)


    1. mineoのキャンペーン《最大4,800円割引》

  1. mineo(マイネオ)

    かけ放題 4.0
    通信速度 4.5
    サービス 5.0
    セット端末 4.0
    最安:
    700円~(500MB)
    人気:
    1,510円~(3GB:デュアルタイプ)
    データ容量の繰り越し:
    OK
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    OK
    業界初のマルチキャリア対応(ドコモとau回線が利用可能)。2017年10月から10分かけ放題サービスも開始。バースト転送やフリータンク(メンバー同士のパケットシェア)など独自サービスに強み。お客様満足度No.1を獲得した実績あり。

  • 対象期間:2020年9月1日~2020年11月30日
  • 条件:デュアルタイプ(3GB以上)に新規契約or契約変更
  • 特典:最大4,800円割引(800円×6カ月)+パケット放題最大7カ月80円割引


詳細mineo:月額基本料金6カ月800円割引キャンペーン

  1. LINEモバイルのキャンペーン《最大2,940円相当の特典》

  1. LINEモバイル

    かけ放題 4.0
    通信速度 4.0
    サービス 4.5
    セット端末 4.0
    最安:
    600円~(500MB)
    人気:
    1,480円
    (3GB:LINEデータフリー)
    データ容量の繰り越し:
    OK
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    NG
    LINEをはじめとした主要なSNS (facebook、twitter、Instagram)がカウントフリーになる独自サービスが人気。LINEアプリの年齢認証機能が使えない格安SIMのデメリットが、LINEモバイルには適用されないメリットも大きな魅力。

  • 対象期間:2020年8月26日~終了日未定
  • 条件:音声通話SIM3GB以上を契約
  • 特典:最大2,940円相当の特典


詳細LINEモバイル:スマホ基本料 ワンコインキャンペーン