iPhone 5sは初期モデルということもあって3〜4万円台で手に入ることから、ユーザーの間で高い評価を受けているmineoで利用したいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

mineoならiPhone 5sがドコモ版でもau版でもSIMロック解除なしで問題なく利用できます。

 

ただしVoLTE対応SIMやテザリング機能など、格安SIMでau回線を使う際の注意点もあります。そこでiPhone 5sとmineoの特徴や相性(メリットと注意点)、実際に利用しているユーザーの感想(口コミ・レビュー)について詳しく紹介していきます。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

iPhone 5sとmineoの特徴・相性

  1. iPhone 5s(Apple)の特徴

    画面サイズ:
    4.0インチ
    本体サイズ:
    58.6×123.8×7.6mm
    重量:
    約112g
    カラー:
    スペースグレイ/シルバー/ゴールド
    iPhone 5sは2〜3万円前後という手ごろなお値段でドコモとauの電波もしっかりキャッチ。5インチ以上の大画面スマホが多い中、4インチのコンパクト画面も人気。

AppleのiPhoneシリーズは言わずと知れたスマホの超有名ブランドの一つです。

 

iOSを搭載しており、Androidスマホにはない操作性で日本では今でも根強い人気を誇っています。4インチというコンパクトさに加えて112gというスマホの中でも最軽量級の軽さも魅力の一つです。iPhoneシリーズの中では初期の機種ということもあり、低価格で入手することができます。

 

iOSに慣れ親しんだ方なら他の格安スマホと比較しても納得のコスパでおすすめです。

mineoの特徴

データ容量 シングル デュアル
共通 A(au) D(ドコモ)
500MB 700円 1,310円 1,400円
1GB 800円 1,410円 1,500円
3GB 900円 1,510円 1,600円
6GB※ 1,580円 2,190円 2,280円
10GB 2,520円 3,130円 3,220円
20GB※ 3,980円 4,590円 4,680円
30GB※ 5,900円 6,510円 6,600円

※2017年6月1日~:月額料金そのままでデータ使用量の上限アップ(5GB⇒6GB)。新たに20GBと30GBが追加

 

ドコモとauの回線が使えるメリットは絶大で、他の格安SIMと比較して圧倒的に通信エリアが広く、扱えるスマホ端末の機種数が豊富なところが魅力です。

 

mineoの2016年の評判は、価格ドットコムの『格安SIM部門の満足度ランキング』で第1位、MM総研の調査結果で『満足度』で第1位を獲るなど、非常に良好でユーザーからの信頼も厚いです。

 

その信頼を支えているのが、コミュニティサイト(マイネ王)や運営側のお客様目線の対応です。

 

速度低下に応じてネットワークの設備強化を行ったり、一早くiOSの新バージョン対応と情報展開を行ったり、ユーザーの声をしっかりとサービスに反映している部分は大手キャリアや他の格安SIMにも見習ってほしいくらいですね。

 

どの格安SIMサービスを選んだら良いかわからない場合は、「mineoを選べば間違いなし」といえるくらい一押しです。

楽天モバイルでiPhoneを使うメリット

ドコモ版とau版のiPhone 5sがそのまま使える

 

表.ドコモ回線(Dプラン)の動作確認端末(iPhone 5s)

 

表.au回線(Aプラン)の動作確認端末(iPhone 5s)

 

mineoならドコモ版でもau版でもSIMロックが掛かったiPhone 5sでも正常に動作することが確認されているので、安心して使うことができます。(2017年3月11日時点)

⇒2017年9月4日時点では、動作確認時のバージョンはiOS 10.3.3(14G60)となっています。

 

iPhone 5sは対応バンドも豊富なことから、格安SIMのmineoのau回線でもドコモ回線でも問題なくLTE(高速データ通信)を利用できます。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

iOSのアップデート情報の更新が速い

 

格安SIMでiPhoneを利用する際に問題となるのがiOSのアップデートです。

 

残念ながら動作確認が済む前にiOSをアップデートしてしまうと使えなくなる場合があるのです。

 

しかしmineoはマイネ王というコミュニケーションサイトを運営しており、mineoメンバーと容易に情報交換ができる環境が整っています。

 

iOSのアップデート情報も一早くメンバーに展開してくれるので安心してiPhoneを利用できるんです。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

mineoでiPhoneを使う際の注意点

iPhoneでテザリングが利用できるのはDプラン(ドコモ回線)のみ

 

mineoはマルチキャリアに対応しているためドコモ回線とau回線が利用できますが、iPhoneでテザリング機能が利用できるのは、現状ドコモ回線だけです。

 

mineoならauのスマホであってもSIMロック解除してドコモ回線で利用できますが、iPhone 5sはSIMロック解除できない端末です。

 

なのでauのiPhone 5sをmineoで利用する場合はテザリング機能はあきらめましょう。

 

唯一UQモバイルだけがauのSIMロックされたiPhone 5sでテザリング機能を使えるので、こういったサービスを検討してみるのも良いでしょう。

参考UQモバイルでiPhone 5sを使ったレビュー

参考mineoとUQモバイルのサービス比較

iPhone 5sのネットワーク設定の手順

iPhone(iOS)のネットワーク設定はAndroidのAPN設定とは異なってプロファイルをインストールするため、別途Wi-Fi環境が必要になる点に注意が必要です。

mineoの場合は回線プランや機種/OSバージョンによってインストールするプロファイルが異なるので、間違えないように気を付けましょう。

 

Aプランのプロファイル – iPhone 5s/5c:

URL:http://mineo.jp/apn/mineo-a1.mobileconfig

Aプランのプロファイル – iPhone 5s/5c以外:

URL:http://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfig

 

Dプランのプロファイル:

URL:http://mineo.jp/apn/mineo-d1.mobileconfig

 

Sプランのプロファイル – iOS6以前:

URL:https://mineo.jp/apn/mineo-s1.mobileconfig

Sプランのプロファイル – その他:

URL:https://mineo.jp/apn/mineo-s2.mobileconfig

 

  1. まず、Safariでプランに対応したプロファイルURLへアクセスします。
  2. プロファイルのインストール画面が開くので、『インストール』を押します。
  3. パスコードを入力して警告画面を確認し、『インストール』を押します。
  4. インストールが終わったら『完了』を押します。

 

なお大手キャリアで利用していたiPhone(iOS)の場合は、登録されているプロファイルを別途削除する必要があります。

  1. 『設定』⇒『一般』⇒『プロファイル』の順に進みます。
  2. 『プロファイルを削除』を押してパスコードを入力します。
  3. 『削除』ボタンを押します。

 

設定したのに回線がつながらない場合は『音声通話とデータ』または『データ通信』にチェックが入っていることを確認します。

  1. 『設定』⇒『モバイルデータ通信』⇒『通信のオプション』⇒『4Gをオンにする』の順に進みます。
  2. VoLTEを有効にする場合は『音声通話とデータ』、無効にする場合は『データ通信』を選択します。

 

それでもダメな場合は『端末の再起動』と『機内モードON / OFF』を試してみましょう。

 

上で紹介している手順は2018年11月15日時点でのiPhone(iOS)のネットワーク設定です。現時点での最新情報や詳細手順は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

mineoでiPhone 5sを使ってみた感想レビュー

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

2〜3万円前後で買えるiPhoneということで格安SIMユーザーに大人気のiPhone 5sですが、mineoならドコモとauのiPhone 5sがそのまま使えちゃうんです。

 

テザリング機能はau回線(Aプラン)では利用できないことに注意しましょう。

 

iPhoneとしては初期のシリーズですが、Androidを搭載した格安スマホと比べれば未だに現役でiOSならではの操作性はバツグンです。

 

mineoのライトユーザーに利用者が多く、口コミや評判も良好です。

 

公式サイトはこちら⇒mineo

 

なおmineoでは他のiPhoneシリーズも使うことができるので、気になる方はこちらの記事もご参考にどうぞ。

参考mineoで利用できるiPhoneと注意点