スマホの高機能・高性能化に伴い、ただ安いだけの格安スマホから、最近ではハイスペックな高級機種にもSIMフリー端末は人気が広がっています。

そんな中、格安SIMのOCNモバイルONEでスマホを利用していくにあたり、

worrier

万が一のトラブル時の端末補償が気になる…

という悩みの声も多く挙がるようになってきています。

OCNモバイルONEは格安SIMにも関わらず、端末サポート体制にも積極的に力を入れており、なんと2種類の端末補償を用意しているのです。

そこでOCNモバイルONEの2つの端末補償『あんしん補償』『グーの端末補償』の特徴や違いについて詳しく解説していきます。

OCNモバイルONE/OCN光

OCNモバイルONEのあんしん補償とグーの端末補償の比較一覧

あんしん補償 グーの端末補償
補償対象 国内販売の端末 スマホセットの端末
補償の範囲 自然故障、破損、落下、水漏れなど
補償方法 修理または代替品
補償期間 発売日から36カ月間
補償回数 2回/年
月額料金 500円 340円~430円
スマートフォン 430円
タブレット 410円
ルータ 340円
補償上限金額 5万円 2.2万円~4万円
スマートフォン 4万円
タブレット
ルータ 2.2万円
申込条件 特になし 端末購入と同時
受付時間 10時~18時(365日)

OCNモバイルONEのあんしん補償のおすすめポイント

スマホセットだけでなく持ち込み端末も加入できる

あんしん補償とグーの端末補償と比べた際に、一番大きな違いとなるのが持ち込み端末への適用の有無です。

またグーの端末補償はスマホセット(旧らくらくセット)を契約した際に同時に申し込む必要がありますが、OCNモバイルONEのあんしん補償は契約した際に申し込む必要はなく、途中からいつでも加入できるのです。

ただし、補償開始日は『本サービスのお申し込み日の10日後を含む月の翌月1日から』と定められています。いつでも入れるからといって先延ばしにして、故障してから加入するようなことがないよう注意しましょう。

あんしん補償の補償上限金額が最大5万円まで

グーの端末補償はルーターだと22,000円、スマホだと40,000円が補償上限です。一方、あんしん補償の場合は端末に関係なく、50,000円まで補償されるので購入な機種で補償を受けたい場合にはおすすめといえるでしょう。

ただし修理ではなく、交換が必要と判断された場合、OCNモバイルONE指定の代替機との交換となります。

  1. ZenFone Max Plus (M1)(ZB570TL)
  2. ZenFone 4 Max (ZC520KL)
  3. FREETEL Priori 5 (FTJ17C00)
  4. FREETEL 雷神 (FTJ162E-RAIJIN-)

※2018年5月7日時点のラインナップ

 

どれもネット通販で2万円前後で購入可能な機種なので、高級な機種で加入していた場合には、あまりお得とはいえません。比較的安い機種を使っているユーザー向けのサービスといえるでしょう。

さらに端末の交換は12カ月間で2回までと定められており、交換代金として1回目に4,000円、2回目に8,000円掛かります。※言い換えると、たったの4,000円で2万円程度のスマホに交換可能

gooSimsellerのグーの端末補償のおすすめポイント

グーの端末補償は月々の掛け金が割安(コスパが良い)

補償上限金額でこそ、あんしん補償に劣るグーの端末補償ですが、ルーターなら最安340円/月~スマホでも430円/月で加入できるため、月々の負担を抑えたいユーザーにとっては大きなメリットがあります。

それでいて4万円まで補償してくるので、よっぽどの故障でない限りは安上がりに済むことでしょう。


OCNモバイルONEのスマホセットのラインナップ(グーの端末補償の対象端末)

機種名(スマホ) 月額料金
HUAWEI Mate 20 Pro 84,800円
HUAWEI nova 3 34,800円
AQUOS sense plus SH-M07 29,800円
HUAWEI P20 lite 18,800円
Zenfone 4 Max ZC520KL 10,800円
AQUOS R compact SH-M06 56,900円
HUAWEI nova lite2 16,800円
FLEAZ BEAT 6,800円
gooのスマホ g08 12,800円
機種名(タブレット) 月額料金
HUAWEI MediaPad T3 10 18,334円
Lenovo YOGA Tab 3 10 22,204円
機種名(Wi-Fiルーター) 月額料金
NETGEAR AirCard AC785 8,315円

※2018年12月01日時点

OCNモバイルONEのあんしん補償とグーの端末補償の注意点

修理中は貸出端末(交換機)が提供されない

あんしん補償とグーの端末補償どちらのサービスも修理中のスマホの貸し出しは行っていません。

もしスマホが故障してサブ機(予備機)がない場合、修理に出している2週間~1カ月間、スマホ(電話)が利用できなくなってしまうので注意が必要です。

診断後のキャンセルは受付手数料/故障診断料が発生する

故障した端末を修理に出したあと、トラブルが再現できなかった場合や診断内容に不満があった場合、キャンセル時には受け付け手数料3,000円と故障診断料5,000円に加えて、故障機の返送料も発生するので、くれぐれもご注意ください。

お客さま都合により修理交換がキャンセルされた場合、またはお電話での申告内容が弊社にて再現できなかった場合の故障機の返送料と以下の手数料が別途かかります。

  • 受付手数料:3,000円(税抜)
  • 故障診断料:5,000円(税抜)

引用元:公式サイト(OCNモバイルONE)

当社に故障機を送付後、会員都合により修理又は交換端末提供の請求がキャンセルされた場合、又は問診時に会員から申告を受けた故障事象が当社にて再現できなかった場合の、会員への故障機の返送に係る梱包料及び送料並びに以下の工賃。
受付手数料:上限額3,000円(税別)
故障診断料:上限額5,000円(税別)

引用元:公式サイト(エヌ・ティ・ティレゾナント)

あんしん補償とグーの端末補償、どっちを選ぶのがお得なの?

スマホセットなら割安なグーの端末補償持ち込み端末ならあんしん補償がおすすめです。

 

ただし通常、新品でスマホを購入した場合、メーカー保証が1年付いています。

なので購入と同時に加入しなければならないグーの端末補償は契約せずに、最初の1年間はメーカー保証でまかない、2年目以降にあんしん補償に入るという方法もアリです。

 

あとは過去に端末トラブルに遭遇した回数(故障の頻度)や、端末の価格と他の補償サービス(AppleCareなど)の内容を比較したうえで総合的に判断するとよいでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒OCNモバイルONE

 

なおグーの端末補償の加入条件であるOCNモバイルONEのスマホセット(旧らくらくセット)は通常価格も他社と比較して割安ですが、期間限定で特化セールを開催しています。運よくタイミングが合えばグーの端末補償1~2年分くらいは値引き分でまかなえますよ。

参考OCNモバイルONEの最新キャンペーン情報