楽天モバイルから他の格安SIMへ乗り換える場合、MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)を利用することで、大手キャリアと同じように今使っている090や080、070から始まる携帯電話番号をそのまま引き継いで使うことができます。

 

ただし楽天モバイルでは

  • 名義変更ができない
  • 最低利用期間12カ月(解約違約金9,800円)
  • MNP転出手数料3,000円

など、MNPを利用して乗り換える場合、いくつか注意すべきポイントがあります。

 

事前に準備しておかないと

worrier

そもそも契約ができなかった…

worrier

契約できたけどスマホが使えなかった…

などのトラブルに遭遇してしまいます。

 

そこで楽天モバイルからMNP予約番号を取得する前の準備~取得する方法・手順について、注意点を交えながら詳しく解説していきます。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

大まかな流れ

 

楽天モバイルから格安SIMへMNPを使って乗り換えるために必要な、大まかな手順は以下の通りです。

 

  1. 手順1. 事前準備

    契約者名義(同一であること)やSIMロックの有無を確認しておきます。

  2. 手順2. MNP予約番号を取得

    楽天モバイルからMNP予約番号を取得します。

  3. 格安SIMの公式サイトへ移動して、MNP予約番号を入力して契約します。

 

ざっと流れが頭に入ったところで、実際に手順1の詳細から順を追ってみていきましょう。

 

なお、転入先の格安SIMによって

  • MNP予約番号の必要な有効期限
  • 今使っているスマホの継続利用

などMNPの注意点や条件が異なってきます。

 

すでに乗り換え先の格安SIMが決まっている場合は、こちらでMNP転出~転入するまでの詳しい手順や注意点を解説しているので、是非とも参考にしてみてください。

 

 

手順1. 事前準備

契約者名義は同一でなければならない

 

楽天モバイルからMNP予約番号を取得して、いざ契約しようとしたら

worrier

契約者名義が違っていて契約できなかった

という事例が格安SIMサービスを展開するmineoで急増しているそうです。

MNPお申し込みの際に、「契約名義間違い」にてお申し込みがお受けできないケースが多数発生しております。

引用元:公式サイト(mineo)

しかしこの問題はmineoに限った話ではなく、他の格安SIMでも起こります。

 

たとえば『楽天モバイルの時には親の名義で契約していたけど、乗り換え先の格安SIMでは自分の名義で契約する』なんてケースが該当します。

 

そんな場合は、残念ながら楽天モバイルでは本人以外への名義変更はできないので、同一の契約者でMNP予約番号を取得して乗り換えるか、MNPを利用せずに楽天モバイルを解約して新規契約する必要があるので注意しましょう。

利用者の方の名義のまま、他社から携帯電話番号そのままでのお乗換え(MNP)での利用者登録はできません。先にご契約者の方に名義変更のうえ、MNP予約番号を発行し、楽天モバイルをお申し込みください。
引用元:公式サイト(楽天モバイル)

 

スマホを継続利用するならドコモ回線の格安SIMを選ぶ

 

SIMロックされたスマホであっても同じ回線を利用している格安SIMやSIMロックを解除することで、携帯電話会社を他社へ乗り換えてもスマホを継続利用できるケースがあります。

 

楽天モバイルの場合は多くの格安SIMが利用しているドコモの回線を利用しているので、ドコモのSIMロックが掛かったスマホは乗り換え先の格安SIMで継続利用できる可能性は高いです。ドコモ回線を扱っている格安SIMではBIGLOBE SIMが人気です。

 

なお、SIMフリーのスマホであってもau回線の格安SIMへ乗り換えを検討している場合には、au回線で扱っている周波数帯に機種が対応しているか、事前にしっかりと確認する必要があります。

参考キャリアの対応バンド(周波数帯)

 

通話SIMプランの最低利用期間

 

楽天モバイルの契約には

  • データSIM
  • 050データSIM
  • 通話SIM

という3種類のプランがあります。

 

そのうち、通話SIMには開通月を1カ月目として、12ヶ月目以内の解約で契約解除手数料が9,800円発生する最低利用期間が設けられています。大手キャリア特有の2年縛りはありませんのでご安心ください。

 

ただし、楽天モバイルは頻繁にキャンペーンを行っており、こうした特典付きプランを利用して契約した場合は、別の違約金ルールが設定されているので注意が必要です。

 最低利用期間 ※  契約解除手数料
通話SIM 下記以外の場合 12カ月 9,800円
コミコミプラン 24カ月 12,000円
Apple社 新iPhone発売記念
5,000ポイントプレゼントキャンペーン
12カ月 9,800円
真冬のお得キャンペーン
【受付終了】2017年1月13日~2017年2月1日
冬の特価セール
【受付終了】2016年12月22日~2017年1月13日
年末年始大感謝セール
【受付終了】2016年9月14日~10月3日
Apple社 新iPhone発表記念
10,000ポイントプレゼントキャンペーン
24カ月 12,000円

最低利用期間は開通月を1カ月目とした上記の期間がとなります。たとえば、通常プランの通話SIMの場合、12カ月目以内の解約は契約解除手数料9,800円が発生します。

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

 

なお最新の特典付き違約金ルールについては、事前に一度は自分の目で確かめておきましょう。

 

手順2. MNP予約番号を取得

 

事前準備が完了したら、いよいよMNP予約番号の取得です。

 

MNPを利用して他社に乗り換える場合は、現在契約している携帯電話会社(楽天モバイル)から携帯電話番号や契約者などが紐づいているMNP予約番号を発行してもらい、その情報をもとに乗り換え先の携帯電話会社(格安SIM)でMNP転入手続きを行います。

 

そうすることで楽天モバイルで使っていた電話番号が、そのまま乗り換え先の格安SIMでも利用できるというわけです。

 

MNP予約番号を取得する方法はインターネット(WEB)のみです。

MNP予約番号の入手先

WEB:
メンバーズステーション

取得したMNP予約番号はメールやWEB上で確認できます。

 

MNP予約番号を取る際は

  • 3,000円のMNP転出手数料
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう。

 

なお、通話SIMの場合は毎月15日までに乗り換え先の格安SIMへMNP転入手続き(=楽天モバイルの解約)を済ませないと、1カ月分の料金を余分に支払うハメになります。

16日以降の通話SIM解約手続きの場合は翌月が解約月となりますのでご注意ください。

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

 

大手キャリアと違ってMNP予約番号は即日発行とうわけにはいきません。MNP予約番号の発行まで数日掛かることに注意して、なるべく月初に余裕をもって手続きを済ませましょう。

 

また格安SIMによって契約に必要な残りの有効期限が異なります。

○ MNPをご利用の場合、MNP予約番号が必要です。MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている状態でのお申し込みをお願いいたします。

引用元:公式サイト(mineo)

MNPの有効期限が15日あるからといって、格安SIMへの契約手続きを先延ばしにしないよう気をつけましょう。

 

まとめ

 

MNPを利用して電話番号そのままで楽天モバイルから他の格安SIMへ乗り換える契約者名義は同一人物の必要があります。(本人以外への名義変更ができません)

 

通常、通話SIMの場合は最低利用期間が12カ月間設けられており、期中の解約違約金は9,800円です。ただしキャンペーンや特典付き契約によっては、最長24カ月間の最低利用期間や最大12,000円の解約違約金が発生することに注意が必要です。

 

MNP予約番号を取得するのは簡単ですが

  • 3,000円のMNP転出手数料
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう。

 

さらにMNP予約番号は即日発行されず、数日掛かることにも注意しておきましょう。いざ契約するときに不備があってMNP予約番号を取得し直したい場合は、15日間待たなければ再度発行してもらえません。

 

毎月15日までにMNP転入を済ませないと1カ月分多く利用料金が発生するので注意が必要です。

 

事前準備をしっかりと行って少しでも無駄な出費と時間を減らすようにしましょう。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

 

なお、格安SIMのMNP転入手順や注意点はこちらで詳しく解説しています。

 

ドコモ回線が使える人気の格安SIM:

参考『OCNモバイルONE』へMNP転入する方法
参考『IIJmio』へMNP転入する方法

au回線が使える人気の格安SIM:

参考『UQモバイル』へMNP転入する方法

ソフトバンク回線が使える人気の格安SIM:

参考『ワイモバイル』へMNP転入する方法

 

是非ともご参考にしてみてください。