年々コスパが良くなるスマートフォン市場。AQUOS zero SH-M10はシャープ製のSIMフリー端末です。

すでに海外ではiPhoneよりAndroidの方が圧倒的に人気(シェアが高い)でしたが、ついに日本でもAndroidがiPhone(iOS)のシェアを上回りました。※参考:MMD研究所の2018年8月モバイルデバイスシェア調査

ただし実際に使う上で気になってくるのが、

worrier

快適に使える性能や機能を備えているのか?

という不安です。そこでAQUOS zero SH-M10のスペックや機能、他のスマホとの比較や格安SIMで使う際の注意点や少しでも安く手に入れる方法について詳しく解説していきます。

AQUOS zero SH-M10のスペック・機能一覧表

機種名 AQUOS zero SH-M10
メーカー シャープ
CPU Snapdragon 845 SDM845
CORE オクタコア
内蔵RAM 6GB
内蔵ROM 128GB
外部メモリ
メインカメラ 2260万画素
フロントカメラ 800万画素
OS Android 9
無線LAN規格 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー 3130mAh
画面サイズ 6.2インチ
本体サイズ 73x154x8.8mm
解像度 2992×1440
重量 146g
SIMサイズ nano
認証 指紋/顔認証
おサイフケータイ おサイフケータイ
防塵防水 IPX5/IPX8
以下、主要な格安SIM11社のセット販売スマホ(計84機種)を対象に、メーカーで公開されているデータを元に平均値を算出して比較・評価を行っています。※一部終売端末を含む/公表データがない機種は対象項目のみ除外

AQUOS zero SH-M10の評価(他の機種との比較)

  1. AQUOS zero SH-M10
    処理性能4.0
    電池容量3.0
    通信規格4.5
    画面サイズ4.5
    携帯性/重さ3.5
    防塵防水4.5

処理性能・メモリ容量:6GB

AQUOS zero SH-M10は比較対象の全セットスマホ72機種の平均3.8GBと比べて大容量のRAMを搭載しています。
処理性能の高さを重視するユーザーにはオススメの機種です。

電池持ち・バッテリー容量:3,130mAh

AQUOS zero SH-M10は比較対象のセットスマホ72機種の平均3,290mAhと比べてバッテリー容量が小さいです。
電池持ち時間の長さを重視するユーザーには不向きの機種です。

通信規格:IEEE802.11 a/b/g/n/ac対応

AQUOS zero SH-M10はWi-Fi通信規格がIEEE802.11 a/b/g/n/ac対応なので、対応デバイスで高速なWi-Fi接続(データ通信)が可能です。

大画面:6.2インチ

AQUOS zero SH-M10は比較対象のセットスマホ84機種の平均5.48インチと比べて画面サイズが大きいです。
画面サイズの大きさを重視するユーザーにはオススメの機種です。

携帯性・重さ:146g

手にもって操作するスマホは重量がとても重要です。
比較対象のセットスマホ84機種の平均159.4gより軽い機種です。
携帯性・持ち運びやすさで選ぶにはオススメの機種といえます。

防水(防塵)性能:IPX5/IPX8対応

AQUOS zero SH-M10は防水のIP規格がIPX5/IPX8対応となっています。 防水機能で選ぶならオススメの端末です。

AQUOS zero SH-M10に関する口コミや評判

格安SIMでAQUOS zero SH-M10を使う注意点

ドコモやau、ソフトバンクの時には当たり前のように使えていたサービスが、格安SIMによっては使えない場合があります。

格安SIMでスマホを使う上で特にデメリットが大きいサービスとして、以下の2つが挙げられます。
  • LINEアプリ(年齢認証機能)
  • 携帯メール(MMSメール)
LINEアプリ自体は、基本的にどの格安SIMでも利用できますが、年齢認証機能が使えないとID検索が使えないなど不便になります。

ただしワイモバイルやLINEモバイルといった一部の格安SIMでは機能制約なしで使えるんです。

携帯メール(~@docomo.ne.jpなど)とは異なり、Gmailなどのフリーメールは迷惑メールフィルタに掛かったり、会員登録時に使えなかったり不便となる場合があります。

ところがワイモバイルやUQモバイルといった一部の格安SIMではMMSメールが使えます。
制限なしで使いたいサービスを選択 すべて LINE年齢認証 MMSメール
  • LINE年齢認証
  • MMSメール

ワイモバイルの特徴(LINE年齢認証機能とMMSメールが使える)

  1. かけ放題 5.0
    通信速度 5.0
    サービス 4.5
    セット端末 4.0
    最安:
    1,980円~(最大2GB)
    人気:
    2,980円
    (最大6GB:スマホプランM)
    データ容量の繰り越し:
    NG
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    NG
    格安SIMの中では通信速度がずば抜けて安定かつ高速。やや高めの料金設定と定期契約が難点だが、キャリアメールや直営ショップ、完全かけ放題など他の格安SIMとは一線を画すサービス力が大きな魅力。最も大手キャリアのサービスに近い格安SIM。

セット購入できる格安SIM一覧表(厳選10社)

AQUOS zero SH-M10のスマホセット通常価格一覧(グラフ・表)

AQUOS zero SH-M10
格安SIM通常価格
OCNモバイルONE68,688円
IIJmio86,184円
楽天モバイル98,978円
mineo(マイネオ)103,680円
UQモバイル-
ワイモバイル-
NifMo(ニフモ)-
LINEモバイル-
QTモバイル-
BIGLOBEモバイル-
※2019年11月1日時点

セット購入が割安な格安SIMランキングTOP3(端末代金が安い順)

  1. OCNモバイルONE/68,688円

    1. OCNモバイルONE/OCN光

      かけ放題 5.0
      通信速度 4.0
      サービス 4.5
      セット端末 5.0
      最安:
      900円~(110MB/日)
      人気:
      1,600円
      (110MB/日:音声通話対応SIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      OK
      通話し放題や日単位プラン、名義変更などサービスが充実。特にOCNでんわアプリやIP電話(050 plus)、10分かけ放題~通話し放題(TOP3)といった通話割引の強みが特徴。らくらくセットで優良機種のスマホが安く買えるメリットが絶大なトップシェアを誇る格安SIM。

  2. IIJmio/86,184円

    1. IIJmio(みおふぉん)

      かけ放題 4.5
      通信速度 4.5
      サービス 5.0
      セット端末 4.5
      最安:
      900円~(3GB~)
      人気:
      1,600円
      (3GB:音声通話機能付きSIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      OK
      ドコモとau回線のマルチキャリアに対応。みおふぉんダイアルやかけ放題など電話の割引サービスも充実。一早くバースト転送やデータ容量の繰り越し、高速通信ON/OFFなどに対応して業界を盛り上げてきた信頼度の高い格安SIM。

  3. 楽天モバイル/98,978円

    1. かけ放題 4.0
      通信速度 4.0
      サービス 4.5
      セット端末 5.0
      最安:
      525円~(最大200Kbps)
      人気:
      1,600円
      (3.1GB:通話SIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      OK
      楽天ポイントが貯まる/使える独自サービスや5分かけ放題サービス、直営店舗など格安SIMの弱点を感じさせないサービスを一早く展開。束縛期間を2~3年設けることでスマホを安く購入することも可能。フリーテルの買収や携帯キャリア事業への参入表明など、今後の動向にも注目。

ネット通販や中古ショップで買うと格安SIMが選べる&安い

今までは格安SIMでセット購入すると、オトクに乗り換えることができました。

しかし今では総務省の働きかけもあり、セット販売端末の割引に制限が掛かってしまい、格安SIMでAQUOS zero SH-M10をセット購入しても安くなるどころか、割高になってしまう場合もあります。

 

一方でSIMロック解除が義務化されるなど、未使用品や美品のスマホを数多く取り揃えるネット通販・中古スマホ市場が熱いです。

ネット通販でAQUOS zero SH-M10を手に入れて、SIMのみ契約で適用されるキャンペーンを使うと、今でもお得に格安SIMへ乗り換える方法が可能です。

 

また価格面以外の観点でも、AQUOS zero SH-M10を別で購入するので好きな格安SIMを選べる大きなメリットもあります。※セット販売端末のラインナップに縛られる必要なし♪

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のAQUOS zero SH-M10を見てみる!

格安SIMが実施中のオトクなキャンペーン情報

  1. IIJmio:《最大19,800円割引》+限定特典あり

  • 対象期間:2019年10月1日~2019年10月31日
  • 対象:対象端末のセット契約(音声通話機能付きSIM)
  • 特典:最大19,800円割引


詳細IIJmio:人気スマホ999円キャンペーン(人気・最新スマホ数量限定!)


  • 対象期間:2019年10月1日~2019年10月31日
  • 特典:3つの特典+限定特典あり


詳細IIJmio:みんなおトクに!キャンペーン+タイアップキャンペーン特典


  1. LINEモバイル:《最大9,960円割引》

  • 対象期間:2019年8月19日〜2019年9月23日
  • 条件:対象の音声通話SIMの契約&利用開始
  • 特典:最大9,960円割引(1,760円×4カ月+2,920円)


詳細LINEモバイル:スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン


  1. UQモバイル:《最大5,000円キャッシュバック》

  • 対象期間:2019年10月4日~開催期間未定
  • 条件:対象のプランを限定特典ページから契約
  • 特典:最大3,000円キャッシュバック


詳細UQモバイル限定特典キャッシュバック(最大5,000円)キャンペーン!


 

  1. BIGLOBEモバイル:《最大4,394円の特典(総額)》限定特典含む

  • 対象期間:2019年10月1日~2019年10月31日
  • 条件②:3GB以上の音声通話SIMで新規契約
  • 特典:最大4,394円(相当の特典)


詳細BIGLOBEモバイル:割引特典+限定キャッシュバッククーポン