5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、性能もそこそこ(SoCはスナドラ665で4GBのRAMを搭載)あるミッドレンジのOPPO A5 2020。

最近のスマホにしては解像度がやや低いものの、それも敢えて電池持ちを重視した結果なのでしょう。

外部端子はUSB-Type Cだったり、4つのカメラ(クアッドカメラ)を搭載していたりと、残すべき部分と削るべき部分をしっかり考え込んだコスパの優れたスマホという印象を感じました。

性能そこそこで、とにかく電池持ちを重視したい方にはピッタリの機種と言えるのではないでしょうか。

ただし解像度の他にも注意すべきポイントがいくつかあるため、OPPO A5 2020を実際に使ってみて気付いたメリットやデメリットについて詳しく紹介していきます。

OPPO A5 2020の基本スペック・特徴

OPPO A5 2020
カラー
メーカー OPPO(オッポ)
CPU Snapdragon 665 (オクタコア)
GPU Adreno 610
内蔵メモリ(RAM) 4GB
内蔵メモリ(ROM) 64GB
外部メモリ 最大256GB
アウトカメラ 1,200万画素+800万画素+200万画素+200万画素
インカメラ 1,600万画素
画面サイズ 約6.5インチ
本体サイズ 約75.6×163.6×9.1mm
OS ColorOS 6.0.1(Android 9ベース)
無線LAN規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー容量 5,000mAh
解像度 1,600×720(HD+)
重量 195g
USB(I/F) USB Type-C

OPPO A5 2020 のメリット(長所)

光の当たる角度によって光輝く本体(背面)

オーロラのような曲線美で光を反射する光沢のある本体の背面には高級感があります。

ディスプレイは約6.5インチの大画面で、画面占有率は89.3%あります。

4眼アウトカメラで多彩な撮影モードを選択可能

OPPO A5 2020は単に撮影するだけでもAIによるキレイな写真が撮れます。そのうえで、多彩な撮影モードも用意されているのです。(夜/パノラマ/エキスパート/タイムラプス/スローモーション/ステッカーなど)

他にも別途ウルトラワイドやダブルカラーオン/オフなど、様々な撮影モードが用意されているので、同じ被写体でも好みに応じた写真撮影を楽しむことが可能となっています。

OPPO A5 2020 の 自動モード撮影
OPPO A5 2020 の 夜モード撮影
OPPO A5 2020 の ウルトラワイド撮影

リバース充電機能で他のデバイスに電源供給可

5,000mAhの大容量バッテリーは、単に電池持ちが良いというだけでなく、他のデバイスへ電源供給できるリバース充電機能を搭載しています。

給電機能があるとモバイルバッテリーの役割が果たせるため、災害など万が一のトラブル時に重宝することができます。

トリプルスロットでデュアルSIMに対応

複数のSIMカードを契約・利用することで、一台の端末で複数回線を用途ごとに切り替えて使えるデュアルSIM。

ただしトリプルスロットに対応していない機種の場合、micro-SDカードと排他使用となることが多く、データ保存量不足に陥ってしまいがちです。

ところがOPPO A5 2020はトリプルスロットなので、2つのSIMカードとmicro-SDカードを共存させることが可能となっています。

OPPO A5 2020 のデメリット(短所)

デュアルSIMだがDSDVではなくDSDS

トリプルスロット対応したOPPO A5 2020ですが、複数回線を利用する場合には一点だけ注意が必要です。

それはDSDV(Dual SIM Dual VoLTE)ではなくDSDS(Dual SIM Dual Standby)である点です。

DSDSでも複数SIMで4G+3Gの同時待受けは可能ですが、4G+4G(VoLTE)が可能なのはDSDVとなります。

防水機能がないIP5X(防塵のみ対応)

IP規格・防水保護構造及び保護等級において、IP5Xは以下の通り定められてます。

等級 人体・固形物体に対する保護
保護の程度 テスト方法
IP5X 粉塵からの保護 機器の正常な作動に支障をき
たしたり、安全を損なう程の
料の粉塵が内部に侵入しない

防塵機能はありますが、防水機能(水の侵入に対する保護)に関してはIP規格上は期待できません。

解像度が1,600×720ピクセルとやや低め

冒頭でもお伝えした通り解像度は1,600×720(HD+)と控え気味なので、個人的にはそこまで気になりませんでしたが、最近のスマホ画面と比べるとやや物足りなさを感じるかもしれません。

厚みと重さがあり片手操作は厳しい印象

本体の幅は約9.1mmなので少し厚みがあり、ずっしりとした重量感もあるため、画面の大きさ以上に片手操作が難しい感じがします。

イメージしやすいように具体的な比較例を出すと、たとえばiPhone XSやiPhone 11が約8.1mmなので、それより1.0mm厚いイメージです。

ワイヤレス充電には未対応(外部端子:Type-C)

最近のハイスペックなスマホではワイヤレス充電も一般的になりつつありますが、OPPO A5 2020はケーブルによる充電(Type-C)のみ対応しています。

車載の充電式スマホホルダーがワイヤレス充電に対応していたり、普段からワイヤレス充電に慣れ親しんでいる方にとっては不便さを感じるでしょう。

OPPO A5 2020 の評判・口コミ情報

OPPO A5 2020が最安値で入手できる格安SIM(厳選10社)

OPPO A5 2020のスマホセット通常価格一覧(グラフ・表)

OPPO A5 2020
格安SIM通常価格
OCNモバイルONE20,900円
IIJmio27,280円
楽天モバイル28,800円
BIGLOBEモバイル29,304円
NifMo(ニフモ)29,480円
LINEモバイル29,480円
mineo(マイネオ)-
UQモバイル-
ワイモバイル-
QTモバイル-
※2020年1月1日時点

セット購入が割安な格安SIMランキングTOP3(端末代金が安い順)

  1. OCNモバイルONE/20,900円

    1. OCNモバイルONE

      かけ放題 5.0
      通信速度 4.0
      サービス 4.5
      セット端末 5.0
      最安:
      900円~(110MB/日)
      人気:
      1,600円
      (110MB/日:音声通話対応SIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      OK
      通話し放題や日単位プラン、名義変更などサービスが充実。特にOCNでんわアプリやIP電話(050 plus)、10分かけ放題~通話し放題(TOP3)といった通話割引の強みが特徴。らくらくセットで優良機種のスマホが安く買えるメリットが絶大なトップシェアを誇る格安SIM。

  2. IIJmio/27,280円

    1. IIJmio(みおふぉん)

      かけ放題 4.5
      通信速度 4.5
      サービス 5.0
      セット端末 4.5
      最安:
      900円~(3GB~)
      人気:
      1,600円
      (3GB:音声通話機能付きSIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      OK
      ドコモとau回線のマルチキャリアに対応。みおふぉんダイアルやかけ放題など電話の割引サービスも充実。一早くバースト転送やデータ容量の繰り越し、高速通信ON/OFFなどに対応して業界を盛り上げてきた信頼度の高い格安SIM。

  3. 楽天モバイル/28,800円

    1. かけ放題 4.0
      通信速度 4.0
      サービス 4.5
      セット端末 5.0
      最安:
      525円~(最大200Kbps)
      人気:
      1,600円
      (3.1GB:通話SIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      OK
      楽天ポイントが貯まる/使える独自サービスや5分かけ放題サービス、直営店舗など格安SIMの弱点を感じさせないサービスを一早く展開。束縛期間を2~3年設けることでスマホを安く購入することも可能。フリーテルの買収や携帯キャリア事業への参入表明など、今後の動向にも注目。

OPPO A5 2020を格安SIMでセット購入すると割高

大手通販サイトのAmazonでOPPO A5 2020の端末代金を調べると、税込29,480円で販売していました。※2019年1月13日時点

現時点では、基本的に格安SIMでセット購入した方がネット通販で購入するより安く入手できるといえるでしょう。

ネット通販や中古ショップで買うと格安SIMが選べる&安い

今までは格安SIMでセット購入すると、オトクに乗り換えることができました。

しかし今では総務省の働きかけもあり、セット販売端末の割引に制限が掛かってしまい、格安SIMでOPPO A5 2020をセット購入しても大きく値引きされにくい状況となってしまいました。

 

一方でSIMロック解除が義務化されるなど、未使用品や美品のスマホを数多く取り揃えるネット通販・中古スマホ市場が熱いです。

なので、ネット通販でOPPO A5 2020を手に入れて、SIMのみ契約で適用されるキャンペーンを使う方が、お得に格安SIMへ乗り換えられる傾向があります。

 

また価格面以外の観点でも、OPPO A5 2020を別で購入するので好きな格安SIMを選べる大きなメリットもあります。※セット販売端末のラインナップに縛られる必要なし♪

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のOPPO A5 2020を見てみる!

格安SIMが実施中のオトクなキャンペーン情報

  1. OCNモバイルONE:《対象スマホがMNP+対象オプション同時加入で割引》

  • 対象期間:終了日未定
  • 条件:MNP+オプション+スマホセット(音声SIM)
  • 特典:対象スマホがセール価格から最大6,000円OFF


詳細OCNモバイルONE:スマホセット発売記念特価


  1. LINEモバイル:《最大9,960円割引》

  • 対象期間:2019年8月23日~終了日未定
  • 条件:対象の音声通話SIMの契約&利用開始
  • 特典:最大9,960円割引(1,760円×4カ月+2,920円)


詳細LINEモバイル:スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン

  1. IIJmio:《最大8,999円割引》

  • 対象期間:2019年12月6日~2020年1月29日
  • 対象:ファミリーシェアプランを新規契約
  • 特典:初期費用1円&月額料金1,000円×6カ月割引


詳細IIJmio:月額割引&初期費用1円キャンペーン

  1. BIGLOBEモバイル:《最大20,294円相当の特典》

  • 対象期間:2020年1月7日~2020年1月29日
  • 条件①:3GB以上の音声通話SIMと対象端末をセットで新規契約
  • 条件②:3GB以上の音声通話SIMで新規契約
  • 特典:最大20,294円(相当の特典)


詳細BIGLOBEモバイル:割引特典+Gポイント還元