デザインや主な機能はiPhone Xをベースに、全体的な性能アップで進化したiPhone XR。ドコモと同じNTTグループで安心感バツグンのOCNモバイルONEで利用したいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

iPhone XRはOCNモバイルONEで問題なく利用できます。

 

ただし他社製品を利用する場合はネットワーク設定など注意点もあります。そこでiPhone XRとOCNモバイルONEの特徴や相性(メリットと注意点)、実際に利用しているユーザーの感想(口コミ・レビュー)について詳しく紹介していきます。

OCNモバイルONE/OCN光

iPhone XRとOCNモバイルONEの特徴・相性

  1. iPhone XR(Apple)の特徴

    画面サイズ:
    6.1インチ
    本体サイズ:
    75.7×150.9×8.3mm
    重量:
    194g
    カラー:
    ホワイト/ブラック/イエロー/ブルー/コーラル/レッド
    SIMフリーモデルは9万円台から入手可能。iPhone Xと比較して処理性能はチップがA11→A12、RAMが3GB→4GBへと向上。内蔵ROMは64GBと256GBの間128GBモデルが選択可能に。革新的な機能の実装こそないが、全体的にスペックが向上。iPhoneシリーズには珍しい6色のカラーバリエーションが大きな魅力。

AppleのiPhoneシリーズは言わずと知れたスマホの超有名ブランドです。

 

iOSを搭載しており、Androidスマホにはない操作性で、特に日本では今でも根強い人気を誇っています。

 

デザイン(外観)はシリーズで初めてホームボタンが廃止されたiPhone Xとほぼ同じで、指紋認証機能(Touch ID)もなし。

 

全体的にスペックはiPhone Xより高くiPhone XSより安価で、iPhone 5C以来となる豊富なカラーバリエーションが魅力。

参考iPhone XS(Max)/XRのスペックをiPhone Xと比較!進化した機能や性能とは?

 

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のiPhone XRを見てみる!

OCNモバイルONEの特徴

日単位コース データ通信専用 SMS対応 音声対応
110MB 900円 1,020円 1,600円
170MB 1,380円 1,500円 2,080円
月単位コース データ通信専用 SMS対応 音声対応
3GB 1,100円 1,220円 1,800円
6GB 1,450円 1,570円 2,150円
10GB 2,300円 2,420円 3,000円
20GB 4,150円 4,270円 4,850円
30GB 6,050円 6,170円 6,750円
15GB(500Kbps) 1,800円 1,920円 2,500円

 

長年持続している格安SIMの高いシェアが物語っている通り、ドコモと同じNTTグループという絶対的な安心感がOCNモバイルONEにはあります。

 

使用できるデータ容量が月単位だけでなく日単位の契約プランがあったり、支払い方法に口座振替が選べるなど、他社との差別化ポイントもたくさんあります。

 

他にも10分かけ放題サービスやIP電話として有名な『050plus』など、格安SIMの弱点といわれている通話料金を安く抑える仕組みにも強い点も大きな特徴です。

OCNモバイルONEでiPhone XRを使うメリット

ドコモ回線なのでiPhone XRでテザリングが使える

まだ発売されたばかりということもあり、公式で動作確認済みのiPhone XRはSIMフリー版のみですが、iPhone XRで正常に動作することが確認されてます。

 

またOCNモバイルONEならiPhone XRでテザリング機能を利用することも可能です。

なお大手キャリアとは違って、OCNモバイルONEではテザリング機能に対する月額料金は掛かりません。

 

公式サイトはこちら⇒OCNモバイルONE

スマホセットじゃなくても端末補償に加入できる

OCNモバイルONEには2つの端末補償『あんしん補償』『グーの端末補償』があります。

参考OCNモバイルONEのあんしん補償とグーの端末補償の違いとは?

グーの端末補償はスマホセットじゃないと加入できませんが、あんしん補償はOCNモバイルONEへiPhone XRを持ち込んでも加入できるんです。

 

月々の掛け金500円で最大5万円(年2回まで)まで修理費用が補償されます。※状態によっては代替機との交換

iPhone XRは高価なスマホです。不安な方はトラブル時に備えて『あんしん補償』に加入しておくのも一つの手でしょう。

 

公式サイトはこちら⇒OCNモバイルONE

OCNモバイルONEでiPhone XRを使う際の注意点

キャリア版iPhone XRの動作確認の対応が遅い

iPhone XRがまだ発売されたばかりとはいえ、OCNモバイルONEは動作確認済み端末の情報公開がやや遅めです。

 

大手キャリアからの乗り換え需要がまだまだ多い格安SIMなので、保証ではないにしても動作確認結果を素早くアナウンスすることは安心して利用する上で重要です。

 

現時点(2018年12月2日)でキャリア版iPhone XRが動作確認済みであることを公表している格安SIMもたくさんあります。

 

ドコモと同じNTTグループということもあって最新機種で格安SIMへ乗り換えることへの抵抗もあるのかもしれませんが、ユーザーに対しては不親切と言わざるを得ないでしょう。

iPhone XRのネットワーク設定の手順

iPhoneのネットワーク設定はAndroidのAPN設定とは異なってプロファイルをインストールするため、別途Wi-Fi環境が必要になる点に注意が必要です。

  1. まず、Safariで『http://s.ocn.jp/ltecfg』へアクセスします。
  2. プロファイルのインストール画面が開くので、『インストール』を押します。
  3. 『承諾』画面が表示されたら『次へ』を押します。
  4. 『警告』画面が表示されたら『インストール』を押します。
  5. インストールが終わったら『完了』を押します。

 

なお大手キャリアで利用していたiPhoneの場合は、登録されているプロファイルを別途削除する必要があります。

  1. 『設定』⇒『一般』⇒『プロファイル』の順に進みます。
  2. 『プロファイルを削除』を押してパスコードを入力します。
  3. 『削除』ボタンを押します。

 

設定したのに回線がつながらない場合は『音声通話とデータ』または『データ通信』にチェックが入っていることを確認します。

  1. 『設定』⇒『モバイルデータ通信』⇒『通信のオプション』⇒『4Gをオンにする』の順に進みます。
  2. VoLTEを有効にする場合は『音声通話とデータ』、無効にする場合は『データ通信』を選択します。

 

それでもダメな場合は『端末の再起動』と『機内モードON / OFF』を試してみましょう。

 

上で紹介している手順は2018年11月15日時点でのiPhoneのネットワーク設定です。現時点での最新情報や詳細手順は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒OCNモバイルONE

OCNモバイルONEでiPhone XRを使う際のメリット(デメリット)まとめ

デザインや主な機能はiPhone Xをベースに、全体的な性能アップで進化したiPhone XRですが、OCNモバイルONEならiPhone XRが利用可能です。※テザリングもOK

 

ただし現時点(2018年12月2日)で動作確認済みiPhone XRはSIMフリー版のみです。

iPhone XRは対応バンドが豊富なので問題ないとは思いますが、キャリア版(ドコモ/au/ソフトバンク)の動作確認が取れていない点に注意が必要です。

 

iPhone XSより安価とはいえ、iPhone XRは9万円以上するため決して安くありません。

OCNモバイルONEなら持ち込み端末にもオプションで端末補償が掛けられるので、故障やトラブル時のサポートが不安な方も安心して利用できることでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒OCNモバイルONE

 

なおOCNモバイルONEがセット販売しているスマホは良機種揃いで特典も豊富です。他社のスマホを使うことに不安を抱いている方はスマホをセット購入して安心を買ってしまうのも一つの手ですね。

参考OCNモバイルONEのキャンペーン・セール情報

参考OCNモバイルONEのおすすめセット販売スマホ