デザインや主な機能はiPhone Xをベースに、全体的な性能アップで進化したiPhone XS。通信費だけでなく楽天スーパーポイントとの連携で大きな節約効果が期待できる楽天モバイルで利用したいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

iPhone XSは楽天モバイルで問題なく利用できます。

 

ただし楽天回線や他社製品を利用する場合は条件や設定時に注意点もあります。そこでiPhone XSと楽天モバイルの特徴や相性(メリットと注意点)、実際に利用しているユーザーの感想(口コミ・レビュー)について詳しく紹介していきます。

iPhone XSと楽天モバイルの特徴・相性

  1. iPhone XS(Apple)の特徴

    画面サイズ:
    5.8インチ
    本体サイズ:
    70.9×143.6×7.7mm
    重量:
    177g
    カラー:
    シルバー/スペースグレー/ゴールド
    SIMフリーモデルは12万円台から入手可能。iPhone Xと比較して処理性能はチップがA11→A12、RAMが3GB→4GBへと向上。防塵防水性能もIP67→IP68へ進化。内蔵ROMも最大256GB→512GBモデルまで選択可能に。革新的な機能の実装こそないが、全体的にスペックが向上。

AppleのiPhoneシリーズは言わずと知れたスマホの超有名ブランドです。

 

iOSを搭載しており、Androidスマホにはない操作性で、特に日本では今でも根強い人気を誇っています。

 

デザイン(外観)はシリーズで初めてホームボタンが廃止されたiPhone Xとほぼ同じで、指紋認証機能(Touch ID)もなし。

 

全体的にスペックはiPhone Xより高く、時代の最先端をゆくスマホを使いたい高級志向なユーザーにピッタリの機種。

参考iPhone XS(Max)/XRのスペックをiPhone Xと比較!進化した機能や性能とは?

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のiPhone XSを見てみる!

楽天モバイルの特徴

もともと楽天モバイルには、月間データ通信容量と通話オプションを好きな組み合わせで契約できる月額料金プランと、

データSIM
SMS機能 あり なし
ベーシックプラン 645円 525円
3.1GBプラン 1,020円 900円
5GBプラン 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,170円 4,050円
30GBプラン 5,520円 5,450円
通話SIM
ベーシックプラン 1,250円
3.1GBプラン 1,600円
5GBプラン 2,150円
10GBプラン 2,960円
20GBプラン 4,750円
30GBプラン 6,150円

10分かけ放題と1Mbps使い放題がセットになったプラン『スーパーホーダイ』がありました。

 

MVNO時代から楽天モバイルはとても評判が高く、大手キャリアから乗り換える利用者が続々と増えており、後を絶ちません。

 

2017年3月格安SIMサービスの利用動向調査では『メインで利用している格安SIMサービス』でシェアNo.1を獲得しています。

この結果の大きな原動力となっているのが、楽天モバイルが音声通話を安くするオプションや直営ショップでの対面サービスといった、格安SIMの弱点を積極的になくしてきた立役者であることが挙げられます。

 

さらに2020年4月8日からは楽天自社回線(MNO)を用いた正式プラン(Rakuten UN-LIMITプラン)のサービス提供を開始!

なんと楽天回線エリアなら大手キャリア同等の高速な通信速度でデータ使い放題+国内通話かけ放題がたったの2,980円という格安料金で使えちゃうのです。

今後の通信エリアの拡大次第では、固定回線やWiFiサービスの節約まで可能となる画期的な格安SIMといえるでしょう。

楽天モバイルでiPhone XS(Max)を使うメリット

動作保証対象外だがRakuten UN-LIMITで使える?

現状、楽天回線が使える『Rakuten UN-LIMIT』ではiPhone(iOS)シリーズは動作保証されていません。

「Rakuten UN-LIMIT」において、iPhone(iOS)は動作保証対象外となりますので、ご利用はお客様自身のご判断でお願いいたします。

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

ただし、iPhone X以前の機種は使えないと明記されているものの、以降のモデルに関しては明言を避けています。

なお、iPhone X以前のモデルでは動作しないことが確認されています。

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

実際、ネット上ではiPhone XSやiPhone XS Maxで動作確認が取れたという声が、非公式ながらも存在します。

あくまでも自己責任での利用となりますが、せっかくiPhone XSシリーズを持っているのであれば、楽天回線対応端末を買わずに使ってみるのも手かも一つの手かもしれませんね。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

iPhone XSならeSIMでデュアルSIM化が可能

eSIMは一般的な物理SIMとは異なり、製品本体の部品として組み込まれたSIMです。

現状では、公表されている楽天回線でeSIM対応している製品はRakuten Miniのみとなっています。

一方でiPhone XSはRakuten UN-LIMIT動作保証対象外ではありますが、eSIMには対応しています。

実際、ネット上ではeSIMを利用してiPhone XSシリーズでデュアルSIM化できたとう声が、非公式ながらも存在します。

あくまでも自己責任での利用となりますが、せっかくiPhone XSを持っているのであれば、楽天回線対応端末を買わずに使ってみるのも手かも一つの手かもしれませんね。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

ドコモとauのiPhone XS(Max)がそのまま使える

楽天モバイルの旧回線プラン(ドコモ回線とau回線)はマルチキャリアに対応しており、利用回線とスマホのキャリアを合わせればSIMロック解除なしで今でも利用できます。※2020年4月15日時点

  • ドコモ回線プラン:ドコモ版iPhone XS(Max)がSIMロック解除なし利用OK
  • au回線プラン:au版iPhone XS(Max)がSIMロック解除なし利用OK

SIMロック解除条件

  • au回線をご利用の場合、 iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone X , iPhone XS , iPhone XS Max、iPhone XRはSIMロック解除不要です。

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

iPhone XSシリーズと格安SIMはテザリングの相性が良く、USB/WiFiのテザリング機能が利用可能となっています。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

楽天モバイルでiPhone XS(Max)を使う際の注意点

iPhone XSのネットワーク設定の手順

楽天回線(Rakuten UN-LIMIT)の場合:

動作保証外ではあるものの、公式サイト内でiOS端末のネットワーク設定の表記があります。

iOS13.3.1.以降では、音声通話の設定がVoLTEオンとなっている必要があります。

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

『設定』→『通話のオプション』→『音声通話とデータ』の順に進み『LTE,VoLTEオン』にチェックを入れます。

さらに『設定』→『モバイルデータ通信ネットワーク』の順に進み、モバイルデータ通信とインターネット共有の『APN』に『rakuten.jp』を入力することでテザリング機能も利用可能となります。

通信が不安定な場合は機内モードのON/OFFや再起動をすることで、動作が正常に戻ることがあります。

ただし公式サイトで動作確認(動作保証)していない以上、不具合があったり、今後のアップデートで使えなくなったりする可能性は否定はできません。

ドコモ回線/au回線プランの場合:

●楽天回線プラン(Rakuten UN-LIMIT):

≪物理SIMの場合≫

  1. まず『設定』⇒『モバイル通信』⇒『通話オプション』⇒『音声通話とデータ』の順に進みます。
  2. 『LTE, VoLTEオン』を押して『OK』を選択し✔マークが付いていることを確認します。
  3. 次に『設定』⇒『モバイル通信』⇒『モバイルデータ通信ネットワーク』の順に進みます。
  4. 『モバイルデータ通信』と『インターネット共有』にある『APN』設定で『rakuten.jp』を入力します。

≪eSIMの場合≫

  1. 『設定』⇒『モバイル通信』⇒『モバイル通信プランを追加』の順に進みます。
  2. カメラが軌道したら、QRコードを読み取って『モバイル通信プランを追加』ボタンを押します。
  3. アクティベーションが完了したら『副回線』⇒『音声通話とデータ』の順に進みます。
  4. あとは≪物理SIMの場合≫の『手順2』以降と同様に設定します。

 

●旧プラン(ドコモ回線/au回線プラン):

iPhoneのネットワーク設定はAndroidのAPN設定とは異なってプロファイルをインストールするため、別途Wi-Fi環境が必要になる点に注意が必要です。

楽天モバイルの場合は『申込種別』によってインストールするプロファイルが異なるので、間違えないように気を付けましょう。※申込種別はSIMカード台紙またはメンバーズステーション内の『ご契約者さま情報』から確認

APNが「楽天モバイル(rmobile.jp)」の方(申込種別006または007)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/B_voice.mobileconfig
APNが「楽天モバイル(rmobile.co)」(申込種別008または009)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/C_voice.mobileconfig
APNが「楽天モバイル(a.rmobile.jp)」(申込種別010または011)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/au_voice.mobileconfig

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

  1. まず、Safariで申込種別に対応したプロファイルURLへアクセスします。
  2. プロファイルのインストール画面が開くので、『インストール』を押します。
  3. パスコードを入力して警告画面を確認し、『インストール』を押します。
  4. インストールが終わったら『完了』を押します。

 

なお大手キャリアで利用していたiPhoneの場合は、登録されているプロファイルを別途削除する必要があります。

  1. 『設定』⇒『一般』⇒『プロファイル』の順に進みます。
  2. 『プロファイルを削除』を押してパスコードを入力します。
  3. 『削除』ボタンを押します。

 

設定したのに回線がつながらない場合は『音声通話とデータ』または『データ通信』にチェックが入っていることを確認します。

  1. 『設定』⇒『モバイルデータ通信』⇒『通信のオプション』⇒『4Gをオンにする』の順に進みます。
  2. VoLTEを有効にする場合は『音声通話とデータ』、無効にする場合は『データ通信』を選択します。

 

それでもダメな場合は『端末の再起動』と『機内モードON / OFF』を試してみましょう。

 

上で紹介している手順は2018年11月14日時点でのiPhoneのネットワーク設定です。現時点での最新情報や詳細手順は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

楽天モバイルに関するiPhone XSの口コミや感想・評判

楽天モバイルでiPhone XSを使う際のメリット(デメリット)まとめ

デザインや主な機能はiPhone Xをベースに、全体的な性能アップで進化したiPhone XS。楽天モバイルならiPhone XSがドコモ/auプランで動作確認済みなので安心して利用可能です。※テザリングも使用可能

 

2020年4月8日から開始された楽天回線が使い放題となるRakuten UN-LIMITでは動作保証対象外となっています。

ただし、公式サイトではiPhone X以前のモデルは動作しないと公表されているものの、それ以降のモデルに関する情報はなく、ネット上ではiPhone XSシリーズで動作したとの報告が多数存在しています。

あくまでも自己責任での利用となりますが、iPhone XSはeSIMが使えるメリット(デュアルSIM化)もあるので、試してみる価値はあるかもしれませんね。

 

楽天回線を使った新プランは大手キャリアや格安SIMと比較してもライトユーザー以外は圧倒的に月額料金が安くなることもあり、SIMフリー版iPhone XSを購入しても長期スパンでスマホ代が節約できるため、使っているユーザーの口コミや評判は上々です。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル