格安SIMには5分や10分以内なら何回でもかけ放題とった電話代を節約するサービス以外に、ひと月あたり30分の間なら何分でもかけ放題となる通話定額オプションがあります。

 

しかも月額1,700円で利用できる大手キャリアの5分かけ放題サービスと比較すると、月々の利用料金は半額以下に抑えることができるんです。

worrier

電話をほとんどしないけど電話を掛ける時は長め

そんな方にピッタリなサービスといえるでしょう。

 

ただし安くなる分注意点(制約)もいくつかあります。そこで30分間の通話定額サービスを提供している格安SIMを、有効活用できるように安くなる仕組みや注意点も踏まえて詳しく紹介していきます。

大手キャリアの5分かけ放題プランの月額料金

 

参考までに、まずは大手キャリアの通話料金をおさらいしておきましょう。

docomoの5分かけ放題プランと月額料金

  • カケホーダイライトプラン(スマホ):月額1,700円

auの5分かけ放題プランと月額料金

  • スーパーカケホ:月額1,700円

SoftBankの5分かけ放題プランと月額料金

  • スマ放題ライト:月額1,700円

 

基本的にはどの会社も5分かけ放題プランは月額1,700円という月額料金を設定しています。

格安SIMの通話定額(30分)の月額料金(最安順)

格安SIM オプション(プラン) 無料通話時間 月額料金
mineo 通話定額30 30分 840円
UQモバイル ぴったりプランS 30分(60分) セット料金

通話定額(30分)で電話代を節約するメリット

基本料金を大手キャリア(5分かけ放題)の半額以下に節約できる

大手キャリアが5分かけ放題サービスを月額1,700円で提供する中、格安SIMの通話定額(30分)は最安料金でわずか月額840円からサービス提供しており、半額以下で利用できてしまうんです。

 

ちなみに宅配の再配達などで使われている0570から始まるナビダイヤルなどの電話番号は、大手キャリアのかけ放題サービスでも対象外。つまり月額1,700円かけて5分かけ放題サービスを契約しているのに、実は知らぬ間に通常の電話代(20円/30秒)も追加で支払っているという、残念極まりないケースが意外にも多いんです。

 

電話する機会があまりない方であれば、通話定額を最低限のプラン(30分の無料通話時間)しておくことで、効率的に節約オプションを利用できることでしょう。

専用回線を利用しないため音声品質が落ちない

 

プレフィックス番号を利用する格安SIMのかけ放題サービスは中継電話設備を介している分、環境や回線の混雑度合いによっては音声品質が悪くなる場合があります。

 

しかしUQモバイルやmineoの通話定額(30分)はプレフィックス番号を使わないため、高い音声品質で電話が掛けられるんです。

対象外となる電話番号も大手キャリアのかけ放題プランと同等

大手キャリアのかけ放題サービスの対象外となる電話番号は、

  • 国際電話
  • SMS
  • 0570(ナビダイヤル)
  • 0180(テレドーム/テレゴング)
  • 104(番号案内)
  • 188(消費者ホットライン)
  • 189(児童相談所全国共通ダイヤル)

などがあります。

海外での発着信、「WORLD CALL」、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)(189)特番、(104)の 番号案内料、衛星電話/衛星船舶電話などへの発信は定額の対象外となります。

引用元:公式サイト(ドコモ)

【無料通話対象外となる主な発信先】
・海外での発信/着信、国際通話
・SMS(※2)
・番号案内サービス(104)の利用料(※3)
・行政1XYサービス(188/189)
・衛星電話
・衛星船舶電話
・ナビダイヤル(0570などで始まる番号)/テレドーム(0180で始まる番号)/67コール(0067で始まる番号)などの他社接続サービス通信料(※4)
・当社が別途指定する電話番号への通話(※5)

引用元:公式サイト(au)

国際ローミング通話料(海外でかける)

国際電話通話料(国内から海外へかける)

ソフトバンク衛星電話サービス

0180(テレドーム)、0570(ナビダイヤル)などから始まる他社が料金設定している電話番号への通話料

番号案内(104)

国際転送電話サービス(通話開始後、接続先の海外番号をあらためて入力するものなど)

ソフトバンク以外へのSMS送信

その他、当社が指定し、別途随時公表する電話番号(他社着信転送サービスなど)は無料通話の対象外です。

引用元:公式サイト(ソフトバンク)

プレフィックス番号を利用した格安SIMの通話定額オプションの場合は

  • 0120(一部フリーダイヤル)
  • 110/119(緊急通報)
  • 117(時報)※その他3桁番号

…などなど、かけ放題の対象外となるサービスが増えるケースが多いのですが、UQモバイルとmineoの通話定額はプレフィックス番号(専用アプリ)を用いないため大手キャリアと同等です。

ぴったりプランの無料通話においては、0180、0570から始まる他社が料金設定している電話番号への通話、SMS送信、当社が別途指定する電話番号への通話等については、無料通話の対象外となります。無料通話の詳細についてはこちら。無料通話分を超えた場合は20円/30秒の通話料がかかります。

引用元:公式サイト(UQモバイル)

通話定額(30分)で電話代を節約するデメリット(注意点)

プレフィックス番号を使う格安SIMの通話定額より割高

 

格安SIMの専用アプリを使って電話(発信)を行うと、090や080、070といった携帯電話番号の先頭に自動でプレフィックス番号が付加され、キャリアの回線から中継電話会社の回線を経由しての通話となります。

 

大手キャリアが接続料に割高なマージンを加えてユーザーに請求していた音声通話代金を、中継電話サービスを介すことで格安で通話定額サービスを提供することが可能となっているんです。

 

しかしUQモバイルやmineoの通話定額(30分)はプレフィックス番号を使わない方式なので、音声品質が高く対象外となる電話番号が少なくなる反面、基本料金が割高になってしまいます。

mineo(通話定額30/月額840円)

オプション 無料通話時間 月額料金 超過料金/30秒
通話定額30 30分 840円 20円

ポイント

専用アプリでプレフィックス番号を自動的に付加するサービスが多い中、通常の通話アプリで電話が可能。プレフィックス方式に比べて月額料金が高くなる分、高い音声品質を維持して通話料金が安くできる特徴がある。

  1. かけ放題 4.0
    通信速度 4.5
    サービス 5.0
    セット端末 4.5
    最安:
    700円~(500MB)
    人気:
    1,510円~(3GB:デュアルタイプ)
    データ容量の繰り越し:
    OK
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    OK
    業界初のマルチキャリア対応(ドコモとau回線が利用可能)。2017年10月から10分かけ放題サービスも開始。バースト転送やフリータンク(メンバー同士のパケットシェア)など独自サービスに強み。お客様満足度No.1を獲得した実績あり。

公式サイトはこちら⇒mineo

UQモバイル(ぴったりプランS/セット料金)

プラン 無料通話時間 月額料金 超過料金/30秒
ぴったりプランS 30分(60分) 0円(セット料金) 20円

ポイント

ぴったりプランSなら月60分の無料通話時間が最初の2年間だけ利用可能。2年後からは月30分の無料通話時間が付与される。UQモバイルの2年縛りがない『データ高速+音声通話プラン』や『データ無制限+音声通話プラン』では利用できないなど、オプションとしての自由度にやや難あり。

  1. かけ放題 4.0
    通信速度 5.0
    サービス 4.5
    セット端末 5.0
    最安:
    980円~(3GB)
    人気:
    2,980円
    (最大6GB:おしゃべりプランM)
    データ容量の繰り越し:
    OK
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    OK
    格安SIMの中では通信速度がずば抜けて安定かつ高速。通話料金の割引がセットのプランはやや高めの料金設定だが、キャリアメールや直営ショップなど他の格安SIMとは一線を画すサービス力が魅力。定期契約以外のプランも選択可能。

公式サイトはこちら⇒UQモバイル