デザインや主な機能はiPhone Xをベースに、全体的な性能アップで進化したiPhone XR。ユーザーの間で高い評価を受けているmineoで利用したいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

トリプルキャリアに対応しているmineoなら、ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone XRがSIMロック解除なしで問題なく利用できます。

 

ただし他社製品を利用する場合は回線プランやテザリング機能やネットワーク設定など注意点もあります。そこでiPhone XRとmineoの特徴や相性(メリットと注意点)、実際に利用しているユーザーの感想(口コミ・レビュー)について詳しく紹介していきます。

iPhone XRとmineo(マイネオ)の特徴・相性

  1. iPhone XR(Apple)の特徴

    画面サイズ:
    6.1インチ
    本体サイズ:
    75.7×150.9×8.3mm
    重量:
    194g
    カラー:
    ホワイト/ブラック/イエロー/ブルー/コーラル/レッド
    SIMフリーモデルは9万円台から入手可能。iPhone Xと比較して処理性能はチップがA11→A12、RAMが3GB→4GBへと向上。内蔵ROMは64GBと256GBの間128GBモデルが選択可能に。革新的な機能の実装こそないが、全体的にスペックが向上。iPhoneシリーズには珍しい6色のカラーバリエーションが大きな魅力。

AppleのiPhoneシリーズは言わずと知れたスマホの超有名ブランドです。

 

iOSを搭載しており、Androidスマホにはない操作性で、特に日本では今でも根強い人気を誇っています。

 

デザイン(外観)はシリーズで初めてホームボタンが廃止されたiPhone Xとほぼ同じで、指紋認証機能(Touch ID)もなし。

 

全体的にスペックはiPhone Xより高くiPhone XSより安価で、iPhone 5C以来となる豊富なカラーバリエーションが魅力。

参考iPhone XS(Max)/XRのスペックをiPhone Xと比較!進化した機能や性能とは?

 

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のiPhone XRを見てみる!

mineoの特徴

データ容量 シングル デュアル
共通 A(au) D(ドコモ)
500MB 700円 1,310円 1,400円
1GB 800円 1,410円 1,500円
3GB 900円 1,510円 1,600円
6GB※ 1,580円 2,190円 2,280円
10GB 2,520円 3,130円 3,220円
20GB※ 3,980円 4,590円 4,680円
30GB※ 5,900円 6,510円 6,600円

※2017年6月1日~:月額料金そのままでデータ使用量の上限アップ(5GB⇒6GB)。新たに20GBと30GBが追加

 

ドコモとauの回線が使えるメリットは絶大で、他の格安SIMと比較して圧倒的に通信エリアが広く、扱えるスマホ端末の機種数が豊富なところが魅力です。

 

mineoの2016年の評判は、価格ドットコムの『格安SIM部門の満足度ランキング』で第1位、MM総研の調査結果で『満足度』で第1位を獲るなど、非常に良好でユーザーからの信頼も厚いです。

 

その信頼を支えているのが、コミュニティサイト(マイネ王)や運営側のお客様目線の対応です。

 

速度低下に応じてネットワークの設備強化を行ったり、一早くiOSの新バージョン対応と情報展開を行ったり、ユーザーの声をしっかりとサービスに反映している部分は大手キャリアや他の格安SIMにも見習ってほしいくらいですね。

 

どの格安SIMサービスを選んだら良いかわからない場合は、「mineoを選べば間違いなし」といえるくらい一押しです。

mineo(マイネオ)でiPhone XRを使うメリット

端末と同じ回線プランならiPhone XRがそのまま使える

ほとんどの格安SIMはドコモ回線のみ利用しているため、auやソフトバンクのスマホはSIMロックを解除しなければ使えません。

 

しかしmineoはauやソフトバンクの回線も扱っているのでドコモだけでなく、auやソフトバンクのiPhone XRもそのまま利用できるんです。

※2018年11月25日時点:au回線プラン(Aプラン)で動作確認済み端末検索したiPhone XRの結果

 

従来、auのVoLTE対応SIMカードの場合はSIMロック解除が必要となっていましたが、最近(2018年前後~)の比較的新しい機種はVoLTE対応SIMカードでもSIMロック解除が不要になってきました。

なので2018年10月頃発売されたiPhone XRの場合も、SIMロック解除せずにAプランのVoLTE対応SIMが利用できるんです。

 

またAプランではiPhoneでテザリングが使えない問題がありましたが、iPhone 8以降はテザリング機能制限が解除されており、iPhone XRもAプランでテザリングが利用できます。

2018/10/26掲載

(2018/11/1更新)

お客さま各位

平素はmineoサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

iPhone XR(SIMフリー端末、auブランド端末、ドコモブランド端末、ソフトバンクブランド端末)の動作確認が完了しましたので、お知らせいたします。

引用元:公式サイト(mineo)

なおmineoでは他社端末の動作確認に積極的に対応しており、iPhone XRは2018年11月1日の時点で大手3キャリアの端末で動作確認できています。※掲載は10月26日時点

総務省の働きかけもあってか、他社端末のAPNロック問題も年々解消されつつあります。

SIMフリー版だと高いiPhone XRなので、ドコモやau、ソフトバンクで利用していたiPhone XRが機能制約を受けずにそのまま使えるなら、使わない手はありませんね。

公式サイトはこちら⇒mineo

mineo(マイネオ)でiPhone XRを使う際の注意点

iOSのネットワーク設定の手順(プロファイルのインストール)

iPhone(iOS)のネットワーク設定はAndroidのAPN設定とは異なってプロファイルをインストールするため、別途Wi-Fi環境が必要になる点に注意が必要です。

mineoの場合は回線プランや機種/OSバージョンによってインストールするプロファイルが異なるので、間違えないように気を付けましょう。

 

Aプランのプロファイル – iPhone 5s/5c:

URL:http://mineo.jp/apn/mineo-a1.mobileconfig

Aプランのプロファイル – iPhone 5s/5c以外:

URL:http://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfig

 

Dプランのプロファイル:

URL:http://mineo.jp/apn/mineo-d1.mobileconfig

 

Sプランのプロファイル – iOS6以前:

URL:https://mineo.jp/apn/mineo-s1.mobileconfig

Sプランのプロファイル – その他:

URL:https://mineo.jp/apn/mineo-s2.mobileconfig

 

  1. まず、Safariでプランに対応したプロファイルURLへアクセスします。
  2. プロファイルのインストール画面が開くので、『インストール』を押します。
  3. パスコードを入力して警告画面を確認し、『インストール』を押します。
  4. インストールが終わったら『完了』を押します。

 

なお大手キャリアで利用していたiPhone(iOS)の場合は、登録されているプロファイルを別途削除する必要があります。

  1. 『設定』⇒『一般』⇒『プロファイル』の順に進みます。
  2. 『プロファイルを削除』を押してパスコードを入力します。
  3. 『削除』ボタンを押します。

 

設定したのに回線がつながらない場合は『音声通話とデータ』または『データ通信』にチェックが入っていることを確認します。

  1. 『設定』⇒『モバイルデータ通信』⇒『通信のオプション』⇒『4Gをオンにする』の順に進みます。
  2. VoLTEを有効にする場合は『音声通話とデータ』、無効にする場合は『データ通信』を選択します。

 

それでもダメな場合は『端末の再起動』と『機内モードON / OFF』を試してみましょう。

 

上で紹介している手順は2018年11月15日時点でのiPhone(iOS)のネットワーク設定です。現時点での最新情報や詳細手順は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

mineo(マイネオ)に関するiPhone XRの口コミや感想・評判

mineoでiPhone XRを使う際のメリット(デメリット)まとめ

デザインや主な機能はiPhone Xをベースに、全体的な性能アップで進化したiPhone XRですが、mineoならAプラン(au回線)でauのiPhone XRが、Dプラン(ドコモ回線)でドコモのiPhone XRが、Sプラン(SoftBank回線)でソフトバンクのiPhone XRがそのまま使えちゃいます。

 

しかも格安SIMでiPhoneを使う際に問題となっていたテザリング機能制限をiPhone XRなら受けることもありません。※AプランでもiPhone 8以降はテザリングOK

 

mineoのiPhone XRユーザーの口コミにはauプランでのトラブルが多い印象です。というのもmineoのauプランでは2種類のSIMカードを扱っていますが、iPhone XRはVoLTE対応SIMカードしか対応していないからです。

au版のiPhone XRで新規契約やMNPでmineoへ乗り換える場合にはVoLTE対応SIMを選ぶように気を付けましょう。

 

また高級なiPhone XRの値段に購入をためらう声も多く挙がっています。とはいえ月額料金の高い大手キャリアよりmineoで購入した方が長期スパンで見るとお得になるので、2~3年以上使うつもりであればSIMフリー版も選択肢としては十分にアリですね。

 

公式サイトはこちら⇒mineo