2019年8月29日に発売される3,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、5CAで最大988Mbpsの高速通信が可能なPocket WiFi 803ZT。

まさにワイモバイルの高速なデータ通信で快適なネット環境を利用したいユーザーにうってつけのポケットwifiといえるでしょう。

 

そんなPocket WiFi 803ZTの特徴やメリット・デメリット(注意点)について詳しく解説していきます。

  1. Pocet WiFi 803ZT(ファーウェイ)の特徴

    対応通信方式/バンド:
    FDD-LTE / AXGP / TDD-LTE
    本体サイズ:
    約112×67.5×15.6mm
    重量:
    約153g
    5CA対応のハイスピードPocket WiFi。5つの周波数帯を束ねて安定した高速データ通信で下り最大988Mbpsを実現。3,000mAhの大容量バッテリーで連続通信時間は約12時間。QRコードによるかんたん接続で使い勝手も良好。

    公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

Pocket WiFi 803ZTは5つの周波数帯を1つに束ねて大量のデータ通信を可能にする技術『キャリアアグリゲーション』の5CAに対応しており、下り最大988Mbpsの高速データ通信が可能です。※無線LAN接続時は下り最大866Mbps程度

 

また5Gの有力技術『Massive MIMO』対応で、3,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため約12時間の電池持ちを実現しており、外出時にも安心して使うことができます。

Pocket WiFiプラン2(ワイモバイル)の特徴

プラン 容量 月額料金
Poket WiFi プラン2 ライト 5GB 2,480円~
Poket WiFi プラン2 7GB 3,696円~
Poket WiFi 海外データ定額 7GB 3,696円~

ワイモバイルは『モバイルアワード2016』でキャリア(スマートフォン契約の満足度)『総合』部門で『満足度No.1』を獲得しており、2015年度に続いて2年連続の受賞ということでユーザーからの高い評価と人気が伺えます。

データ容量が少ないPocket WiFiプランですが、アドバンスオプションを付ければ7GBを超えても高速データ通信が楽しめるので安心です。※月額料金684円

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

ワイモバイルでPocket WiFi 803ZTを使うメリット

下り最大988Mbpsの高速な通信速度(5CA)

Pocket WiFi 803ZTを使う最大のメリットは、5CA対応の高速通信速度といえるでしょう。

ワイモバイルがセット販売している他のモバイルWiFiルーターの中ではトップクラスの通信速度を誇ります。

機種名 最大通信速度(下り)
803ZT 988Mbps
801HW 954Mbps
603HW 350Mbps
502HW 187.5Mbps
601ZT 112.5Mbps
506HW 112.5Mbps
701UC 72Mbps

アドバンスモードで月間データ量上限なし

Poket WiFi プラン2の月間データ容量は7GBですが、月額料金684円のアドバンスオプションを付ければデータ量上限なしで高速データ通信が利用できるようになります。※AXGP/TDD-LET方式

 

なお今なら3カ月間アドバンスオプションが無料で利用できるキャンペーンを開催中です。

バリューセットで端末代金がお得(長期契約割引)

Pocket WiFi 803ZTを入手するには、ワイモバイルでセット購入する必要があります。

 

ワイモバイルのPocket WiFiプラン2/Pocket WiFiプラン2 ライトには、モバイルWiFiルーターとパソコンやタブレットなどを同時購入すると、期契約割引が適用される『バリューセット』があります。

 

『Pocket WiFiプラン2』の場合、3年間の継続利用で、バリューセットは39,400円、バリューセットライトは26,400円が軽減されます。

ワイモバイルでPocket WiFi 803ZTを使う際の注意点

3年縛りのないベーシックプランだと割高

契約種別 基本料
Pocket WiFiプラン2 Pocket WiFiプラン2 ライト
さんねん 3,696円 2,480円
ベーシック 5,696円 4,480円

契約期間に縛りがない『ベーシック』は、契約期間が3年(3年縛り)の『さんねん』と比べて月額2,000円も割高な料金プランとなっています。

 

『さんねん』の契約解除料は9,500円なので、実質5カ月以上利用する予定があれば『ベーシック』を選択する金銭的なメリットはないといえます。

無線LAN接続時は下り最大866Mbps

下り最大988Mbpsに対応するPocket WiFi 803ZTですが、実はUSBケーブル(HWDCM1)を接続した場合に限ります。

普段、スマホやタブレットを利用する場合には、無線LAN接続で使うことが想定されるため、実使用上は866Mbpsが理論値の上限(下り)と考えた方がよいでしょう。

機種名 最大通信速度(下り)
803ZT 866Mbps
801HW 588Mbps
603HW 350Mbps
502HW 187.5Mbps
601ZT 112.5Mbps
506HW 112.5Mbps
701UC 72Mbps

とはいえ、無線LAN接続時においても、現状のラインナップの中では803ZTのデータ通信速度が最も速い結果となります。

ワイモバイルで803ZTを使うメリットデメリットのまとめ

5CA対応のハイスピードPocket WiFi 803ZTなら、ワイモバイルの高速なデータ通信で快適なネット環境が利用可能です。

機種名 最大通信速度(下り)
有線 無線
803ZT 988Mbps 866Mbps
801HW 954Mbps 588Mbps
603HW 350Mbps 350Mbps
502HW 187.5Mbps 187.5Mbps
601ZT 112.5Mbps 112.5Mbps
506HW 112.5Mbps 112.5Mbps
701UC 72Mbps 72Mbps

特に実用的となる無線LAN接続時の通信速度が最大866Mbpsでダントツに速い点が、803ZTを選ぶ大きなメリットといえるでしょう。

 

Pocket WiFiプラン2は最大7GBのデータ容量プランしかないものの、アドバンスオプションを付ければ7GBを超えても高速データ通信が楽しむことができます。

 

5カ月以上使う予定であれば、契約種別は『さんねん』を選択した方が契約解除料を考慮してもお得です。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル