2019年7月26日にソフトバンクから発売された3,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、5CAで最大988Mbpsの高速通信が可能なPocket WiFi 802ZT。

まさにソフトバンクの高速なデータ通信で快適なネット環境を利用したいユーザーにうってつけのポケットwifiといえるでしょう。

 

そんなPocket WiFi 802ZTの特徴やメリット・デメリット(注意点)について詳しく解説していきます。

  1. Pocket WiFi 802ZT(ZTE)の特徴

    対応通信方式/バンド:
    FDD-LTE / AXGP / TDD-LTE
    本体サイズ:
    約112×67.5×15.6mm
    重量:
    約153g
    5CA対応のハイスピードPocket WiFi。5つの周波数帯を束ねて安定した高速データ通信で下り最大988Mbpsを実現。3,000mAhの大容量バッテリーで連続通信時間は約12時間。QRコードによるかんたん接続で使い勝手も良好。

Pocket WiFi 802ZTは5つの周波数帯を1つに束ねて大量のデータ通信を可能にする技術『キャリアアグリゲーション』の5CAに対応しており、下り最大988Mbpsの高速データ通信が可能です。※無線LAN接続時は下り最大866Mbps程度

 

また5Gの有力技術『Massive MIMO』対応で、3,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため約12時間の電池持ちを実現しており、外出時にも安心して使うことができます。

ソフトバンク回線でPocket WiFi 802ZTを使うメリット

高いスペック:最大通信速度(最大988Mbps)

Pocket WiFi 802ZTを使う最大のメリットは、5CA対応の高速通信速度(下り最大988Mbps)といえるでしょう。

ソフトバンク回線を利用したPocket WiFiサービスを展開するワイモバイルがセット販売している他のモバイルWiFiルーターと比較しても、トップクラスの通信速度を誇ります。※終売端末を含む

機種名 最大通信速度(下り)
有線 無線
803ZT 988Mbps 866Mbps
801HW 954Mbps 588Mbps
603HW 350Mbps 350Mbps
502HW 187.5Mbps 187.5Mbps
601ZT 112.5Mbps 112.5Mbps
506HW 112.5Mbps 112.5Mbps
701UC 72Mbps 72Mbps

なお、802ZTと803ZTは外見もスペックも同じなので、違いとしては販売元のブランド名のみといえるでしょう。

  • 803ZT:Y!mobileブランド端末名称
  • 802ZT:SoftBankブランド端末名称

高い操作性:かんたん接続(QRコード)

Wi-Fi接続ってちょっとした手間ですが、正直めんどくさいですよね。

手動で入力する場合、ルーター端末からパスワードを確認して、スマホやPCのWi-Fi接続する端末を選んでパスワード入力して…

 

ところがPocket WiFi 802ZTならスマホのカメラでQRコードを読み取れば、自動的にWi-Fi接続してくれるので簡単便利です♪

 

設定方法はとっても簡単。

1. まずはルーター端末のホーム画面上にある『Wi-Fi名』ボタンを押します。

2. 次にSSID Aに表示されているQRコードを、スマホのカメラアプリ(QRコードリーダー)を使って読み取ります。

3. するとルーター端末名とパスワードが表示されるので、押せばWi-Fi接続が完了します。

ワイモバイルとソフトバンクの契約プラン比較(802ZT vs 803ZT)

ワイモバイルでPocket WiFi 803ZTのみを利用する場合、以下の2つの契約プランから選ぶ必要があります。

  1. Pocket WiFi プラン2 (7GB)
  2. Pocket WiFi プラン2+アドバンスオプション(無制限)

※Pocket WiFi プラン2(ベーシック)の月間データ容量は7GBですが、月額料金684円のアドバンスオプションを付ければデータ量上限なしで高速データ通信が利用可能(AXGP/TDD-LET方式)

 

通常、ソフトバンク(公式)でPocket WiFi 802ZTのみを利用する場合、以下の2つの契約プランから選ぶ必要があります。

  1. ウルトラギガモンスター+ forデータ(50GB)
  2. ミニモンスター forデータ(0~50GB)

ただし取次会社(エヌズカンパニー)経由でPocket WiFi 802ZTを利用する場合には、無制限プランが契約可能となっています。

 

上述の各料金プランを比較した結果を以下の表にまとめています。

データ容量
(月間)
月額料金
ソフトバンク ワイモバイル
公式 取次
~1GB 3,000円
~2GB 5,000円
~5GB 6,500円
~50GB 7,500円
7GB 3,696円
50GB 7,480円
無制限 3,600円 4,380円

月間データ使用量が1GB未満でなければ、圧倒的に取次会社(エヌズカンパニー)の契約プランがお得であることが一目瞭然ですね。

 

Pocket Wifi(エヌズカンパニー)

Pocket WiFi(エヌズカンパニー)の特徴

通信回線は、いくら安くても通信品質が悪くて使い物にならなくては意味がありません。むしろ時間とお金の無駄遣いになってしまいます。

 

ところが、エヌズカンパニーのPocket WiFiサービスは高品質である法人回線を用いた個人向けサービスなので、昼休みや夕方などの混雑する時間帯でも比較的繋がりやすい特徴があります。※法人回線をWeb販路で個人向けに提供するのはエヌズカンパニーが初

 

またWiMAXやワイモバイルのような直近3日間の速度制限がない点も、月間データ通信量が使い放題のプランとしては大きなメリットといえるでしょう。

参考エヌズカンパニーのポケットWiFiを使ってみた感想・評価(実機レビュー)

Pocket WiFi(エヌズカンパニー)の注意点

大容量が安くて速いエヌズカンパニーのPocket WiFiですが、唯一の注意点は最低利用期間と契約解除料といえるでしょう。

契約期間 契約解除料
~12カ月以内 67,500円
13~24カ月以内 46,000円
25~36カ月以内 24,500円

※37カ月以降は契約解除料:24,500円(更新月以外の解約時)

 

というのも、特殊で高品質な法人回線を用いていることや、高性能なPocket WiFi 802ZTの端末代金が含まれていることもあって、初期の解約違約金を高く設定しておかないとサービスとして成り立たない背景があるといえるでしょう。

Pocket WiFi 802ZTの評判や口コミ情報

Pocket WiFi 802ZTを使うメリットデメリットのまとめ

5CA対応のハイスピードPocket WiFi 802ZTなら、エヌズカンパニーで契約すると大容量かつ高速データ通信で快適なネット環境が利用可能です。

機種名 最大通信速度(下り)
802ZT 988Mbps
801HW 954Mbps
603HW 350Mbps
502HW 187.5Mbps
601ZT 112.5Mbps
506HW 112.5Mbps
701UC 72Mbps

低価格な料金プランであることに加え、特殊な法人回線を用いた高品質な通信環境であり、直近3日間の速度制限がない部分がエヌズカンパニーでPocket WiFi(802ZT)を選ぶ大きなメリットといえるでしょう。

 

唯一、3年以内での契約解除料が高い点がデメリットとして挙げられますが、コスパを考えれば他社へ乗り換えるメリットは低いため、すぐに解約する必要性が事前になければ、特に気にしなくてよいでしょう。

 

Pocket Wifi(エヌズカンパニー)