今使っている電話番号そのままで他社へ乗り換えられるMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)。ワイモバイルは問題なくMNPが利用できます。

 

もちろん大手キャリアと同じように直営店舗で店員さんにお願いすることもできますが、わざわざショップに足を運ぶ必要もありません。

 

だってワイモバイルなら自宅で簡単に、それもその日のうちに回線が切り替えられるのですから。ただしMNPを利用して乗り換える場合、いくつか注意すべきポイントがあります。

 

事前にしっかりと準備しておかないと、

worrier

そもそも契約ができなかった…

worrier

契約できたけどスマホが使えなかった…

などのトラブルに遭遇してしまいます。

 

そんな『ワイモバイルのMNP転入方法・手順』を注意点を交えて詳しく解説していきますので、是非とも快適な格安SIMライフを手に入れてください。

ワイモバイルへMNPする大まかな流れ

ワイモバイルへMNP転入するために必要な大まかな手順は以下の通りです。

 

  1. 手順1. MNP予約番号を取得

    今、契約している携帯電話会社から、MNP予約番号を取得します。

  2. 手順2. 公式サイトで契約

    ワイモバイルの公式サイトへ移動して、MNP予約番号を入力して契約します。

  3. 手順3. ワイモバイル回線へ切替

    自宅にSIMカードが届いたら、スマホにセットして回線を切り替えます。

  4. あとは待つだけで、ワイモバイル回線が利用できます。

 

ざっと流れが頭に入ったところで、実際に手順1の詳細から順を追ってみていきましょう。

手順1. MNP予約番号を取得

まず今お使いの電話番号を他社で利用するために、MNP予約番号を取得します。

 

今使っているスマホや携帯電話が大手キャリアの場合は電話で簡単に取得することができます。参考までに電話番号を載せておきます。

ドコモの受付先

携帯:
151
固定電話:
0120-800-000

auの受付先

共通:
0077-75470

ソフトバンクの受付先

携帯:
*5533
固定電話:
0800-100-5533

受付時間はどのキャリアも9時〜20時です。取得したMNP予約番号はSMSで送られてきます。

 

MNP予約番号を取る際は

  • 3,000円程度のMNP転出手数料
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう

 

MNP転出手数料は利用している携帯電話会社によって料金が多少異なります。

 

事前にいくらか確認しておくと良いでしょう。

手順2. 公式サイトで契約

次にワイモバイルの公式サイトへ移動して、MNPを利用するための手続きを行います。

 

ワイモバイルにはMNP予約番号の有効期限(15日間)に加えてオンラインストアの場合は『MNP有効期限が10日間以上残っていること』という独自ルールがあります。

オンラインストアでのお手続きにはMNP有効期限が10日間以上残っている必要があります。有効期限が9日間以内の場合は再度MNP予約番号をお取り直しください。

引用元:公式サイト(ワイモバイル)

つまり実質的な契約までの期限はMNP予約番号を取得後、たったの5日間というわけです。※以前は『取得日から2日以内』という、より厳しいルールが設定されていました。

 

期限内に契約できなかった場合は、再び取得し直すために残日数を待つ羽目になります。

 

手間が掛かかるうえに、ひと月乗り遅れるだけでキャンペーンや更新月をまたいでムダな出費にもつながりる可能性があります。

参考ワイモバイルの最新キャンペーン情報

 

そこでMNP予約番号を取得する前に公式サイトから選択画面を事前に確認しておき、当日は失敗することなくスムーズに手続きを済ませましょう。

MNPを利用した契約手続きの詳細・手順

1. まず、下のリンク(ワイモバイル)から公式サイトへ移動します。

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

 

2. 次に契約したい商品名を選択します。


※ちなみにセット販売端末は不要で、お手持ちのスマホでワイモバイルへ乗り換えたい場合は『SIMカード』を選択しましょう。

 

3. すると、詳細内容の入力画面『音声USIMカードを購入』に切り替わるので、必要事項を選択して『ご購入手続きへ』ボタンを押します。

3-1. サイズ

利用するSIMカードのサイズを『nano』または『micro』から選択します。

 

3-2. 契約方法

MNPする場合は『のりかえ』にチェックを入れます。

 

3-3. 現在のご契約

利用中の携帯電話会社を『ドコモ、au、MVNO』または『ソフトバンク』から選択します。

 

3-4. 料金プラン

『スマホベーシックプランS/M/R』の中からプランを選択します。

容量 月額料金
スマホベーシックプランS 3GB⇒4GB 2,680円
スマホベーシックプランM 9GB⇒12GB 3,680円
スマホベーシックプランR 14GB⇒17GB 4,680円

 

その他に機種を購入する場合には、支払い方法や各種オプションなど選択した商品に応じた必要事項を確認してチェックを入れましょう。

 

また契約のタイミングによっては予期せぬキャンペーンが適用されていることもあります。

たとえば現時点(2020年1月17日)でSIMカードのみ契約する場合、6ヵ月間基本使用料から最大770円が割引される『新規割』や、3000円相当のPayPayボーナスをもらうことができます。

参考ワイモバイルの最新キャンペーン情報

 

是非とも今現在受けられる特典を契約画面から確認しておきましょう。

 

4. 必要事項を選択して『ご購入手続きへ』を押すと『お客さま情報入力』画面に移動します。※Yahoo! JAPAN IDをお持ちの場合は情報入力(一部)を省くことが可能

まずは本人確認書類として、ご自身の身分証明書の画像データをアップロードします。

本人確認書類一覧(日本国籍の場合)

  1. 自動車運転免許証(表面)
  2. 健康保険証
  3. 住民基本台帳
  4. マイナンバーカード
  5. 日本国パスポート写真記載面
  6. 身体障害者手帳
  7. 療育手帳
  8. 精神障害者福祉手帳
  9. 特別永住者証明書(外国籍の方)
  10. 外国パスポート(外国籍の方)

本人確認書類をデジタルカメラやスマートフォンで撮影いただき、パソコン(スマートフォン)に保存します。 その際、写真や記載内容がはっきりと読み取れる画像をお選びください。本人確認書類については、全体が入るように撮影してください。

ファイル形式 JPEG
ファイルサイズ 5MB以内 ※推奨:3~4MB
撮影時のポイント ・写真のピントを合わせる

・影が入らないようにする

・フラッシュはOFF、光を反射させない

・正面の角度から撮影

・画像を加工しない

引用元:公式サイト(ワイモバイル)

画像ファイルはJPEG形式だったり、ファイルサイズが5MB以内だったりと、アップロードする条件が定められているので気を付けてください。

 

また事前に携帯のカメラやデジカメ、スキャナーなどで画像データを取り込んでおくと、契約時にスムーズに進めることができるでしょう。※その他、NGとなる写真の例など、細かな注意点が気になる方はこちらのページをご参考ください

 

続いて必要書類や事前に取得しておいたMNP予約番号の情報を入力していきます。

 

あとは契約者情報や支払い情報を入力していくだけです。※MNP転入元の契約名義と同じ名前を入力する必要あり

手順3. ワイモバイル回線へ切替

契約の手続きが完了すると数日して自宅にSIMカードが届きます。

ワイモバイル回線へ切り替える詳細・手順

SIMカードが届いたら、まずは回線切替窓口へ電話して回線の切替を行います。電話の受付後、1~2時間程度で切り替えが完了します。

回線切替窓口

なお万が一、初期不良などトラブルが発生した場合には、以下の『ワイモバイル オンラインストア事務局』へ相談しましょう。

ワイモバイル オンラインストア事務局(フリーダイヤル )

TEL:
0120-200-128

※10:00~19:00/年中無休(1月1日を除く)

 

また、商品到着から6日以内に切り替え手続きが確認されない場合は、自動で回線が切り替わるので注意が必要です。

 

旧回線の電波が圏外になったら自動切替が完了した合図です。ワイモバイルのSIMカードをスマホに差し込んで電源を入れましょう。

 

ただし回線切替が完了してもまだSIMカードを差し込むだけでは、ワイモバイル回線を利用してデータ通信を行うことができません。

 

今まで他の携帯電話会社で利用していたスマホや、ワイモバイル以外で購入したスマホには、別途ネットワークの設定が必要になります。

参考ワイモバイルのネットワーク(APN)設定とは?

 

worrier

失敗してワイモバイル回線が使えなかったらどうしよう…

worrier

なんだか難しそうだな~、正直めんどくさい!

…など設定に不安がある方は、ワイモバイルがSIMカードとセットで販売しているスマホを購入することで、ネットワーク(APN)設定が既に完了していたり、プリセットされたAPN設定を選択するだけで済むので手間が省け、心配ごとが一つ解消できるのでオススメです。

参考ワイモバイルがセット販売するおすすめのスマホ

Androidのネットワーク(APN)設定

  1. まず、スマホの『設定』アイコンを押します。
  2. 設定画面の『モバイルネットワーク』を押して、『モバイルデータ通信』に☑して、『高度な設定』⇒『APN設定』の順に押していきます。
  3. ワイモバイルのネットワーク情報を入力して保存します。
  4. 『APN接続』または『設定を有効にする』に☑します。
ネットワーク名 任意の名前例)ymobile
APN plus.acs.jp
ユーザー名 ym
パスワード ym
MCC 440
MNC 20
認証タイプ CHAP
MMSC http://mms-s
MMSプロキシ andmms.plusacs.ne.jp
MMSポート 8080
APNタイプ default,mms,supl,hipri

なお、上の手順は2018年11月15日時点でのAndroidのネットワーク(APN)設定です。※端末によってAPN設定の項目名が若干異なるケースあり

 

現時点での最新情報(詳細手順)は事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

iPhone(iOS)のネットワーク(APN)設定

iPhoneのネットワーク設定はAndroidのAPN設定とは異なってプロファイルをインストールするため、別途Wi-Fi環境が必要になる点に注意が必要です。

[iOS]他社が販売するiPhoneをワイモバイルで利用するにはどうしたらいいですか?
ワイモバイルのUSIMカードで他社が販売するiPhoneをご利用いただく場合は、Safariより構成プロファイルをダウンロードしていただく必要があります。

APN設定用の構成プロファイルについてよりダウンロードをしていただけます。

構成プロファイルがダウンロードされると、自動的にAPNが設定されます。

引用元:公式サイト(ワイモバイル)

設定したのに回線がつながらない場合は『音声通話とデータ』または『データ通信』にチェックが入っていることを確認します。

  1. 『設定』⇒『モバイルデータ通信』⇒『通信のオプション』⇒『4Gをオンにする』の順に進みます。
  2. VoLTEを有効にする場合は『音声通話とデータ』、無効にする場合は『データ通信』を選択します。

 

それでもダメな場合は『端末の再起動』と『機内モードON / OFF』を試してみましょう。

 

上で紹介している手順は2018年11月15日時点でのiPhoneのネットワーク設定です。現時点での最新情報や詳細手順は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

ワイモバイルへ乗り換える際の注意点まとめ

以上、ワイモバイルにMNP転入して乗り換えるための詳細手順を紹介してきましたが、さいごに注意点だけ簡潔にまとめますので、是非とも参考にしてください。

 

MNP予約番号を取る際は

  • 3,000円程度のMNP転出手数料
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう。

 

さらにワイモバイルの場合は『MNP有効期限が10日間以上残っていること』という条件があるので、実質取得したら5日以内に契約手続きを済ませる必要があります。

 

商品到着後は、なるべく早めに回線切替窓口へ電話して切替手続きを完了しましょう。商品到着後、6日以内にワイモバイル回線へ切り替えないと自動的に回線切替が行われてしまうので注意しましょう。

 

ワイモバイルのセット販売端末以外を利用する場合は、ワイモバイルの回線を利用するためにスマホ側でAPN(CPA)設定が必要です。

 

事前準備をしっかりと行って少しでも無駄な出費と時間を減らし、快適な格安SIMの世界へ仲間入りしましょう。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル