IIJmio(みおふぉん)

OCNモバイルONE/OCN光

格安SIMの老舗でシェアが高く、特に人気のIIJmioとOCNモバイルONE。

どちらも魅力的なサービスを展開しており、選ぶのが難しいとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

IIJmioはドコモだけでなく、au回線も利用できるためauスマホのまま乗り換えられる点や、技術力の高さに定評があるため安心して使うことができる格安SIMです。

 

一方、OCNモバイルONEはCMでの認知度、ドコモと同じNTTグループという安心感や期間限定のスマホ特価セールで高いシェアを誇る老舗の格安SIMです。

 

そんな両格安SIMの月額プランや通話料金、セット端末価格などサービス全般を比較して「どんな使い方ならどっちがオススメなのか?」が分かるように詳しく解説していきます。

IIJmioとOCNモバイルONEの特徴・料金プラン

IIJmio(インターネットイニシアティブ)

データ通信専用SIM
プラン タイプD タイプA
3GB ミニマムスタートプラン 900円
6GB ライトスタートプラン 1,520円
12GB ファミリーシェアプラン 2,560円
SMS機能付きSIM
プラン タイプD タイプA
3GB ミニマムスタートプラン 1,040円 900円
6GB ライトスタートプラン 1,660円 1,520円
12GB ファミリーシェアプラン 2,700円 2,560円
音声通話機能付きSIM
プラン タイプD タイプA
3GB ミニマムスタートプラン 1,600円
6GB ライトスタートプラン 2,220円
12GB ファミリーシェアプラン 3,260円

 

IIJmioは老舗の格安SIMであると共に、DMMモバイルやエキサイトモバイル、イオンモバイルなど、多くの格安SIMに技術支援を行っているMVNEでもあるんです。

  • MM総研:個人向けSIMカードシェア – No.1
  • MMD研究所:満足度総合 – 第1位
  • RBBTODAY:総合満足度 – 最優秀賞
  • 家電批評:山手線内通信速度 – 第1位
  • ICT総研:MVNO満足度調査 – 第1位
  • Zimuba:都道府県別 実行速度ランキング – 第1位

などなど…あらゆる第三者機関の高い評価を受け続けている理由は、こうした非常に高い技術力とサービス力といえるでしょう。

 

特に通信品質に関しては設立20年以上にわたり蓄積された通信とネットワークの先進的な技術でユーザーからの信頼も厚く、新たに参入してきた後発組の格安SIMでも

worrier

MVNEがIIJなら安心して使えそうだな

と思わせてしまうほどです。

 

公式サイトはこちら⇒IIJmio

OCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ)

日単位コース データ通信専用 SMS対応 音声対応
110MB 900円 1,020円 1,600円
170MB 1,380円 1,500円 2,080円
月単位コース データ通信専用 SMS対応 音声対応
3GB 1,100円 1,220円 1,800円
6GB 1,450円 1,570円 2,150円
10GB 2,300円 2,420円 3,000円
20GB 4,150円 4,270円 4,850円
30GB 6,050円 6,170円 6,750円
15GB(500Kbps) 1,800円 1,920円 2,500円

長年持続している格安SIMの高いシェアが物語っている通り、ドコモと同じNTTグループという絶対的な安心感がOCNモバイルONEにはあります。

使用できるデータ容量が月単位だけでなく日単位の契約プランがあったり、支払い方法に口座振替が選べたりと、他社との差別化ポイントがたくさんあります。

そんな中でもトップ3かけ放題オプションやスマホセット(らくらくセット)は他社を圧倒するサービス内容を誇っており、OCNモバイルONEの根強い人気を支えています。

 

ただでさえ他社と比べて割安なOCNモバイルONEのスマホセットですが、期間限定で開催する大特価セールは破格なので、乗り換えタイミングさえ合えば必見です。

 

公式サイトはこちら⇒OCNモバイルONE

IIJmioとOCNモバイルONEの料金プラン比較

データ通信専用プランを比較

データ容量 IIJmio OCNモバイルONE
3GB 900円 1,100円
6GB 1,520円 1,450円
10GB 2,300円
12GB 2,560円
20GB 4,150円
30GB 6,050円
15GB(500Kbps) 1,800円

音声通話機能付きプランを比較

データ容量 IIJmio OCNモバイルONE
3GB 1,600円 1,800円
6GB 2,220円 2,150円
10GB 3,000円
12GB 3,260円
20GB 4,850円
30GB 6,750円
15GB(500Kbps) 2,500円

※安い方をで記載

 

同じ条件で比較できるデータ容量は3GBと6GBプランだけです。

3GBプランの場合はIIJmioの方が月額200円安く契約でき、6GBプランの場合はOCNモバイルONEの方が月額70円安く契約できます。※データ通信専用&音声通話付きプラン

つまり、あまりデータ容量を消費しないユーザーにはIIJmioがおすすめです。

 

公式サイトはこちら⇒IIJmio

 

一方で、そこそこデータ容量を消費するユーザーにはOCNモバイルONEがおすすめといえるでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒OCNモバイルONE

 

上の料金プランの表だけをみると、20GBや30GBといった大容量プランを契約する場合もOCNモバイルONEがよいのでは?と思われるかもしれませんが、実はIIJmioには『大容量オプション』という月額プランに追加できるオプションがあります。

IIJmioの大容量オプション
20GB 3,100円
30GB 5,000円

 

そこでIIJmioの3GBプランに20GBと30GBの大容量データオプションを追加して、OCNモバイルONEの大容量プラン(20GB/30GB)と比較してみると、IIJmioの方がデータ容量が3GB多く使えるのに、月額150円安くなるのです。

データ容量 IIJmio OCNモバイルONE
20GB(23GB) 4,700円 4,850円
30GB(33GB) 6,600円 6,750円

※安い方をで記載

 

さらにIIJmioでは3GB、6GB、12GBの好きなプランと大容量オプションを組み合わせることができます。

安いうえにOCNモバイルONEとは比べ物にならない程、幅広いレンジで月額容量プランを調整できるため、大容量プランを選ぶならIIJmioがおすすめです。

 

公式サイトはこちら⇒IIJmio

IIJmioとOCNモバイルONEの通話オプション比較

音声通話料金の割引オプションとしてOCNモバイルONEには、

  • 10分かけ放題:月額850円※10分以降10円/30秒
  • トップ3かけ放題:月額850円
  • かけ放題ダブル:月額1,300円

があります。

IIJmioには、

  • 通話定額オプション(3分以内):月額600円※3分以降10円/30秒
  • 通話定額オプション(10分以内):月額830円※10分以降10円/30秒

があります。

 

同じ『10分かけ放題』オプションで比較した場合、IIJmioの方が月額20円安いためお得です。

参考10分かけ放題が利用できる格安SIM

 

しかもIIJmioの通話定額オプションには同一契約者名義(同一mioID)の家族間の場合、3分以内→10分以内、10分以内→30分以内にそれぞれ無料通話時間が拡大されるうれしい特典付きです。

 

公式サイトはこちら⇒IIJmio

 

ただし10分を超える無料時間かけ放題となる通話オプションはIIJmioにはありません。

2017年9月1日からは格安SIM業界初となる『トップ3かけ放題オプション』『かけ放題ダブル』の提供をOCNモバイルONEが開始しています。

参考通話し放題が利用できる格安SIM

 

電話する相手が2~3人程度であればトップ3かけ放題オプションをうまく使うことで、大幅な通話料金の節約が可能なため、長時間もしくわ頻繁に特定の相手とだけ電話する場合にはOCNモバイルONEがおすすめです。

 

公式サイトはこちら⇒OCNモバイルONE

IIJmioとOCNモバイルONEのセット端末比較

IIJmioのセット販売端末
端末種別 機種名
スマートフォン AQUOS sense2 SH-M08
スマートフォン AQUOS sense plus SH-M07
スマートフォン OPPO AX7
スマートフォン HUAWEI P20 lite
スマートフォン HUAWEI P20
スマートフォン AQUOS sense lite SH-M05
スマートフォン ZenFone Live L1
スマートフォン ZenFone 5Z
スマートフォン ZenFone 5
スマートフォン ZenFone 5Q
スマートフォン Moto G6 Plus
スマートフォン Moto G6
スマートフォン Moto E5
スマートフォン DURA FORCE PRO
スマートフォン CAT S41
スマートフォン AQUOS R compact SH-M06
スマートフォン CAT S60
スマートフォン HUAWEI Mate10 Pro
スマートフォン GRANBEAT
スマートフォン HTC U12+
スマートフォン HTC U11 life
スマートフォン HTC U11
スマートフォン OPPO R17 Pro
スマートフォン OPPO R15 Neo 3GB
スマートフォン OPPO R15 Neo 4GB
スマートフォン Find X
スマートフォン NichePhone-S 4G
スマートフォン moto z3 play
スマートフォン ZenFone Max M1
スマートフォン HUAWEI nova 3
スマートフォン HUAWEI Mate20 Pro
スマートフォン ROG Phone
スマートフォン HUAWEI nova lite2
スマートフォン HUAWEI nova lite3
スマートフォン arrows M04
タブレット Lenovo TAB4 8
タブレット MediaPad T5
タブレット MediaPad M5 Lite
タブレット MediaPad M5
モバイルルーター Aterm MR05LN
モバイルルーター Aterm HT100LN SW
モバイルルーター novas HOME+CA FREE
USBドングル Si-L10
翻訳機 ez:commu

※2019年2月6日時点

OCNモバイルONEのセット販売端末
端末種別 機種名
スマートフォン AQUOS sense2 SH-M08
スマートフォン AQUOS sense plus SH-M07
スマートフォン HUAWEI nova 3
スマートフォン HUAWEI Mate20 Pro
スマートフォン HUAWEI P20 lite
スマートフォン HUAWEI nova lite3
スマートフォン ZenFone Live L1
スマートフォン ZenFone 5
タブレット MediaPad T3 10
タブレット Lenovo YOGA Tab 3 10
モバイルルーター NETGEAR AirCard AC785

※2019年2月6日時点

 

セット販売端末はIIJmioが44機種に対して、OCNモバイルONEは11機種しかありません。またOCNモバイルONEでは音声通話SIMプランでしか端末をセット購入できない注意点があります。

豊富なラインナップから自分好みの端末を契約プランの縛りなく選びたいユーザーにはIIJmioがおすすめです。

 

公式サイトはこちら⇒IIJmio

 

ただしOCNモバイルONEのスマホセットには端末価格が激安という大きな特徴があります。

機種名 端末代金
OCNモバイルONE IIJmio
AQUOS sense2 SH-M08 ¥23,544 ¥32,184
AQUOS sense plus SH-M07 ¥32,184 ¥39,744
HUAWEI nova 3 ¥37,584 ¥53,784
HUAWEI Mate20 Pro ¥91,584 ¥118,584
HUAWEI P20 lite ¥20,304 ¥30,024
HUAWEI nova lite3 ¥9,504 ¥24,624
ZenFone Live L1 ¥9,504 ¥18,144
ZenFone 5 ¥42,984 ¥52,704

※安い方をで記載

 

IIJmioも格安SIM業界全体でいえば端末価格は割安ですが、OCNモバイルONEの安さは群を抜いています。

(さらに後述する期間限定キャンペーン・セールと組み合わせると破格です。)

 

公式サイトはこちら⇒OCNモバイルONE

IIJmioとOCNモバイルONEのキャンペーン比較

IIJmioとOCNモバイルONEはどちらもスマホセットのお得さが強みの格安SIMです。

期間限定キャンペーンなのでタイミング次第ではありますが、両格安SIMともにスマホ端末を非常に安く手に入れることが可能です。

参考格安SIMのお得なキャンペーン・セール情報

ONEモバイルONE ひと足お先に!総決算セール

  • 対象期間:2019年2月8日~2019年2月21日
  • 条件:スマホセット(音声対応SIM)を契約
  • 特典:格安スマホ最大17,000円OFF!

スマホセットを音声対応SIMで契約すると、スマホ代金が最大17,000円OFFとなるお買い得キャンペーンです。

詳細【2019年2月21日まで】ひと足お先に!総決算セール

OCNモバイルONE HUAWEI nova lite 3 新生活応援プライス

  • 対象期間:2019年2月1日~2019年3月18日
  • 条件:スマホセットでHUAWEI nova lite3を契約
  • 特典:HUAWEI nova lite3がセール特価!(8,800円)

大好評OCNモバイルONE恒例の新機種発売を記念したキャンペーン・特価セールがnova lite3(新生活応援プライス8,800円)で開催中です。※nova lite3が2019年2月1日発売

詳細【2019年2月18日まで】HUAWEI nova lite 3 新生活応援プライス

IIJmio SPECIAL SALE スマホ大特価キャンペーン

  • 対象期間:2018年12月4日~2019年1月31日→2月20日まで延長
  • 対象:対象端末のセット契約
  • 特典:最大35,000円分の特典

IIJmioの対象端末が特別価格(最大25,000円の大幅値引き)となるお得なキャンペーンを開催中です。

詳細【2019年2月20日まで】IIJmio SPECIAL SALE スマホ大特価キャンペーン

IIJmioとOCNモバイルONEのサービス比較まとめ

どちらもシェアが高い人気の格安SIMだけあって甲乙つけがたいです。

 

IIJmioはドコモだけでなく、au回線も利用できるためauスマホのまま乗り換えられる点や、豊富なセット端末のラインナップから好きなスマホが選べる格安SIMです。

 

  1. IIJmio(みおふぉん)

    かけ放題 4.5
    通信速度 4.5
    サービス 5.0
    セット端末 4.5
    最安:
    900円~(3GB~)
    人気:
    1,600円
    (3GB:音声通話機能付きSIM)
    データ容量の繰り越し:
    OK
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    OK
    ドコモとau回線のマルチキャリアに対応。みおふぉんダイアルやかけ放題など電話の割引サービスも充実。一早くバースト転送やデータ容量の繰り越し、高速通信ON/OFFなどに対応して業界を盛り上げてきた信頼度の高い格安SIM。

 

一方、OCNモバイルONEはCMでの認知度、ドコモと同じNTTグループという安心感や期間限定のスマホ特価セールで高いシェアを誇る老舗の格安SIMです。

 

  1. OCNモバイルONE/OCN光

    かけ放題 5.0
    通信速度 4.0
    サービス 4.5
    セット端末 5.0
    最安:
    900円~(110MB/日)
    人気:
    1,600円
    (110MB/日:音声通話対応SIM)
    データ容量の繰り越し:
    OK
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    OK
    通話し放題や日単位プラン、名義変更などサービスが充実。特にOCNでんわアプリやIP電話(050 plus)、10分かけ放題~通話し放題(TOP3)といった通話割引の強みが特徴。らくらくセットで優良機種のスマホが安く買えるメリットが絶大なトップシェアを誇る格安SIM。

 

是非とも両サービスの特徴をしっかりと踏まえて、自分の使い方にマッチした最高の格安SIMをゲットしてください。

 

なお乗り換えを検討の方はこちらもご参考にしてみてください。

参考IIJmioからOCNモバイルONEへMNPする方法

参考OCNモバイルONEからIIJmioへMNPする方法