mineo(マイネオ)

OCNモバイルONE/OCN光

格安SIMで大人気のmineoとOCNモバイルONE。

 

どちらも魅力的なサービスを展開しており、選ぶのが難しいとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

mineoはドコモだけでなく、au回線も利用できるためauのスマホがそのまま使える点や、解約しやすいので初心者の方でも安心して使うことができる格安SIMです。

 

一方、OCNモバイルONEはCMでの認知度、ドコモと同じNTTグループという安心感や名義変更、口座振替に対応するサービス力で高いシェアを誇る老舗の格安SIMです。

 

そんな両格安SIMの月額料金や通信速度、サービス内容に対して比較して「どんな使い方ならどっちがオススメなのか?」が分かるように詳しく解説していきます。

mineo(マイネオ)の特徴

データ容量 シングル デュアル
共通 A(au) D(ドコモ)
500MB 700円 1,310円 1,400円
1GB 800円 1,410円 1,500円
3GB 900円 1,510円 1,600円
6GB※ 1,580円 2,190円 2,280円
10GB 2,520円 3,130円 3,220円
20GB※ 3,980円 4,590円 4,680円
30GB※ 5,900円 6,510円 6,600円

※2017年6月1日~:月額料金そのままでデータ使用量の上限アップ(5GB⇒6GB)。新たに20GBと30GBが追加
※2018年9月3日~:データ容量1GBプラン廃止

データ容量 シングル デュアル
S(ソフトバンク)
500MB 790円 1,750円
3GB 990円 1,950円
6GB※ 1,670円 2,630円
10GB 2,610円 3,570円
20GB※ 4,070円 5,030円
30GB※ 5,990円 6,950円

※2018年9月4日~:ソフトバンク回線を使ったSプランの提供開始

 

ドコモとau、ソフトバンクの3回線が使えるメリットは絶大で、他の格安SIMと比較して圧倒的に通信エリアが広く、扱えるスマホ端末の機種数が豊富なところが魅力です。

 

mineoの2016年の評判は、価格ドットコムの『格安SIM部門の満足度ランキング』で第1位、MM総研の調査結果で『満足度』で第1位を獲るなど、非常に良好でユーザーからの信頼も厚いです。

 

その信頼を支えているのが、コミュニティサイト(マイネ王)や運営側のお客様目線の対応です。

 

速度低下に応じてネットワークの設備強化を行ったり、一早くiOSの新バージョン対応と情報展開を行ったり、ユーザーの声をしっかりとサービスに反映している部分は大手キャリアや他の格安SIMにも見習ってほしいくらいですね。

 

どの格安SIMサービスを選んだら良いかわからない場合は、「mineoを選べば間違いなし」といえるくらい一押しです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

OCNモバイルONEの特徴

日単位コース データ通信専用 SMS対応 音声対応
110MB 900円 1,020円 1,600円
170MB 1,380円 1,500円 2,080円
月単位コース データ通信専用 SMS対応 音声対応
3GB 1,100円 1,220円 1,800円
6GB 1,450円 1,570円 2,150円
10GB 2,300円 2,420円 3,000円
20GB 4,150円 4,270円 4,850円
30GB 6,050円 6,170円 6,750円
15GB(500Kbps) 1,800円 1,920円 2,500円

長年持続している格安SIMの高いシェアが物語っている通り、ドコモと同じNTTグループという絶対的な安心感がOCNモバイルONEにはあります。

使用できるデータ容量が月単位だけでなく日単位の契約プランがあったり、支払い方法に口座振替が選べたりと、他社との差別化ポイントがたくさんあります。

そんな中でもトップ3かけ放題オプションやスマホセット(らくらくセット)は他社を圧倒するサービス内容を誇っており、OCNモバイルONEの根強い人気を支えています。

 

ただでさえ他社と比べて割安なOCNモバイルONEのスマホセットですが、期間限定で開催する大特価セールは破格なので、乗り換えタイミングさえ合えば必見です。

 

公式サイトはこちら⇒OCN モバイル ONE

mineoがおすすめなユーザーとは?

通信速度や通信エリアを重視

 

OCNモバイルONEはドコモ回線を利用しています。

 

一方、mineoはマルチキャリア対応しており、ドコモとauの両回線が利用できます。

大手キャリアと同じLTE回線を利用するため、最大通信速度はドコモ回線の場合はXi(クロッシィ)相当(受信最大225Mbps、送信最大50Mbps)、au回線の場合は4G LTE相当(受信最大225Mbps、送信最大25Mbps)です。

 

通信エリアも同じなので繋がりやすいです。

 

多くの格安SIMがドコモ回線を利用してサービスを展開しているため、比較的au回線を利用した格安SIMの方が混雑せず、通信速度が速い傾向があります。

参考通信速度が速い格安SIM

 

またmineoはドコモとauの電波が使えるので通信エリアの不満を解決したい場合も非常におすすめです。

 

mineoは2014年度から格安SIMサービスを開始しており、シェアも常に上位をキープしており、通信速度の口コミや評判も良好なので、持続的に安心して利用できる点でもmineoがおすすめです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

格安SIMが不安な初心者

 

格安SIMは大手キャリアと比較して、月額料金が大幅に安くなることで有名です。

参考mineoの料金シミュレーション

参考OCNモバイルONEの料金シミュレーション

 

その一方で安くなる分、通信速度やサービス内容に違いが出てくるので、スマホの使い方によってはストレスを感じる方もいるのが現実。

 

mineoは音声通話付きSIMのプランを契約しても、最低利用期間がないので解約違約金が掛かからない特徴があります。

参考解約ルールが厳しくない格安SIM

 

実際に試してみて、ダメなら解約すればOK、良ければそのまま乗り換えてしまうという出口戦略が立てられるmineoの方が初心者にはリスクが少なくておすすめです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

他社のスマホで乗り換える

 

格安スマホとはいえ、1~3万円程度のスマホ代は大きな出費ですよね。

 

mineoはドコモとauの両回線を利用したプランが利用できるため、OCNモバイルONEと比較して圧倒的に動作確認済みのスマホが多い特徴があります。

参考mineoで使えるXperiaと注意点・・・30機種

参考OCNモバイルONEで使えるXperiaと注意点・・・20機種

 

特に、auのスマホを使っている方はドコモ系の格安SIMでは対応バンドの関係で利用できないことも多いですし、Androidスマホの場合はmineoのauプランならテザリングが利用できるメリットもあります。

 

今使っているスマホや中古で安く購入した他社のスマホで乗り換える場合は、mineoを選択した方が良いでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

月額料金を少しでも安くしたい

データ通信専用プランを比較(mineo A/Dプラン共通)

データ容量 mineo OCNモバイルONE
500MB 700円
1GB 800円
3GB 900円 1,100円
5GB 1,580円
6GB  – 1,450円
10GB 2,520円 2,300円
20GB 3,980円 4,150円
30GB 5,900円 6,050円

※安い方をで記載

音声通話機能付きプランを比較(mineo Dプラン)

データ容量 mineo OCNモバイルONE
500MB 1,400円
1GB 1,500円
3GB 1,600円 1,800円
5GB 2,280円
6GB  – 2,150円
10GB 3,220円 3,000円
20GB 4,680円 4,850円
30GB 6,600円 6,750円

※安い方をで記載

音声通話機能付きプランを比較(mineo Aプラン)

データ容量 mineo OCNモバイルONE
500MB 1,310円
1GB 1,410円
3GB 1,510円 1,800円
5GB 2,190円
6GB  – 2,150円
10GB 3,130円 3,000円
20GB 4,590円 4,850円
30GB 6,510円 6,750円

※安い方をで記載

 

全体的にmineoの方が月額料金を安く抑えることができるのでオススメです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

 

ただし5~10GBの中間の容量プランではOCNモバイルONEの方が安いです。

 

たとえば、同じ容量ではありませんが、mineoの5GBとOCNモバイルONEの6GBの月額料金を比較すると、OCNモバイルONEの方が1GBも多くデータ容量が使えるのに月々40円~130円安くなっています。

 

公式サイトはこちら⇒OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEがおすすめなユーザーとは?

電話を頻繁にかける

 

OCNモバイルONEもmineoも格安SIMの弱点と言われてきた電話料金が節約できるオプションを用意しています。

 

音声通話の割引オプションとしてmineoには、

  • 通話定額30:月額840円
  • 通話定額60:月額1,680円
  • 10分かけ放題サービス:月額850円※10分以降10円/30秒

⇒2017年10月1日~:料金そのままで通話無料時間が従来の5分から10分へと拡大しました。

OCNモバイルONEには、

  • 10分かけ放題:月額850円※10分以降10円/30秒
  • トップ3かけ放題:月額850円
  • かけ放題ダブル:月額1,300円

があります。

 

MMD研究所によれば1日の通話時間は66.1%の方が月に5分未満と回答しています。

「1分未満」が32.5%と最も多く、次いで「1分以上3分未満」が20.6%、「3分以上5分未満」が13.0%

引用元:MMD研究所

 

つまりほとんどのケースで、mineoの5分かけ放題サービスでも問題ありませんが、OCNモバイルONEの方が同じ料金で2倍の10分かけ放題が利用できるのでお得です。

⇒mineoもOCNモバイルONEと同額で10分かけ放題を開始したため、差はなくなりました。

 

頻繁に電話しないけど、たまに10分を超えて長い時間通話することがある方は月に30~60分まで連続で無料通話できるmineoの通話定額がオススメです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

 

また特定の相手に頻繁に電話している方には、3人まで完全かけ放題となるトップ3かけ放題やかけ放題ダブルがオススメです。

 

公式サイトはこちら⇒OCN モバイル ONE

格安スマホへお得に乗り換えたい

 

2017年7月24日現在、mineoがセット販売しているスマホは9種類です。

  1. arrows M04
  2. HUAWEI P10
  3. HUAWEI nova lite
  4. HUAWEI nova
  5. HUAWEI P9 lite
  6. Zenfone 3
  7. Zenfone 3 Laser
  8. Zenfone Go
  9. arrows M03

 

一方、OCNモバイルONEがセット販売しているスマホは15種類です。

  1. gooのスマホ g07
  2. gooのスマホ g07+
  3. HUAWEI P10
  4. HUAWEI P10 lite
  5. HUAWEI P9
  6. VAIO Phone A
  7. Fleaz Que
  8. HUAWEI nova lite
  9. Zenfone 3 Deluxe (ZS550KL)
  10. Zenfone 3 Deluxe (ZS570KL)
  11. Zenfone 3 Ultra (ZU680KL)
  12. Zenfone 3 Max (ZC520TL)
  13. Zenfone 3 Max (ZC553KL)
  14. Zenfone 3 (ZE520KL)
  15. Zenfone 3 (ZE552KL)

 

両者が扱っている3種類のスマホの料金を比較した結果がこちらの表になります。(2017年7月24日時点)

機種 mine OCNモバイルONE
HUAWEI P10 59,400円 52,800円
HUAWEI nova lite 19,800円 16,800円
Zenfone 3 39,600円 34,800円

※安い方をで記載

 

比較できる全ての機種でOCNモバイルONEの方が安いです。

 

ただしOCNモバイルONEでは一括購入しかできない機種や、分割払いできても手数料が割高だったりとスマホを購入するための条件がやや複雑なので注意が必要です。

 

公式サイトはこちら⇒OCN モバイル ONE

名義変更の可能性がある

 

大手キャリアなら当たり前にできる名義変更ですが、格安SIMで対応している会社はmineoに限らず、意外にもほとんどありません。

 

自己都合により第三者に譲渡する場合はOCN契約1契約につき、手数料864円(税込)が必要ですが、名義変更できるので、子供の契約やMNPを利用するときなど非常に便利です。

 

公式サイトはこちら⇒OCN モバイル ONE

支払い方法を口座振替にしたい

 

格安SIM業界では最低限の支払い能力の証明として、利用料金はクレジットカード払いしかできないところがほとんどです。

 

mineoはeo光ネットを預金口座振替で利用中の一部ユーザーのみ口座振替も可能ですが、基本的にクレジットカード払いのみです。

 

ところがワイモバイルとOCNモバイルONEではクレジットカード以外に口座振替を選択できるのです。

 

クレジットカードに抵抗感がある方や、そもそも持っていない方にはどちらもおすすめの格安SIMといえるでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒OCN モバイル ONE

まとめ

 

どちらもシェアが高い人気の格安SIMだけあって甲乙つけがたいです。

 

mineoはドコモだけでなく、au回線も利用できるためauのスマホがそのまま使える点や、解約しやすいので初心者の方でも安心して使うことができる格安SIMです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

 

一方、OCNモバイルONEはCMでの認知度、ドコモと同じNTTグループという安心感や名義変更、口座振替に対応するサービス力で高いシェアを誇る老舗の格安SIMです。

 

公式サイトはこちら⇒OCN モバイル ONE

 

是非とも両サービスの特徴をしっかりと踏まえて、自分の使い方にマッチした最高の格安SIMをゲットしてください。

 

なお乗り換えを検討の方はこちらもご参考にしてみてください。

参考mineoからOCNモバイルONEへMNPする方法

参考OCNモバイルONEからmineoへMNPする方法