デザインや主な機能はiPhone Xをベースに、全体的な性能アップで進化したiPhone XS(XS Max)。大手キャリア並みの高速なデータ通信と無料通話サービスで大好評のワイモバイルで利用したいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

iPhone XS(XS Max)はワイモバイルで問題なく利用できます。

 

ただし格安SIMで他社製品を利用する場合はテザリング機能やネットワーク設定など注意点もあります。そこでiPhone XS(XS Max)とワイモバイルの特徴や相性(メリットと注意点)、実際に利用しているユーザーの感想(口コミ・レビュー)について詳しく紹介していきます。

※今ならワイモバイルで『新規・他社からのりかえでSIMカード単体ご契約特別割引!』を開催中!SIMのみ購入がお得(最大14,400円割引)!さらに当サイト経由の申し込みで5,000円還元!

iPhone XS(XS Max)とワイモバイルの特徴・相性

  1. iPhone XS(Apple)の特徴

    画面サイズ:
    5.8インチ
    本体サイズ:
    70.9×143.6×7.7mm
    重量:
    177g
    カラー:
    シルバー/スペースグレー/ゴールド
    SIMフリーモデルは12万円台から入手可能。iPhone Xと比較して処理性能はチップがA11→A12、RAMが3GB→4GBへと向上。防塵防水性能もIP67→IP68へ進化。内蔵ROMも最大256GB→512GBモデルまで選択可能に。革新的な機能の実装こそないが、全体的にスペックが向上。

AppleのiPhoneシリーズは言わずと知れたスマホの超有名ブランドです。

 

iOSを搭載しており、Androidスマホにはない操作性で、特に日本では今でも根強い人気を誇っています。

 

デザイン(外観)はシリーズで初めてホームボタンが廃止されたiPhone Xとほぼ同じで、指紋認証機能(Touch ID)もなし。

 

全体的にスペックはiPhone Xより高く、時代の最先端をゆくスマホを使いたい高級志向なユーザーにピッタリの機種。

参考iPhone XS(Max)/XRのスペックをiPhone Xと比較!進化した機能や性能とは?

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のiPhone XSを見てみる!

ワイモバイルの特徴

プラン 容量 月額料金
データプランS 1GB 1,980円
データプランL 7GB 3,696円
スマホプランS 2GB 1,980円
スマホプランM 6GB 2,980円
スマホプランL 14GB 4,980円

 

ワイモバイルは『モバイルアワード2016』でキャリア(スマートフォン契約の満足度)『総合』部門で『満足度No.1』を獲得しており、2015年度に続いて2年連続の受賞ということでユーザーからの高い評価と人気が伺えます。

 

CMもさることながらその人気の下支えとなっているはソフトバンクの低価格ブランドという立場を上手く利用したサービスと料金プランです。1回10分以内なら何度でも電話かけ放題、通常の格安SIMでは利用できないキャリアメールが使えて、高速で安定した通信速度が出るなど、メリットは盛りだくさんです。

 

一方で他の格安SIMと比較した場合、サービスが豊富なだけに月額基本料金だけで比較すると割高感があります。

 

しかしスマホ本体価格を含めれば話は変わってきます。ワイモバイルのセット販売端末の割引額は他社を圧倒しています。いくら格安SIMを使って月々の利用料金を安くできても、2〜3年で機種変更するたびに数万円の出費は苦しいですからね。

 

大手並みのサービスでスマホ代と月額基本料金をトータルコストで安くしたいなら「ワイモバイルを選べば間違いなし」といえるくらい純粋な格安SIMとは一線を画す格安SIMです。

ワイモバイルでiPhone XS(XS Max)を使うメリット

ワイモバイルではiPhone XS(XS Max)でテザリングが利用できる

少し前までワイモバイル回線ではiPhoneでテザリング機能が使えませんでした。

SIMフリー版iPhoneでワイモバイルのSIMを使用する場合
・テザリングはご利用になれません。
・FaceTimeをご利用の場合、国際SMSによる認証を行うため、料金が高額となる恐れがあります。ご利用の際は十分にご注意ください。

引用元:公式サイト(ワイモバイル)

しかし現在では問題なく利用できるようになっています。

SIMフリー iPhone のテザリングサービス接続性検証を行いました。

2017年5月31日以前にご契約いただきましたお客さまの対応が完了いたしました。
お申込み時期に関わらず利用可能となっております。

引用元:公式サイト(ワイモバイル)

もちろんiPhone XS(XS Max)もテザリングできるので、ご安心ください。

多くのau回線を使った格安SIMがテザリング機能制限(APNロック問題)を受けていることを考えると、ワイモバイルはiPhoneとの相性が良いといえるでしょう。

ワイモバイルでiPhone XS(XS Max)を使う際の注意点

キャリアのiPhone XS(XS Max)はSIMロック解除が必要

ワイモバイルは独自回線を利用しているので、基本的にキャリアのスマホはSIMロック解除が必須になります。

 

iPhone XS(XS Max)のように、2015年5月以降に販売されたスマホはSIMロックは解除することができます。

 

くれぐれもiPhone XS(XS Max)をワイモバイルで利用する場合は事前にSIMロック解除しておくことを忘れないように注意しましょう。

iPhone XS(XS Max)のネットワーク設定の手順

iPhoneのネットワーク設定はAndroidのAPN設定とは異なってプロファイルをインストールするため、別途Wi-Fi環境が必要になる点に注意が必要です。

[iOS]他社が販売するiPhoneをワイモバイルで利用するにはどうしたらいいですか?
ワイモバイルのUSIMカードで他社が販売するiPhoneをご利用いただく場合は、Safariより構成プロファイルをダウンロードしていただく必要があります。

APN設定用の構成プロファイルについてよりダウンロードをしていただけます。

構成プロファイルがダウンロードされると、自動的にAPNが設定されます。

引用元:公式サイト(ワイモバイル)

設定したのに回線がつながらない場合は『音声通話とデータ』または『データ通信』にチェックが入っていることを確認します。

  1. 『設定』⇒『モバイルデータ通信』⇒『通信のオプション』⇒『4Gをオンにする』の順に進みます。
  2. VoLTEを有効にする場合は『音声通話とデータ』、無効にする場合は『データ通信』を選択します。

 

それでもダメな場合は『端末の再起動』と『機内モードON / OFF』を試してみましょう。

 

上で紹介している手順は2018年11月15日時点でのiPhoneのネットワーク設定です。現時点での最新情報や詳細手順は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒ワイモバイル

ワイモバイルに関するiPhone XSの口コミや感想・評判

ワイモバイルでiPhone XSを使う際のメリット(デメリット)まとめ

デザインや主な機能はiPhone Xをベースに、全体的な性能アップで進化したiPhone XSですが、セット販売端末には含まれていませんがSIMフリー版もキャリア版もワイモバイルで使えます。

 

テザリング機能も問題なく利用可能で、公式で動作確認済みなので安心して使えますね。

 

ワイモバイルのiPhone XS(XS Max)ユーザーの口コミは大手キャリアよりワイモバイルで運用した方が安上がりになると評価は上々です。一方でSIMカードに関するトラブルも見受けられます。

※ワイモバイルで購入したiPhoneで利用していたSIMカードを 他社・SIMフリー端末に挿して利用はできません。

※他社・SIMフリーのiPhoneを利用される場合はUSIM単体契約が必要です。

引用元:公式サイト(ワイモバイル)

もともとiPhoneを使っていたユーザーは非常に間違えやすい部分なので、SIMのみの契約が必要になる点に、くれぐれも気を付けてください。

※今ならワイモバイルで『新規・他社からのりかえでSIMカード単体ご契約特別割引!』を開催中!SIMのみ購入がお得(最大14,400円割引)!さらに当サイト経由の申し込みで5,000円還元!