iOSのiPhone、AndroidのXperiaというぐらい、日本で大人気のXperiaシリーズ。

せっかくの良機種なのに大手キャリアでの販売が主流なため、格安SIMで使うとなると入手ルートも限られてしまいます。

また購入できたとしても、キャリア版にはSIMロック解除やテザリング機能制限などに頭を悩ませることも…

しかし、実はXperiaシリーズの中にも格安SIMと相性の良いSIMフリーモデルが存在するんです。

そこでSIMフリー版Xperiaを手に入れたいユーザー向けにおすすめ機種をランキング形式で紹介して、スペックや機能を比較する中で選び方のポイントや注意点を詳しく解説します。

SIMフリー版Xperiaおすすめランキング(厳選TOP3)

  1. Xperia 8(SIMフリーモデル)

    画面サイズ:
    6.0インチ
    本体サイズ:
    約69×158×8.1mm
    重量:
    約170g
    カラー:
    ホワイト/ブラック
    UQモバイル初のXperiaシリーズ。SoCはクアルコム社のSnapdragon 630(オクタコア)、RAMは4GBを搭載。6インチの大画面は特徴的な21:9の縦長形状。ミッドレンジながら3.5mmオーディオジャックも搭載しハイレゾ音源が再生可能。ブラビアで培った映像技術でFull HD+が楽しめる。
  1. Xperia Ace(SIMフリーモデル)

    画面サイズ:
    5.0インチ
    本体サイズ:
    67×140×9.3mm
    重量:
    約155g
    カラー:
    ホワイト/ブラック
    ミドルレンジのスナドラ630オクタコアCPUと4GBのRAMを搭載。データ保存領域はROMが64GB/外部メモリが最大512GBまで対応。2,700mAhのバッテリーながら、いたわり充電とSTAMINAモードで、電池持ち時間の向上を実現。防水防塵・オおサイフケータイ対応の多機能スマホ。
  1. Xperia Z5 comapct(海外版/SIMフリーモデル)

    画面サイズ:
    4.6インチ
    本体サイズ:
    65×127×8.9mm
    重量:
    約138g
    カラー:
    ホワイト/グラファイトブラック/コーラル/イエロー
    海外モデルで技適マークが取得されているXperia Z5 compact。RAMは2GB/CPUはクアルコム社のハイエンド用Snapdragon 810(オクタコア)を採用。2,300万画素のメインカメラと4.6インチのコンパクトサイズが大きな魅力。海外版はおサイフケータイ機能は未実装。

SIMフリー版Xperiaを選ぶ際のポイントと注意点・デメリット

格安SIMによっては対象機種(Xperia)で動作確認できていない?

セット販売されているスマホ以外を使う場合、対象端末が利用できるか事前に格安SIMの動作確認状況をチェックしておく必要があります。

キャリアモデルのXperiaを使う場合はSIMロック解除の有無やテザリング機能制限(APNロック問題)、SIMフリーモデルの場合はスマホの対応バンドと格安SIMの利用回線(ドコモ / au / Softbank)との相性がとても重要になってきます。

 

また動作確認されていたとしても、そのスマホの動作を保証するものではない点に注意が必要です。

 

ひと昔前には、一部の格安SIM限定でXperia J1 compactXperia XZ premiumがセット販売されていましたが、今では終売となっています。

その後、現在(2020年2月15日時点)では、Xperia AceやXperia 8といったSIMフリーモデルの機種が格安SIMからもセット販売されるようになってきました。

とはいえ、まだまだ国内向けSIMフリーのXperiaシリーズのラインナップは少ない傾向が続いています。

技適マークなしのXperia(海外モデル)は日本では利用できない!

SIMロック/APNロック問題に嫌気がさして使い勝手の良い割安感のあるSIMフリー版Xperiaシリーズ(海外版)の購入を検討している方も多いことでしょう。

 

ただしグローバルモデル(海外版)のスマホを日本国内で使う場合には『技適マーク』が付いている必要があります。技適マークは総務省が定めた特定無線設備の技術基準適合証明等のマークです。

Q5 技適マークが付いていない無線機を使用したらどうなりますか?
A: 一部の無線機を除いて、技適マークが付いていない無線機を使用すると、電波法違反になる恐れがあります。
また、技適マークが付いていても無線局を開設するためには総務大臣の免許を受けなければならない無線機(アマチュア無線、パーソナル無線など)がありますので、使用には十分ご注意下さい。
(免許を受けずに無線局を開設若しくは運用した場合は電波法違反となり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象となります。また、公共性の高い無線局に妨害を与えた場合は、5年以下の懲役又は250万円以下の罰金の対象となります。)

出典:総務省ホームページ 

故意に電波を悪用しなければ罪に問われることはないようですが法律上は使用NG(電波法違反)です。現状、海外のXシリーズ以降のSIMフリー版Xperiaは技適マークがないので格安SIMで利用するのは控えた方が良いでしょう。

つまり技適マークを取得している海外版Xperiaの最新機種を使いたい場合、最後のZシリーズ『Xperia Z5/Z5 compact』を選択する必要があるのです。

SIMフリー版Xperiaおすすめランキング(厳選TOP3)

日本で利用可能なSIMフリー版Xperiaのスペック比較

国内向けに販売しているSIMフリー版エクスペリア(Xperia 8/Xperia Ace)と、技適マークが取れている最新の海外版Xperiaシリーズ(Z5 compact)を比較してみました。

スペック・機能の比較一覧表(SIMフリー3機種)

機種名 Xperia 8 Xperia Ace Xperia Z5 comapct
CPU Snapdragon 630 Snapdragon 630 Snapdragon 810
RAM 4GB 4GB 2GB
ROM 64GB 64GB 32GB
OS Android 9 Android 9 Android 5.1
フロントカメラ 800万画素 800万画素 510万画素
メインカメラ 1,200万画素+800万画素 1,200万画素 2,300万画素
画面サイズ 6.0インチ 5.0インチ 4.6インチ
解像度 2,520×1,080 2,160×1,080 1,280×720
バッテリー容量 2,760mAh 2,700mAh 2,700mAh
最大待受時間 約680時間 約660時間 約430時間
無線LAN規格 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
USB I/F USB Type-C USB Type-C microUSB
本体サイズ 69x158x8.1mm 67x140x9.3mm 65x127x8.9mm
重量 170g 155g 138g
防塵防水 IPX5/IPX8、IP6X IPX5/IPX8 IPX5/IPX8、IP6X
おサイフケータイ ×
認証 指紋認証 指紋認証 指紋/顔認証

※優れている部分をで表記

スペック(CPU/メモリ)は同等も機能はXperia 8が優勢!

スペック比較と解説

どの機種もCPUはSnapdragonのチップが搭載されていますが、Xperia Z5 compactのみハイエンド用SoCで、Xperia 8とXperia Aceにはミドルレンジ用SoCが搭載されています。

機種名 Xperia 8 Xperia Ace Z5 comapct
CPU Snapdragon 630(オクタコア) Snapdragon 630(オクタコア) Snapdragon 800(クアッドコア)
RAM 4GB 4GB 2GB
OS Android 9 Android 9 Android 5.1

ただしスナドラ810は2015年頃の古いチップであることや、Xperia 8とXperia Aceに搭載されているRAMの容量が2倍(4GB)あること、さらにはOSのバージョン差も踏まえると、用途でも異なりますが3機種のパフォーマンスに大きな差はないといえます。※AnTuTuベンチマークスコアではXperia Z5 compactが若干優勢か

そもそも性能以前の問題として、OSが古いとセキュリティ面での脆弱性やアプリが動作対応していないなどの問題も多く発生してきます…

カメラ比較と解説

フロントカメラはXperia 8/Aceの画素数が多く、メインカメラはXperia Z5 compactが最も多い画素数となっています。

ただしXperia 8のみ1,200万画素+800万画素の2つのカメラ(デュアルカメラ)を搭載しており、背景ぼけで被写体を際立たせた写真が撮れるといった機能面での優位性があります。

高解像度を保ったまま遠くの被写体が撮影できる『光学2倍ズーム』や、

もちろん、13種類のシーン×4つのコンディションから自動認識で料理や人物、夜景や逆光などのシーンを最適な設定で撮影できる『プレミアムおまかせオート』にもしっかり対応しています!※Xperia Ace/Z5 compactも対応

※詳しい使い方は公式サイト(SONY)をご参考ください。

バッテリー比較と解説

Xperia 8は2,760mAhで最も大容量のバッテリーを搭載していることもあり、最大待受時間は約680時間(3Gケース)で最長となっています。

機種名 Xperia 8 Xperia Ace Z5 compact
バッテリー容量 2,760mAh 2,700mAh 2,700mAh
最大待受時間 約680時間 約660時間 約430時間
USB I/F USB Type-C USB Type-C microUSB

またXperia 8/Aceは充電の最適化技術と進化した『STAMINA機能』で、バッテリーの負担を減らすことで電池の長寿命化に成功しています。

またXperia 8/Aceは入出力端子『USB Type-C』(上下の区別なく使える形状で電源供給~映像出力まで可能)に対応しています。

おサイフケータイの注意点

なおドコモ版Xperia Z5 compactには『おサイフケータイ』機能が付いていますが、海外版Xperia Z5 compact(SIMフリー)には『おサイフケータイ』機能が付いていない点に注意が必要です。

※Xperia 8/Aceは『おサイフケータイ』機能あり

大サイズXperia 8/小サイズXperia Ace/小サイズZ5 compact

機種名 Xperia 8 Xperia Ace Z5 compact
画面サイズ 6.0インチ 5.0インチ 4.6インチ
本体サイズ 69x158x8.1mm 67x140x9.3mm 65x127x8.9mm
重量 170g 155g 138g

大画面のスマホで動画やゲームの臨場感を楽しみたい方には、3機種を比較した場合に6.0インチのXperia 8が最も画面サイズが大きくておすすめです。

※特に上下2画面で2つのアプリの同時操作するならXperia 8が最適

 

一方で手の小さい女性やポケットに入れて持ち歩くような方には、4.6インチで本体サイズも最も小さなXperia Z5 compactがおすすめです。

ただしXperia Aceは18:9、Xperia 8は21:9の縦長ディスプレイとなっているため画面サイズの割に持ちやすい特徴があります。

…とはいえ、Xperia Z5 compactに比べてXperia 8/Aceともに重量が増えるので、やはり携帯性ではZ5 compactに軍配が上がります。

SIMフリー版Xperiaおすすめランキング(厳選TOP3)

格安SIMでXperia 8をセット購入する特典・メリット

意外と手間な格安SIMとスマホの相性チェックが省けるセット販売端末。実は格安SIMとスマホをセットで購入するメリットは他にもたくさんあります。

  1. トラブル時の端末補償
  2. セット端末値引き

※2019年10月1日から施行された『電気通信事業法の改正』に伴い、端末値引き上限2万円まで

…などなど。

そしてXperia 8をセット購入できる格安SIMと機種の組み合わせは、現時点においてワイモバイルとUQモバイルだけです。※2020年4月1日時点

そしてXperia 8が割安価格で手に入るのがUQモバイルなのです。

UQモバイルの端末補償サービス

UQモバイルが提供する端末(Android)購入時に限り、端末補償サービスへ加入することができます。※月額料金は380円/月

 

他の格安SIMだと修理中は交換機がなかったり、交換機が届くまでに日数が掛かったりする場合がある中、UQモバイルの端末補償サービスなら交換端末が翌日~翌々日に届くんです。

 

公式サイトはこちら⇒UQモバイル

UQモバイル(Xperia 8)なら割安価格でセット購入できる

そしてなんといっても通常価格がとってもお得なUQモバイル!

格安SIM 端末代金(Xperia 8)
UQモバイル 27,720円
ワイモバイル 38,160円

※2020年4月1日時点

電気通信事業法の改正でUQモバイルの端末値引き(マンスリー割など)はなくなってしまいましたが、今では端末の通常価格そのものが割安になっているのです。

契約するタイミングや条件次第では、さらにキャンペーンでお得な特典が付与されることも!

UQモバイルの最新キャンペーン情報!

 

公式サイトはこちら⇒UQモバイル

SIMフリー版Xperiaランキングと選び方(注意点)まとめ

海外版Xperiaシリーズを日本で使う場合は技適マークを取得している必要があり、利用できる機種は限定されます。

SIMフリー版Xperia(技適マーク取得済みの海外モデル最新機種Z5 compactを含む)の3機種で『スペック』や『機能』、『格安SIMで利用するメリット』を比較すると、僅差ですが総合的にみてXperia 8が最もおすすめといえるでしょう。

ただしコンパクトサイズが欲しいユーザーに限り、Xperia Z5 compactまたはXperia Aceを選ぶと良いでしょう。

参考Xperia Aceが最安値の格安SIMランキング!

なお、Xperia 8を利用する場合はUQモバイルがお得にセット購入できるのでおすすめです。

参考UQモバイルでXperia 8を使う注意点(メリット・デメリット)!

公式サイトはこちら⇒UQモバイル


とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古or海外モデルのXperiaを見てみる!