大手キャリアにも引けを取らない高速通信で大好評のUQモバイル。

電池持ちに優れた多機能スマホAQUOS sense3の廉価版AQUOS sense3 basicが、UQモバイルならセット購入することが可能です。

 

そこでAQUOS sense3 basicとUQモバイルの特徴や相性(メリットと注意点)ついて詳しく紹介していきます。

AQUOS sense3 basicとUQモバイルの特徴・相性

  1. AQUOS sense3 basic(シャープ)の特徴


    公式サイトはこちら⇒UQモバイル

    スマホセット:
    15,840円(税込)
    画面サイズ:
    5.5インチ
    本体サイズ:
    約70×147×8.9mm
    重量:
    約167g
    カラー:
    シルバー/ブラック/ライトカッパー
    1万円の低価格ながらオクタコアCPUと3GBのRAMを搭載。省エネIGZOと4,000mAhの大容量バッテリーで長時間の電池持ちを実現。引き続き防水・防塵、耐衝撃が備わった多機能スマホ。

シャープのAQUOSシリーズは言わずと知れた国産メーカーで、多機能な格安スマホとしてその地位を確立しています。

 

AQUOS sense3 basic最大のポイントは電池持ちといえるでしょう。急速充電を繰り返しても電池が劣化しにくい『インテリジェントチャージ』や大容量4,000mAhバッテリーとの組み合わせで、長時間の電池持ちを実現しています。

 

一方でAQUOS sense3に対してRAMを4GB→3GB、おサイフケータイを対応→未対応にし、よりリーズナブルな価格での販売を実現しています。

UQモバイル(UQコミュニケーションズ)の特徴

料金プラン 容量  月額料金
データ高速プラン 3GB 980円
データ高速+音声通話プラン 1,680円
データ無制限プラン 無制限 1,980円
データ無制限+音声通話プラン 2,680円
ぴったり・おしゃべりプラン 容量 月額料金
プランS 2GB 1,980円
プランM 6GB 2,980円
プランL 14GB 4,980円

※ぴったり・おしゃべりプラン:新規受付は2019年9月30日まで

2019年10月1日からは契約期間の縛りなし&解除料なしの新料金プラン(スマホプランS/M/L)でサービス提供開始。※スマホプランでは10分かけ放題が月額700円、月間60分の通話パック(通話定額)が月額500円で、通話オプションとして選択可能に!

※現在はスマホプランM/Lが2020年5月31日で新規受付を終了し、2020年6月1日からは新料金プラン(スマホプランR)のサービス提供を開始。

 

UQモバイルというと、よく耳にするのが「通信品質が良くて通信速度が安定して速い」という内容。auのサブブランドだけあって、純粋な格安SIMとは比較にならないスピードが出ます。

 

そんな通信品質・通信速度を武器に

  • 『家電批評』格安SIM部門

ベスト・バイ・オブ・ザ・イヤー2016受賞辛口批評誌に選ばれる程の人気ぶりです。

 

一方で格安SIMと比較した場合、月額基本料金だけで比較すると割高感があります。

 

しかしスマホ本体価格を含めれば話は変わってきます。UQモバイルのセット販売端末の割引額は他社を圧倒しています。いくら格安SIMを使って月々の利用料金を安くできても、2〜3年で機種変更するたびに数万円の出費は苦しいですからね。

 

大手並みの高速な通信速度でスマホ代と月額基本料金をトータルコストで安くしたいなら「UQモバイルを選べば間違いなし」といえるくらい一押しの格安SIMです。

 

公式サイトはこちら⇒UQモバイル

UQモバイルでAQUOS sense3 basicを使うメリット

AQUOS sense3 basicの販売元が限定されている

もともとAQUOS sense3 basicはソフトバンクの法人向けスマホ端末(907SH)として2019年11月に販売されていました。

 

現在はau(SHV48)でもセット販売されていますが、今のところ格安SIMで取り扱っているのはUQモバイルくらいです。

 

公式サイトはこちら⇒UQモバイル

 

他の格安SIMで利用する場合には、ネット通販や中古ショップでの購入が必要になります。

 

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のAQUOSを見てみる!

セット販売端末だからAPN設定が不要

AQUOS sense3 basicはUQモバイルのセット販売端末です。

 

本来、格安SIMの場合は自社の回線を利用するためにAPNというネットワークの設定をスマホ端末上で行う必要があります。

参考UQモバイルのAPN設定とは?

 

ところがUQモバイルのセット販売端末の場合は、UQモバイル側であらかじめAPNがプリセットされた状態で手元に届くので、APN設定情報を作成・入力せずにUQモバイル回線が利用できるのです。

 

格安SIMが初めてで心配の方や煩雑な設定が面倒という方にとっては非常にうれしい特典ですね。

 

公式サイトはこちら⇒UQモバイル

UQモバイルでAQUOS sense3 basicを使う際の注意点

ソフトバンク版(907SH)はSIMロック解除が必要

ソフトバンクやauでセット販売しているAQUOS sense3 basicはSIMロックが掛かっています。

  • ソフトバンク版AQUOS sense3 basic:907SH
  • au版AQUOS sense3 basic:SHV48

UQモバイルはau回線を利用しているため、SHV48はSIMロック解除なしで使えるものの、907SH(ソフトバンク版)をUQモバイルで利用する場合にはSIMロック解除が必要となります。

 

ソフトバンクからMNPを利用してUQモバイルへ乗り換える場合や、ネット通販で907SHを購入してUQモバイルで利用する場合には注意しましょう。※UQモバイル版以外はAPN設定が必要

UQモバイルでAQUOS sense3 basicを使うメリットとデメリットのまとめ

電池持ちに優れた多機能スマホAQUOS sense3の廉価版AQUOS sense3 basicが、UQモバイルなら通常価格でも激安で入手可能です。

 

セット購入せずにソフトバンクで利用していたAQUOS sense3 basic(907SH)を使ってUQモバイルへ乗り換える場合はSIMロック解除が必要なので、ネット通販で購入する際は注意が必要です。

 

公式サイトはこちら⇒UQモバイル

 

なお他社のキャンペーン内容やネット通販の方が安く買える場合もあるので、UQモバイルのセットプランで購入する特典や実施中のキャンペーンと比べたうえで、入手先を選択すると良いでしょう。

参考格安SIMの最新キャンペーン情報