iPhone 5sは初期モデルということもあって3万円前後で手に入ることから、ユーザーの間で特に人気の高い楽天モバイルで利用したいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

ドコモのiPhone 5sなら楽天モバイルでSIMロック解除なしで問題なく利用できます。

 

ただし他社製品を利用する場合はネットワーク設定など注意点もあります。そこでiPhone 5sと楽天モバイルの特徴や相性(メリットと注意点)、実際に利用しているユーザーの感想(口コミ・レビュー)について詳しく紹介していきます。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

iPhone 5sと楽天モバイルの特徴・相性

  1. iPhone 5s(Apple)の特徴

    画面サイズ:
    4.0インチ
    本体サイズ:
    58.6×123.8×7.6mm
    重量:
    約112g
    カラー:
    スペースグレイ/シルバー/ゴールド
    iPhone 5sは2〜3万円前後という手ごろなお値段でドコモとauの電波もしっかりキャッチ。5インチ以上の大画面スマホが多い中、4インチのコンパクト画面も人気。

AppleのiPhoneシリーズは言わずと知れたスマホの超有名ブランドの一つです。

 

iOSを搭載しており、Androidスマホにはない操作性で日本では今でも根強い人気を誇っています。4インチというコンパクトさに加えて112gというスマホの中でも最軽量級の軽さも魅力の一つです。iPhoneシリーズの中では初期の機種ということもあり、低価格で入手することができます。

 

iOSに慣れ親しんだ方なら他の格安スマホと比較しても納得のコスパでおすすめです。

楽天モバイルの特徴

データSIM
ベーシックプラン 525円
3.1GBプラン 900円
5GBプラン 1,450円
10GBプラン 2,260円
20GBプラン 4,050円
30GBプラン 5,450円
通話SIM
ベーシックプラン 1,250円
3.1GBプラン 1,600円
5GBプラン 2,150円
10GBプラン 2,960円
20GBプラン 4,750円
30GBプラン 6,150円

 

楽天モバイルはとても評判が高く、大手キャリアから乗り換える利用者が続々と増えており、後を絶ちません。

 

2017年3月格安SIMサービスの利用動向調査では『メインで利用している格安SIMサービス』でシェアNo.1を獲得しています。

 

この結果の大きな原動力となっているのが、楽天モバイルが音声通話を安くするオプションや直営ショップでの対面サービスといった、格安SIMの弱点を積極的になくしてきた立役者であることが挙げられます。

 

そしてなんといっても、期間限定のキャンペーンや長期優待ボーナスなど、スマホ本体価格をとっても安くできるメリットが絶大です。

 

いくら格安SIMを使って月々の利用料金を安くできても、2〜3年で機種変更するたびに数万円の出費は苦しいですよね。スマホ代と月額基本料金をトータルコストで安くしたいなら一押しの格安SIMといえるでしょう。

楽天モバイルでiPhoneを使うメリット

ドコモのiPhone 5sがそのまま使える

SIMフリー版はもちろんのこと、ドコモのSIMロックが掛かったiPhone 5sでも正常に動作することが確認されています。

 

手ごろな料金で購入できるとはいえ、ドコモで利用していたiPhone 5sがそのまま使えるなら使わない手はないですよね。

 

iPhone 5sは対応バンドも豊富なことから、格安SIMの楽天モバイルでも問題なくドコモのLTE(高速データ通信)を利用できます。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

楽天モバイルでiPhoneを使う際の注意点

ドコモ版以外のiPhone 5sは利用できない

 

楽天モバイルはドコモ回線を利用した格安SIMなので、ドコモのスマホはSIMロックが掛かっていてもそのまま使うことができます。

 

一方でauやソフトバンクといった大手キャリアや、ワイモバイルUQモバイルといった格安SIMのSIMロックが掛かったスマホは対応バンドを確認する必要はありますが、SIMロックを解除することで楽天モバイルでも使える可能性はあります。

 

ところがiPhone 5sは2015年5月以前に販売されたスマホなので、残念ながらSIMロックを解除できないため、楽天モバイルで使うことはできないのです。

iPhone 5sのネットワーク設定の手順

iPhoneのネットワーク設定はAndroidのAPN設定とは異なってプロファイルをインストールするため、別途Wi-Fi環境が必要になる点に注意が必要です。

楽天モバイルの場合は『申込種別』によってインストールするプロファイルが異なるので、間違えないように気を付けましょう。※申込種別はSIMカード台紙またはメンバーズステーション内の『ご契約者さま情報』から確認

APNが「楽天モバイル(rmobile.jp)」の方(申込種別006または007)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/B_voice.mobileconfig
APNが「楽天モバイル(rmobile.co)」(申込種別008または009)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/C_voice.mobileconfig
APNが「楽天モバイル(a.rmobile.jp)」(申込種別010または011)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/au_voice.mobileconfig

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

  1. まず、Safariで申込種別に対応したプロファイルURLへアクセスします。
  2. プロファイルのインストール画面が開くので、『インストール』を押します。
  3. パスコードを入力して警告画面を確認し、『インストール』を押します。
  4. インストールが終わったら『完了』を押します。

 

なお大手キャリアで利用していたiPhoneの場合は、登録されているプロファイルを別途削除する必要があります。

  1. 『設定』⇒『一般』⇒『プロファイル』の順に進みます。
  2. 『プロファイルを削除』を押してパスコードを入力します。
  3. 『削除』ボタンを押します。

 

設定したのに回線がつながらない場合は『音声通話とデータ』または『データ通信』にチェックが入っていることを確認します。

  1. 『設定』⇒『モバイルデータ通信』⇒『通信のオプション』⇒『4Gをオンにする』の順に進みます。
  2. VoLTEを有効にする場合は『音声通話とデータ』、無効にする場合は『データ通信』を選択します。

 

それでもダメな場合は『端末の再起動』と『機内モードON / OFF』を試してみましょう。

 

上で紹介している手順は2018年11月14日時点でのiPhoneのネットワーク設定です。現時点での最新情報や詳細手順は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

楽天モバイルでiPhone 5sを使ってみた感想レビュー

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

3万円前後で買えるiPhoneということで格安SIMユーザーに大人気のiPhone 5sですが、楽天モバイルならドコモのiPhone 5sがそのまま使えちゃうんです。(テザリング機能も無料で利用OK)

 

ドコモ以外のiPhone 5sはSIMロック解除できないため、楽天モバイルでは利用できない点に注意が必要です。

 

申込種別などがあってAPN構成プロファイルのインストールがやや複雑ではありますが、楽天モバイルならiPhone 5sの動作確認も取れているので、安心して利用できるでしょう。

 

iPhoneとしては初期のシリーズですが、Androidを搭載した格安スマホと比べれば、未だに現役でiOSならではの操作性はバツグンです。

 

楽天モバイルのライトユーザーに利用者が多く、口コミや評判も良好です。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

 

なお楽天モバイルがセット販売しているスマホは良機種揃いで特典も豊富です。他社のスマホを使うことに不安を抱いている方はスマホをセット購入して安心を買ってしまうのも一つの手ですね。

参考楽天モバイルの最新キャンペーン・特典

参考楽天モバイルのおすすめセット販売スマホ