mineo(マイネオ)

格安SIMで大人気のmineoとLINEモバイル。

 

どちらも魅力的なサービスを展開しており、選ぶのが難しいとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

mineoはドコモだけでなく、au回線も利用できるためauのスマホがそのまま使える点や、解約しやすいので初心者の方でも安心して使うことができる格安SIMです。

 

一方、LINEモバイルはLINEアプリの年齢認証機能が制限なく利用できたり、SNSをどれだけ使ってもデータ容量が消費されないカウントフリーサービスが大きな魅力です。

 

そんな両格安SIMの月額料金や通信速度、サービス内容に対して比較して「どんな使い方ならどっちがオススメなのか?」が分かるように詳しく解説していきます。

mineo(マイネオ)の特徴

データ容量 シングル デュアル
共通 A(au) D(ドコモ)
500MB 700円 1,310円 1,400円
1GB 800円 1,410円 1,500円
3GB 900円 1,510円 1,600円
6GB※ 1,580円 2,190円 2,280円
10GB 2,520円 3,130円 3,220円
20GB※ 3,980円 4,590円 4,680円
30GB※ 5,900円 6,510円 6,600円

※2017年6月1日~:月額料金そのままでデータ使用量の上限アップ(5GB⇒6GB)。新たに20GBと30GBが追加

 

ドコモとauの回線が使えるメリットは絶大で、他の格安SIMと比較して圧倒的に通信エリアが広く、扱えるスマホ端末の機種数が豊富なところが魅力です。

 

mineoの2016年の評判は、価格ドットコムの『格安SIM部門の満足度ランキング』で第1位、MM総研の調査結果で『満足度』で第1位を獲るなど、非常に良好でユーザーからの信頼も厚いです。

 

その信頼を支えているのが、コミュニティサイト(マイネ王)や運営側のお客様目線の対応です。

 

速度低下に応じてネットワークの設備強化を行ったり、一早くiOSの新バージョン対応と情報展開を行ったり、ユーザーの声をしっかりとサービスに反映している部分は大手キャリアや他の格安SIMにも見習ってほしいくらいですね。

 

どの格安SIMサービスを選んだら良いかわからない場合は、「mineoを選べば間違いなし」といえるくらい一押しです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

LINEモバイルの特徴

LINEフリープラン
 サービスタイプ 容量 月額料金
データ 1GB 500円
データ+SMS 620円
音声通話 1,200円
コミュニケーションフリープラン
容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,200円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円
MUSIC+プラン
容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

 

LINEアプリを筆頭に人気SNSの利用でデータ通信容量を消費しない『カウントフリーサービス』が最大の特徴です。

SNSを利用している日本の人口は8割を超えるといわれており、

  • 1位:LINE
  • 2位:Twitter
  • 3位:Facebook
  • 4位:Instagram

の順にユーザーが多いとされています。

 

コミュニケーションフリープランでは、これらすべてのSNSが高速データ通信の使用容量としてカウントされないで利用できる、自社サービスを存分に活かした画期的なサービスが大人気の秘訣です。

そして実際にLINEモバイルを利用しているユーザーは3割ものデータ消費量の削減(カウントフリー)に成功しているんです。

 

他の格安SIMでは利用できないLINEの年齢認証機能が使える点やユーザー間でパケットを送りあえる点など、スマホをLINEメインで使っている方にとっては他に選択肢がない究極の格安SIMサービスといえるでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒LINEモバイル

mineoがおすすめなユーザーとは?

通信速度や通信エリアを重視

 

LINEモバイルはドコモ回線を利用しています。

 

一方、mineoはマルチキャリア対応しており、ドコモとauの両回線が利用できます。

大手キャリアと同じLTE回線を利用するため、最大通信速度はドコモプランの場合はXi(クロッシィ)相当(受信最大225Mbps、送信最大50Mbps)、auプランの場合は4G LTE相当(受信最大225Mbps、送信最大25Mbps)です。

 

通信エリアも同じなので繋がりやすいです。

 

多くの格安SIMがドコモ回線を利用してサービスを展開しているため、比較的au回線を利用した格安SIMの方が混雑せず、通信速度が速い傾向があります。

参考通信速度が速い格安SIM

 

ただしLINEモバイルもドコモ回線を利用する格安SIMの中では通信速度が速く、評判や口コミは良好です。

 

公式サイトはこちら⇒LINEモバイル

 

 

 

というのもLINEモバイルは2016年10月から格安SIMのサービスを開始した後発組ということもあって、他の格安SIMと比べるとまだまだユーザー数が少ないから電波が混雑しておらず、通信速度が速いといえます。

 

 

mineoは2014年度から格安SIMサービスを開始しており、シェアも常に上位をキープしており、通信速度の口コミや評判も良好なので、持続的に安心して利用できる点ではmineoがおすすめです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

格安SIMが不安な初心者

 

格安SIMは大手キャリアと比較して、月額料金が大幅に安くなることで有名です。

参考mineoの料金シミュレーション

参考LINEモバイルの料金シミュレーション

 

その一方で安くなる分、通信速度やサービス内容に違いが出てくるので、スマホの使い方によってはストレスを感じる方もいるのが現実。

 

mineoは音声通話付きSIMのプランを契約しても、最低利用期間がないので解約違約金が掛かからない特徴があります。

参考解約ルールが厳しくない格安SIM

 

実際に試してみて、ダメなら解約すればOK、良ければそのまま乗り換えてしまうという出口戦略が立てられるmineoの方が初心者にはリスクが少なくておすすめです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

他社のスマホで乗り換える

 

格安スマホとはいえ、1~3万円程度のスマホ代は大きな出費ですよね。

 

mineoはドコモとauの両回線を利用したプランが利用できるため、LINEモバイルと比較して圧倒的に動作確認済みのスマホが多い特徴があります。

参考mineoで使えるXperiaと注意点・・・30機種

参考LINEモバイルで使えるXperiaと注意点・・・21機種

 

特に、auのスマホを使っている方はドコモ系の格安SIMでは対応バンドの関係で利用できないことも多いですし、Androidスマホの場合はmineoのauプランならテザリングが利用できるメリットもあります。

 

今使っているスマホや中古で安く購入した他社のスマホで乗り換える場合は、mineoを選択した方が良いでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

月額料金を少しでも安くしたい

データ通信専用プランを比較

データ容量 mineo (共通A/D) LINEモバイル
500MB 700円
1GB 800円 500円
3GB 900円 1,110円~
5GB 1,640円~
6GB 1,580円
7GB  – 2,300円~
10GB 2,520円 2,640円~
20GB 3,980円  –
30GB 5,900円

※安い方をで記載

音声通話機能付きプランを比較

データ容量 mineo (Aプラン) LINEモバイル
500MB 1,310円
1GB 1,410円 1,200円
3GB 1,510円 1,690円~
5GB 2,200円~
6GB 2,190円
7GB  – 2,880円~
10GB 3,130円 3,220円~
20GB 4,590円
30GB 6,510円

※安い方をで記載

 

全体的にmineoの方が月額料金を安く抑えることができるのでオススメです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

 

ただし1GBの小容量プランや、LINE、SNSがデータ消費量としてカウントされない利点を有効活用できれば、LINEモバイルの方がお得になることも。

 

たとえば通常は月々のデータ使用量が5GBの方がLINEやTwitter、Facebook、Instagramなど、SNSがカウントフリーになったことで月々3GBにデータ容量を節約できたら、月に500円もLINEモバイルの方がお得になります。

 

公式サイトはこちら⇒LINEモバイル

 

普段スマホでSNSをメインで使っているならLINEモバイル、スマホゲームや動画、WEBサイトの閲覧など様々な用途で利用しているならmineoを選ぶと良いでしょう。

電話を頻繁にかける

 

LINEモバイルもmineoも格安SIMの弱点と言われてきた電話料金が節約できるオプションを用意しています。

 

mineoには音声通話の割引オプションとして

  • 通話定額30:月額840円
  • 通話定額60:月額1,680円
  • 10分かけ放題サービス:月額850円※10分以降10円/30秒

⇒2017年10月1日~:料金そのままで通話無料時間が従来の5分から10分へと拡大しました。

があります。

LINEモバイルには音声通話の割引オプションとして

  • 10分かけ放題オプション:月額880円※10分以降10円/30秒

があります。

 

単純に同じ10分かけ放題の月額料金がmineoの方が30円安いのでお得です。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

格安スマホへお得に乗り換えたい

 

2017年7月22日現在、mineoがセット販売しているスマホは9種類です。

  1. arrows M04
  2. HUAWEI P10
  3. HUAWEI nova lite
  4. HUAWEI nova
  5. HUAWEI P9 lite
  6. Zenfone 3
  7. Zenfone 3 Laser
  8. Zenfone Go
  9. arrows M03

 

一方、LINEモバイルがセット販売しているスマホも9種類です。

  1. arrows M04
  2. GRAND X LTE
  3. HUAWEI P10
  4. VAIO Phone A
  5. HUAWEI nova lite
  6. HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro
  7. arrows M03
  8. Zenfone 3
  9. Blade E01

 

両者が扱っている5種類のスマホの料金を比較した結果がこちらの表になります。(2017年7月22日時点)

機種 mine LINEモバイル
arrows M04 31,800円 32,800円
HUAWEI P10 59,400円 65,800円
HUAWEI nova lite 19,800円 19,900円
Zenfone 3 39,600円 35,800円
arrows M03 31,800円 32,800円27,800円

※安い方をで記載

 

比較するスマホ次第ですが、mineoの方が安い機種が多いです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

 

特に最新機種はmineoの方が安い傾向があり、やや古い機種になるとLINEモバイルの方がお得に購入できる傾向があります。

 

最新機種へのこだわりがなければ、セールや割引で安く購入できるようになるLINEモバイルも選択肢としてはアリです。

 

公式サイトはこちら⇒LINEモバイル

LINEモバイルがおすすめなユーザーとは?

LINEアプリの年齢認証を使いたい

 

大手キャリアから格安SIMへ乗り換える際に意外と問題となるのがLINEの年齢認証機能です。

 

すでに連絡先として登録している知り合いはともかく、これからLINEで連絡を取り合いたい相手に対して『友だち追加』機能の中の、『ID/電話番号』検索が利用できなくなります。

 

もちろん『QRコード』機能を使って自分のIDをメールしてもらったり、相手に送ってもらってQRコードリーダーで読み込むことで友達追加することもできますが、メールアドレスなどLINE以外の連絡手段が必要になるし、そもそも面倒ですよね。

 

子供や学生など年齢認証機能がない方が安全だから良いという側面も確かにありますが、単純な機能制限の有無でいえば機能があるに越したことはないでしょう。

 

純粋な格安SIMの中では、唯一LINEモバイルだけが格安SIMで年齢認証機能が制限されることなく利用できます。

 

公式サイトはこちら⇒LINEモバイル

まとめ

 

mineoはドコモだけでなく、au回線も利用できるためauのスマホがそのまま使える点や、解約しやすいので初心者の方でも安心して使うことができる格安SIMです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

 

一方、LINEモバイルはLINEアプリの年齢認証機能が制限なく利用できたり、SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)をどれだけ使ってもデータ容量が消費されないカウントフリーサービスが大きな魅力です。

 

公式サイトはこちら⇒LINEモバイル

 

是非とも両サービスの特徴をしっかりと踏まえて、自分の使い方にマッチした最高の格安SIMをゲットしてください。

 

なお乗り換えを検討の方はこちらもご参考にしてみてください。

参考mineoへMNPする手順

参考LINEモバイルへMNPする手順