P9 lite、P10 liteと立て続けに大人気ヒット商品を送り出してきたHUAWEIが、新たに後継機となるP20 liteを発売。

そんなHUAWEI P20 liteを大手キャリア並みのサービスで、月々のスマホ代が安くなるワイモバイルで購入して利用したいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

ワイモバイルはHUAWEI P20 liteがセット端末に仲間入り(2018年6月15日発売)して、SIMフリーなのに全国のワイモバイルショップでサポートが受けられる特典付きです。

 

そんなHUAWEI P20 liteとワイモバイルの特徴や相性(メリットと注意点)について詳しく紹介していきます。



HUAWEI P20 liteとワイモバイルの特徴・相性

  1. HUAWEI P20 lite(HUAWEI )の特徴


    公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

    価格:
    45,900円(税込)
    実質負担金:
    13,500円~(税込)
    画面サイズ:
    5.84インチ
    本体サイズ:
    約71.2×148.6×7.4mm
    重量:
    約145g
    カラー:
    クラインブルー/サクラピンク/ミッドナイトブラック
    3万円前後のお値段で、高性能なオクタコアCPUとP10lite(3GB)から20lite(4GB)へ向上した内蔵メモリRAMを搭載。3,000mAの大容量バッテリーと9V/2A急速充電対応。1600万画素+200万画素のダブルレンズカメラ搭載。

HUAWEIのPシリーズは根強い人気を誇る格安スマホの超有名ブランドの一つです。

 

前任機のHUAWEI P10 liteも2017年6月9日発売当時から約1年間、コスパの優れた両機種として不動の人気を誇ってきました。

 

処理性能に大きな影響を及ぼすメモリが2世代前のP9liteでは2GB、1世代前のP10liteでは3GB、そして今回発売されるP20liteでは4GBと、大幅に性能を向上させてきています。

 

もちろん性能だけでなく機能もパワーアップしています。

現在人気沸騰中のnova lite 2と同様にダブルレンズカメラを搭載して一眼レフのようなボケ感も気軽に楽しめます。そのうえnova lite 2では見送られたUSB 2.0 Type-Cにも対応

 

ひと昔前には3万円台で買えるとは考えられなかった程のコストパフォーマンスに驚くばかりです。※ワイモバイルの販売価格45,900円/実質負担金13,500円~(頭金540円+540円×24カ月)

参考HUAWEI P20 liteとnova 3をスペックや機能で徹底比較!

参考HUAWEI P20 liteとnova lite2をスペックや機能で徹底比較!

参考HUAWEI P20 liteとZenFone 5をスペックや機能で徹底比較!

 

ただしワイモバイル版P20liteはデュアルSIMに非対応などの機能制限がある点に注意が必要です。

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のHUAWEIシリーズを見てみる!

ワイモバイルの特徴

プラン 容量 月額料金
データプランS 1GB 1,980円
データプランL 7GB 3,696円
スマホプランS 2GB 1,980円
スマホプランM 6GB 2,980円
スマホプランL 14GB 4,980円

 

ワイモバイルは『モバイルアワード2016』でキャリア(スマートフォン契約の満足度)『総合』部門で『満足度No.1』を獲得しており、2015年度に続いて2年連続の受賞ということでユーザーからの高い評価と人気が伺えます。

 

CMもさることながらその人気の下支えとなっているはソフトバンクの低価格ブランドという立場を上手く利用したサービスと料金プランです。1回10分以内なら何度でも電話かけ放題、通常の格安SIMでは利用できないキャリアメールが使えて、高速で安定した通信速度が出るなど、メリットは盛りだくさんです。

 

一方で他の格安SIMと比較した場合、サービスが豊富なだけに月額基本料金だけで比較すると割高感があります。

 

しかしスマホ本体価格を含めれば話は変わってきます。ワイモバイルのセット販売端末の割引額は他社を圧倒しています。いくら格安SIMを使って月々の利用料金を安くできても、2〜3年で機種変更するたびに数万円の出費は苦しいですからね。

 

大手並みのサービスでスマホ代と月額基本料金をトータルコストで安くしたいなら「ワイモバイルを選べば間違いなし」といえるくらい純粋な格安SIMとは一線を画す格安SIMです。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

ワイモバイルでHUAWEI P20 liteを使うメリット

セット販売端末だからAPN設定が不要

HUAWEI P20 liteはワイモバイルのセット販売端末に含まれています。

 

本来、格安SIMの場合は自社の回線を利用するためにAPNというネットワークの設定をスマホ端末上で行う必要があります。

参考ワイモバイルのAPN設定とは?

 

ところがワイモバイルのセット販売端末の場合は、ワイモバイル側であらかじめAPNがプリセットされた状態で手元に届くので、APN設定情報を作成・入力せずにワイモバイル回線が利用できるのです。

 

格安SIMが初めてで心配の方や煩雑な設定が面倒という方にとっては非常にうれしい特典ですね。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

SIMフリースマホなのに分割購入(24回払い)が可能

4万円以上するHUAWEI P20 liteを一括購入するは、一時的とはいえ出費が辛いですよね。

 

そんな方にオススメなのがワイモバイルのセット販売端末の分割購入です。

ワイモバイルの場合、ほとんどのSIMフリーの格安スマホが一括払いでしか購入できないところ、HUAWEI P20 liteなら特別に分割手数料が無料で24回払いにできるんです。

 

月額基本料金と合算して端末代を支払うことができるので、家計の負担を一気に解消することができるでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

HUAWEI P20 liteでキャリアメールが利用できる

ほとんどの格安SIMが大手キャリアで利用できるキャリアメール(MMS)を使うことができません。

参考格安SIMでキャリアメール(MMS)を使う方法!

 

ところがワイモバイルならYahoo!メールやSMS、Gmailに加えて大手キャリアと同じMMSメールが使えるので、サービスの会員登録時や初期設定で迷惑メールフィルタに引っ掛かるトラブルに巻き込まれないため、安心です。

またY!mobileメールアプリを活用することで、複数のメールアカウントを一元管理できる点も大きなメリットといえるでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

SIMフリースマホなのにワイモバイルショップのサポート付き

 

SIMフリーのスマホはメーカーサポートが一般的です。

 

しかしワイモバイルがセット販売している『HUAWEI P20 lite』は、SIMフリースマホなのに全国のワイモバイルショップでサポートが特別に受けられるんです。

 

全国各地に直営ショップを展開するワイモバイルの強みを活かせる、まさに画期的な格安スマホといえるでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

ワイモバイルでHUAWEI P20 liteを使う際の注意点

SIMフリー版より機能が削減されている

ワイモバイル版やau、UQ版のHUAWEI P20 liteとSIMフリーモデルには通信方式において、仕様の違いがあります。

通信方式

au、UQモデル:
4G LTE&WiMAX 2+

ワイモバイルモデル:
FDD LTE: B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TDD LTE: B41
WCDMA: B1/2/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900MHz

SIMフリーモデル:
FDD LTE:B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TDD LTE:B41
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応
WCDMA:B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数(音声通話のみ)

引用:公式サイト(HUAWEI)

それぞれのキャリアで利用する分には問題ありませんが、仕様上はSIMフリー版以外のモデルは他社回線へ乗り換えた際に対応バンドに問題があり、快適なデータ通信が行えないリスクがあります。

 

またSIMフリー版はデュアルSIMですが、ワイモバイル版やau、UQモバイル版はシングルSIMに制限されています。

 

HUAWEI P20 liteはDSDSではないので複数SIMを利用するユーザーは少ないとは思いますが、間違ってSIMスロット2を使おうとして通信できないといったトラブルに遭遇しないよう、仕様上の違いに注意しましょう。

ソフトバンクからのMNPだと割引額が減る?

HUAWEI P20 liteは容量プラン(S or M/L)によって端末代金の割引額が変わります。

 

さらにソフトバンク系列(ソフトバンクまたはディズニーモバイル・オン・ソフトバンク)からのMNP(番号移行)を行う場合には、月額割引額が540円×24カ月分減ってしまいます。

容量プラン 乗り換え元 割引額(月額)
スマホプランS ソフトバンク 6,480円(270円/月)
ドコモ・au・MVNO 19,440円(810円/月)
スマホプランM/L ソフトバンク
ドコモ・au・MVNO 32,400円(1,350円/月)

 

スマホM/Lプランの場合、新規またはソフトバンク系列以外からのMNPなら実質負担金13,500円(45,900円-32,400円)※で購入できるのに対して、ソフトバンク系列からだと実質負担金26,460円(45,900円-19,440円)となります。

 

そして注意が必要なのがスマホSプランでソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える場合で、実質負担金39,420円(45,900円-6,480円)で、かなり割高になるので注意が必要です。

 

大手ネット通販のAmazonや楽天市場で購入すると31,386円で手に入ります。※2018年6月14日現在

スマホプランSでソフトバンクから乗り換える際は、ワイモバイルのセットプランで購入するメリットを取るか、ネット通販で少しでも安く手に入れるかを考える必要があります。他の格安SIMだとOCNモバイルONEのらくらくセットがお得で人気です。※不定期で期間限定セールを開催!

参考OCNモバイルONEで最新キャンペーン情報!

 

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のHUAWEIシリーズを見てみる!

HUAWEI P20 liteのAPN設定の手順

ワイモバイルのセット端末ではなく別の場所で入手した場合には、端末画面からAPN設定が必要になる場合があります。

  1. まず、スマホの『設定』アイコンを押します。
  2. 設定画面の『モバイルネットワーク』を押して、『モバイルデータ通信』に☑して、『高度な設定』⇒『APN設定』の順に押していきます。
  3. ワイモバイルのネットワーク情報を入力して保存します。
  4. 『APN接続』または『設定を有効にする』に☑します。
ネットワーク名 任意の名前例)ymobile
APN plus.acs.jp
ユーザー名 ym
パスワード ym
MCC 440
MNC 20
認証タイプ CHAP
MMSC http://mms-s
MMSプロキシ andmms.plusacs.ne.jp
MMSポート 8080
APNタイプ default,mms,supl,hipri

なお、上の手順は2018年11月15日時点でのAndroidのネットワーク(APN)設定です。※端末によってAPN設定の項目名が若干異なるケースあり

 

現時点での最新情報(詳細手順)は事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

ワイモバイルに関するHUAWEI P20 liteの感想や口コミ情報

ワイモバイルでHUAWEI P20 liteを使うメリットデメリットのまとめ

3万円台で圧倒的なコスパと大評判の格安スマホHUAWEI P20 liteが、ワイモバイルならセット販売端末として購入できます。

 

セット販売端末のメリットとしてはネットワーク設定(APN設定)が不要で、全国各地に設置しているワイモバイルショップのサポート付きという点が大きいです。

 

ただしワイモバイルの場合、端末代金が元値で45,900円することと、契約するプランによっては割引額が低くなり、大手通販サイトや他社で購入した方が安くなる点に注意が必要です。

またSIMフリー版と比較して、制約を受けている機能があるのでSIMフリー版をセット購入したい方は他のルートで入手することをおすすめします。

参考【HUAWEI P20 lite】最安値の比較一覧!(格安SIM厳選11社)