ソフトバンクから格安SIMへ乗り換える場合、MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)を利用することで、今使っている090や080、070から始まる携帯電話番号をそのまま引き継いで使うことができます。

 

ただしソフトバンクでは

  • 2年定期契約(解約違約金9,500円)
  • MNP転出手数料3,000円~5,000円

など、MNPを利用して乗り換える場合、いくつか注意すべきポイントがあります。

 

また、事前に準備しておかないと

worrier

そもそも契約ができなかった…

worrier

契約できたけどスマホが使えなかった…

などのトラブルに遭遇してしまいます。

 

そこでソフトバンクからMNP予約番号を取得する前の準備~取得する方法・手順について、注意点を交えながら詳しく解説していきます。

大まかな流れ

 

ソフトバンクから格安SIMへMNPを使って乗り換えるために必要な、大まかな手順は以下の通りです。

 

  1. 手順1. 事前準備

    ソフトバンクで名義変更(確認)やSIMロック解除を済ませておきます。

  2. 手順2. MNP予約番号を取得

    ソフトバンクからMNP予約番号を取得します。

  3. 格安SIMの公式サイトへ移動して、MNP予約番号を入力して契約します。

 

ざっと流れが頭に入ったところで、実際に手順1の詳細から順を追ってみていきましょう。

 

なお、転入先の格安SIMによって

  • MNP予約番号の必要な有効期限
  • SoftBank版スマホの継続利用

などMNPの注意点や条件が異なってきます。

 

すでに乗り換え先の格安SIMが決まっている場合は、こちらでMNP転出~転入するまでの詳しい手順や注意点を解説しているので、是非とも参考にしてみてください。

 

 

手順1. 事前準備

契約者名義は同一にしておく

 

ソフトバンクからMNP予約番号を取得して、いざ契約しようとしたら

worrier

契約者名義が違っていて契約できなかった

という事例が格安SIMサービスを展開するmineoで急増しているそうです。

MNPお申し込みの際に、「契約名義間違い」にてお申し込みがお受けできないケースが多数発生しております。

引用元:公式サイト(mineo)

たとえば『ソフトバンクの時には親の名義で契約していたけど、格安SIMでは自分の名義で契約する』なんてケースが該当します。

 

そんな場合は、まずソフトバンクショップで名義変更を行ってから、MNP予約番号を取得するようにしましょう。

 

ソフトバンクの名義変更には契約事務手数料として3,000円掛かりますが、家族割引を継続したまま名義変更する場合は無料です。請求先名義だけ変更することも無料でできてしまうので、支払いを自分がしているからといって間違えて、契約者が家族のままMNPしないように注意しましょう。

 

基本的には当事者の2人で手続きへ行く必要があります。

ソフトバンクショップでお手続きいたします。現在のご契約者さま(Aさん)と、新たにご契約者となられる方(Bさん)のお二人でご来店をお願いいたします。

引用元:公式サイト(ソフトバンク)

ただし委任状(Aさん)と両者の本人確認書類があれば一人(Bさん)で行うことも可能です。申し込み印と運転免許証やパスポートなどの本人確認書類(コピーでも可)を持参しましょう。

 

格安SIMによってはSIMロック解除が必要

 

格安SIMは主にドコモ回線を借りているため、ソフトバンクから乗り換える場合は、基本的にスマホをそのまま利用することはできません。SIMロックを解除する必要があります。

 

2015年5月以降に発売されたスマホであれば、基本的にSIMロックは解除できますが『機種購入日から181日⇒101日目以降』という条件があります。

対象となるお客さま 変更後の受付条件 変更実施日
分割払いで機種をご購入いただいたお客さま※1 機種購入日から101日目以降より手続きが可能※2 2017年8月1日(火)
一括払いで機種をご購入いただいたお客さま※1※3 一括払いの支払確認後より手続きが可能※4 2017年12月1日(金)

引用元:公式サイト(ソフトバンク)

⇒総務省の『SIMロック解除に関するガイドライン』の見直しにより、以前の181日目以降→101日目以降へSIMロック解除できるまでの期間が短縮されています。(2017年12月1日からは一括払いで機種を購入した場合、支払い確認後すぐにSIMロックを解除可能)

 

他にもソフトバンクショップで解除する場合は、SIMロック解除手数料が3,000円掛かり、契約者本人である必要があります。

 

万が一ソフトバンクを解約した後にSIMロックを解除したくなった場合も、解約から90日以内であればソフトバンクショップでSIMロック解除を行うことができるのでご安心ください。

 

ただしなるべくインターネット(My SoftBank)から解除する方が手数料がお得(無料)なのでオススメです。

 

2年縛りの契約更新月(2カ月間)

 

ソフトバンクの契約には2種類のプランがあります。

2年契約

  • 2年定期契約(更新月の2カ月間は違約金なし)
  • 違約金:9,500円

フリープラン

  • 違約金なし(最低利用期間の2年以内の解約は9,500円)
  • 『2年契約』の月額基本料金+300円

 

2016年まではいわゆる『2年縛り』と呼ばれている、2年に一度だけ訪れる契約更新月の1カ月間しか、違約金なしで解約することはできませんでした。

 

この『2年縛り』を問題視した総務省の働きかけに応じたソフトバンクは、契約更新月を2カ月に増やして『2年縛り』のないフリープランも用意しています。

 

つまり2年に一度訪れる契約更新月以外にも、事前にフリープランに乗り換えておくことで好きなタイミングで格安SIMへ乗り換えても、9,500円という高額な解約違約金を免れる方法があります。

 

ただしフリープランは2年縛りの2年契約プランと比べて、月額料金が300円高いプランになっています。しかも最低利用期間が2年なので最低でも7,200円はムダな出費が発生して、その後8カ月以内に解約しなければ月額料金の総額が高額な解約違約金の9,500円より多くなってしまいます。

 

そもそもソフトバンクから格安SIMへ乗り換えれば、同じ条件のプランで料金を比較した場合、2~3カ月で解約違約金9,500円以上の節約ができるんです。

月額5,500円が月額1,980円(半額以下)に!?

参考ソフトバンクとワイモバイルの料金プランを比較

 

なのでなるべく更新月で乗り換える努力をして、どうしても更新月に乗り換えられない場合はフリープランを選択するのではなく、解約違約金を支払ってでも格安SIMへ乗り換えた方がよっぽどお得になるでしょう。

 

手順2. MNP予約番号を取得

 

事前準備が完了したら、いよいよMNP予約番号の取得です。

 

MNPを利用して他社に乗り換える場合は、現在契約している携帯電話会社(ソフトバンク)から携帯電話番号や契約者などが紐づいているMNP予約番号を発行してもらい、その情報をもとに乗り換え先の携帯電話会社(格安SIM)でMNP転入手続きを行います。

 

そうすることでソフトバンクで使っていた電話番号が、そのまま格安SIMでも利用できるというわけです。

 

MNP予約番号を取得する方法は電話とインターネット(WEB)それから店舗があります。

MNP予約番号の入手先

携帯:
*5533
固定電話:
0800-100-5533
WEB:
My SoftBank
店頭:
ソフトバンクショップ

ただしスマホを利用している方はWEBからの取得はできませんのでご注意ください。

 

電話の受付時間は9時〜20時、WEBの受付時間は9時〜21時半、店頭の受付時間は店舗によって異なります。取得したMNP予約番号はSMSで送られてきます。

 

MNP予約番号を取る際は

  • 3,000円のMNP転出手数料
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう。

 

ただし契約後翌々請求月末まではMNP転出手数料が5,000円掛かることに注意しましょう。

 

また格安SIMによって契約に必要な残りの有効期限が異なります。

○ MNPをご利用の場合、MNP予約番号が必要です。MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている状態でのお申し込みをお願いいたします。

引用元:公式サイト(mineo)

弊社オンラインショップでお申し込みの場合、MNP予約番号の取得日から2日以内にお申し込みください。

引用元:公式サイト(UQモバイル)

MNPの有効期限が15日あるからといって、格安SIMへの契約手続きを先延ばしにしないよう気をつけましょう。

 

まとめ

 

MNPを利用して電話番号そのままでソフトバンクから格安SIMへ乗り換える場合、契約者名義を統一する必要があります。

 

現状、格安SIMの音声通話機能付きプランへ乗り換えて、ソフトバンクのスマホを利用する場合には、事前にSIMロック解除をしておかないと使えません。

 

2年契約(いわゆる2年縛り)の更新月は2年に一度(2カ月間)あり、契約期間中の解約違約金は9,500円掛かります。なお高額な解約違約金を支払いたくないという理由で、事前に『フリープラン』へ乗り換えるのはオススメできません。

 

なぜなら2年縛りがある『2年契約』と比較して月々300円も割高になるうえに、最低利用期間が2年もあるのでほとんど利用価値がないからです。それなら解約違約金を支払ってでもなるべく早めに格安SIMへ乗り換えましょう。

 

MNP予約番号を取得するのは簡単ですが

  • 3,000円のMNP転出手数料(契約月から6カ月以内は6,000円)
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう。

 

いざ契約するときに不備があってMNP予約番号を取得し直したい場合は、15日間待たなければ再度発行してもらえません。

 

事前準備をしっかりと行って少しでも無駄な出費と時間を減らすようにしましょう。

 

なお、格安SIMのMNP転入手順や注意点はこちらで詳しく解説しています。

 

ドコモ回線が使える人気の格安SIM:

参考『OCNモバイルONE』へMNP転入する方法
参考『IIJmio』へMNP転入する方法

au回線が使える人気の格安SIM:

参考『UQモバイル』へMNP転入する方法

ソフトバンク回線が使える人気の格安SIM:

参考『ワイモバイル』へMNP転入する方法

 

是非ともご参考にしてみてください。