ワイモバイルならドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアでスマホを利用する場合に比べて、月々の利用料金を安く抑えることができます。

しかも大手キャリアとほとんど同じサービス(直営店舗の対面サービスや高速で安定した通信品質)が受けられるため、他の格安SIMで問題となるサービス力の低下に悩まされる心配もありません。

 

特に今では新規契約できなくなった大手キャリアの割高な7~13GBプランを契約しているスマホユーザーは、プラン変更するなり格安SIMのワイモバイルへ乗り換えるなり、料金プランの見直しを今すぐ行うべきです。

参考ワイモバイルへMNP転入する方法

 

そこで小難しいスマホの料金プランを簡潔に解説し、実際のプランを例に大手キャリアからワイモバイルへ乗り換えた際の料金シミュレーションを行う中で、月々に節約できる料金やお得に乗り換えるタイミングなど注意点を余すところなく紹介していきます。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

大手キャリアの月額料金

 

大手キャリアでスマホを利用する場合は基本的に

『A』+『B』+『C』

というプランの組合せで契約する必要があります。

 

A、B、Cのサービス名称は大手キャリアでそれぞれ異なりますが、

  • A:音声通話(かけ放題プラン)
  • B:月額データ容量(パケット)
  • C:接続サービス(MMSメール)

という内訳になっています。

 

音声通話は主に月額2,700円のかけ放題プランとして

  • カケホーダイプラン:ドコモ
  • カケホプラン:au
  • スマ放題:ソフトバンク

を、5分間なら何度でも月額1,700円でかけ放題となるプランとして

  • カケホーダイライトプラン:ドコモ
  • スーパーカケホプラン:au
  • スマ放題ライト:ソフトバンク

を、サービス名称は違えど各社が同じ料金で提供しています。

 

他にも同じキャリアなら21時~1時まで無料となるプランやデータ通信専用プランなども各社提供しています。

 

月額データ容量はというと、

データ容量 月額料金
ドコモ ソフトバンク au
1GB 2,900円
2GB 3,500円
3GB 4,200円
5GB 5,000円
8GB 6,700円※
10GB 8,000円※
13GB 9,800円※
15GB 12,500円※
20GB 6,000円
30GB 8,000円

※ドコモ:2016年9月23日(金)に新規受付終了

※au:2016年9月14日(水)に新規受付終了

※ソフトバンク:2016年9月12日(月)に新規受付終了

 

やはりデータ容量に対する月額料金も基本的には各社同じようなお値段です。

 

なお注意点としては、2016年に各社が新規受付を終了しているデータ容量が8〜15GBのプランが、なんと新設された20GBプランより高いという事実です。

 

万が一、まだ8〜15GBの旧プランを利用している方は、非常に損しています。是非とも、今すぐ料金プランを見直しましょう。

 

MMSメールが利用できる接続サービスも

  • spモード:ドコモ
  • LTE NET:au
  • ウェブ使用料:ソフトバンク

これまた各社が同じ料金(月額300円)で提供しています。

 

つまり、大手キャリア各社が提供しているかけ放題の5GBプランで料金をみてみると『A+B+C=』なので、

2,700円+5,000円+300円=8,000円

と計算することができるのです。

 

ちなみにauの『カケホ』の場合はデータ容量1GB、『スーパーカケホ』の場合はデータ容量2GB、ソフトバンクの『スマ放題ライト』の場合はデータ容量2GBが選べないなど、プランの組み合わせに制約がある点にも注意が必要です。

ワイモバイルの月額料金

 

一方、ワイモバイルの月額料金はというと

スマートフォン向け
プラン 容量 月額料金
スマホプランS 2GB 1,980円
スマホプランM 6GB 2,980円
スマホプランL 14GB 4,980円
タブレット向け
プラン 容量 月額料金
データプランS 1GB 1,980円
データプランL 7GB 3,696円
ケータイ向け
プラン 容量 月額料金
ケータイプランSS 934円
ベーシックパック 300円
パケット定額 0~2.5GB 0~4,500円

※旧プラン:新規受付は2019年9月30日まで

2019年10月1日の料金改定に伴い、ワイモバイルの料金プランは契約期間の縛りなし&解除料なしのスマホベーシックプランS/M/Rへ一本化されます。

※スマホベーシックプランLは新規受付が終了(代わりにスマホベーシックプランRが新設)

 

ワイモバイルには他にも

  • データベーシックプランS/L
  • スマホベーシックプランS/M/L

という契約期間ナシプランがありますが月額料金が2,000〜3,000円程度高くなるので検討する価値もないプランです。

 

月々に利用するデータ容量に合わせてスマホプランまたはデータプランから選択します。

データプランS/L(データ通信専用のプラン)

 

データプランS/Lとはデータ通信専用のプランのことです。

 

主にインターネットやアプリをスマホやタブレット、PCのみで利用したいユーザー向けの月額基本料金がデータ容量定額制の契約になります。なので090から始まる携帯電話番号で電話を掛けることはできません。

 

上で紹介した料金表は

  • おトク割

を適用した時の料金です。

 

おトク割(2,000円割引)の適用条件は

  • 3年単位の契約(ご利用開始月から37ヵ月間)

となっています。

 

3年後(38ヶ月以降)は『長期間利用割引』が適用され、引き続き2,000円割引されます。3年自動更新という特殊な契約なので大手キャリアの2年縛りより1年も期間が長い3年縛りが適用されており、契約期間中の解約には契約解除料として9,500円が掛かります。

スマホプランS/M/L(音声通話付きのプラン)

 

スマホプランS/M/Lとはデータ通信に加えて090や080、070から始まる携帯番号で電話が掛けられる音声通話付きプランのことです。

 

どのプランを選んでも通話無料サービス『だれとでも10分かけ放題』がオプションなしで利用できます。他社のスマホやケータイ、自宅や会社の固定電話など、どこに掛けても1回あたり10分以内の国内通話がすべて通話料0円で利用できるんです。

 

090や080、070といった携帯電話番号は新規契約でワイモバイルから割り当ててもらうことも可能で、現在利用中の携帯電話番号そのままでMNPを利用して他社からワイモバイルに引き継ぐこともできます。

 

上で紹介した料金表は

  • スマホプラン割引
  • ワンキュッパ割

を適用した時の料金と高速データ通信容量です。

 

スマホプラン割引(1,000円割引)の適用条件は

  • 加入月から25ケ月間
  • ソフトバンクおよびディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクからのMNP転入以外

ワンキュッパ割(1,000円割引)の適用条件は

  • 加入翌月から12ヵ月間

となっています。

 

つまり1年後にワンキュッパ割が切れて月額料金が1,000円加算され、2年後にはスマホプラン割引が切れてさらに月額料金が1,000円加算されます。

 

さらにスマホプラン割引が切れると月々に利用できるデータ容量も

  • スマホプランS:2GB⇒1GB
  • スマホプランM:6GB⇒3GB
  • スマホプランL:14GB⇒7GB

に減ってしまうことからも長期的な運用を検討するなら決して安いプランとはいえません。

 

しかもスマホプランS/M/Lは2年自動更新という契約、いわゆる2年縛りが適用されており、契約期間中の解約には契約解除料として9,500円が掛かります。

 

ただし26ヶ月以上継続利用で新たに『長期間利用割引』で1,000円割引されるので電話をよく掛ける方にとっては『だれとでも10分かけ放題』があるので、非常にお得なプランともいえるでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

料金シミュレーション(比較結果)

 

大手キャリア3社とワイモバイルは同じ条件のプランがないので比較するのが難しいです。

 

そこで『スーパーカケホ』と『スマ放題ライト』のデータ容量2GBとの組合せは、本来NGですが、ここでは共通しているプランとして『5分間かけ放題の2GBプラン』を例に料金シミュレーションを行っていきましょう。

 

まず、大手キャリア(3社共通)の場合は

1,700円+3,500円+300円=5,500円

と計算することができます。

 

一方、ワイモバイルの場合は

スマホプランS=1,980円

となっています。

 

つまり、大手キャリアからワイモバイルへ乗り換えるだけで月々のスマホ代は

5,500-1,980円=3,520円

「半額以下(1,980円)に節約できちゃう!」ということなのです。

 

逆にいえば、1カ月乗り換え遅れる度に3,520円もムダ遣いしているという話です。ただし乗り換えタイミングにはいくつか注意点を考慮する必要があります。

大手キャリアのMNP転出手数料と解約違約金

 

大手キャリア各社は2年縛りの定期契約を行っています。なので2年に一度訪れる契約更新月(2カ月)以外で解約すると高額な解約違約金9,500円を支払わなければなりません。

 

とはいえ、上のシミュレーション結果から考えると

3,520円×3カ月=10,560円

約3カ月で解約違約金より損する計算になります。

 

つまり、あと2カ月以内に更新月がくる方は待った方がお得になりますが、そうでない方は今すぐワイモバイルに乗り換えた方がお得というわけです。

 

ただし大手キャリアのMNP転出手数料は通常であれば3,000円ですが、ソフトバンクの場合は契約後翌々請求月末までは5,000円掛かることを考慮する必要があります。

 

それでも2,000円上乗せされるだけなので

3,520円-2,000円=1,520円

1カ月待つだけで1,520円損する計算です。

 

このことからも『更新月が2カ月以内』なのかが一つの基準(損得の分岐点)になるでしょう。

『スマホプラン診断』と『料金シミュレーション』の活用

 

ここまでは大手キャリアと公平に比較するために同じサービス内容でシミュレーションしてきました。『5分間かけ放題の2GBプラン』自体は一般的なライトユーザーであれば満足いく内容であると考えられます。

 

しかし必ずしもあなたが同じ内容で利用しているとは限りません。そこでオススメするのがワイモバイルが提供している『スマホプラン診断』と『料金シミュレーション』サービスです。

 

スマホプラン診断では、実際にあなたのスマホの使い方に適したプランを設問形式で

 

料金シミュレーションでは、契約に応じた月額料金を選択方式で

・・・

 

それぞれ分かりやすく教えてくれます。なんとも親切なサービスですね。ワイモバイルへ乗り換えを検討している方は、是非ともあなたに合ったプランと月額料金を一度は診断してみると良いでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

まとめ

 

同じ音声通話サービス(5分かけ放題)とデータ容量(2GB)で料金シミュレーションした場合、大手キャリアに比べてワイモバイルの方が3,520円/月安くなる結果(半額以下)となりました。

 

また2年縛りの解約違約金を考慮した場合、契約更新月が2カ月以内(損得の分岐点)でなければ、スグにでもワイモバイルへ乗り換えた方がお得であることが判明しました。

 

各社サービスに違いはあっても、同じサービスでこれだけの料金差があるという事実が一つの基準になることでしょう。

 

さらに今回の料金シミュレーションとは違う契約プランの場合であっても、『スマホプラン診断』と『料金シミュレーション』サービスを利用することで、あなたの使い方にマッチしたプランを知ることができるので、ぜひ一度お試しください。

 

なおワイモバイルが実施中のキャンペーンを利用することで、これら比較結果よりも、さらにお得に乗り換えることが可能となります。特典が受けられる条件をしっかりと確認して、是非ともご活用くださいね。

 

  1. かけ放題 5.0
    通信速度 5.0
    サービス 4.5
    セット端末 4.0
    最安:
    1,980円~(最大2GB)
    人気:
    2,980円
    (最大6GB:スマホプランM)
    データ容量の繰り越し:
    NG
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    NG
    格安SIMの中では通信速度がずば抜けて安定かつ高速。やや高めの料金設定と定期契約が難点だが、キャリアメールや直営ショップ、完全かけ放題など他の格安SIMとは一線を画すサービス力が大きな魅力。最も大手キャリアのサービスに近い格安SIM。

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル