SNSカウントフリーや通信速度が速いソフトバンク回線プランが魅力のLINEモバイル。しかしネットやSNSの口コミでは、意外にも通信速度に対する不満の声も多く挙がっています。

 

もちろん大手キャリアと比べれば遅くなるのは仕方ありません。高画質な動画やゲームなど、利用目的によっては不向きな場合もあります。

ただ調べてみると意外と単純な設定ミスやキャリア回線とスマホとの相性(対応バンド)など、LINEモバイルの問題ではない原因で『繋がりにくい』『遅い』と発言しているユーザーも多いことが分かりました。

 

そこでLINEモバイルを快適に利用するために必要な設定やチェックポイントを詳しく解説していきます。




LINEモバイルが遅い・繋がらない不満の声(SNSの口コミ)

2018年12月6日にソフトバンクで携帯電話サービスにおける通信障害が発生しました。(同日午後6時4分に復旧)

その影響もあって、LINEモバイル(ソフトバンク回線プラン)の通信速度に関するSNSの口コミは、通信障害の話で持ちきりです。(一部のユーザーは復旧後も繋がりにくい状況が続いているようです。)

LINEモバイルに限らず、通信障害から復旧した後でも繋がりにくい状況が続く場合は、端末の再起動や機内モードのON/OFFが効果的なのでお試しください。

ただし今Twitter上に溢れかえっている評判が、平常時のLINEモバイル(ソフトバンク回線プラン)の通信速度でないことは、まず抑えておきましょう。

LINEモバイルが遅い・繋がらない原因と対策①:回線元(ドコモ/ソフトバンク)の通信障害

上述の問題で格安SIMに限らずスマホを利用する場合は『回線元のキャリア』を意識して契約する必要があることが浮き彫りとなりました。

とはいえ通信障害は今後どのキャリアでも起こる可能性があります。※今回はたまたまソフトバンク回線だった

 

そこで頻繁に仕事や家族、友人とスマホで連絡を取り合う必要があるユーザーには、突然起こる通信障害の対策として、格安SIM+WiMAXの活用をおすすめします。

参考格安SIMとWiMAXの比較!組み合わせて使うメリットとデメリット

 

複数回線を大手キャリアと変わらない月額料金で契約できるうえに、万が一どちらかの回線が通信障害で使えなくなったとしても別回線で通信できるため、トラブル時のリスク分散になります。

やはり格安SIMとWiMAXを併用していたユーザーは今回の通信障害もうまく切り抜けられたようですね。

LINEモバイルが遅い・繋がらない原因と対策②:間違えて機内モードを設定している

意外と多いトラブルの原因『機内モード』。

worrier

ポケットに入れていたスマホのロックが外れてしまい、勝手に機内モードが設定されてしまった…

そんな経験をしたことがある方も珍しくはないでしょう。

しかもLINEモバイルに変えたばかりだと、まっさきに「やっぱり格安SIMはダメだ…」と疑ってしまう気持ちもわかりますが、まずは冷静になって設定をチェックしてみましょう。

※機内モードのスマホの画面表示例

 

なお機内モードは、設定→無線とネットワーク→機内モード(ON→OFF)で簡単に解除することができます。

LINEモバイルが遅い・繋がらない原因と対策③:LINEモバイルのAPN設定ができていない

LINEモバイルなどの格安SIMを利用する場合、回線を利用するためのネットワーク設定(APN/CPA設定)を端末上で行う必要があります。

参考LINEモバイルを使うために必要なAPN設定の手順

LINEモバイルが遅い・繋がらない原因と対策④:デュアルSIMのSIMスロットが違う

最近のスマホはSIMカードが複数枚挿せるデュアルSIMに対応している機種が多くあります。利用したいSIMスロット番号(1/2)にSIMカードを装着した上で、対応したSIMカードのAPN設定を行う必要があります。

以下、ZenFone 4カスタマイズを例に画像で解説します。※ZenFone 4カスタマイズはDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に対応しており、4G+3Gの同時待受けが可能です。

 

SIMカードスロットのカバーは側面の穴にピンを挿すと出てきます。※ピンはソフトカバーの包装紙に付属

ZenFone4カスタマイズのSIMスロット
ZenFone4カスタマイズのSIMカードスロット

装着時の奥側がスロット1(SIMカード1)で、手前側がスロット2(SIMカード2)です。なおスロット2はnanoSIMとmicroSDカードとの排他仕様となっているため、どちらか一方しか利用できない点に注意が必要です。

 

SIMカードをセットした後はAPN設定を行うことで、契約した回線でデータ通信が利用できるようになります。

LINEモバイルが遅い・繋がらない原因と対策⑤:契約プランの回線とスマホの相性(対応バンド)

障害物に強く繋がりやすいプラチナバンドと呼ばれる低い周波数(900MHz帯)と、電波の直進性が高く高速で大容量のデータ転送に有利な高い周波数(2.0GHz帯)がバランスよく利用できる回線と端末の組み合わせが理想です。

SIMロック解除すれば異なるキャリア端末と回線の組み合わせで利用できる機種がある一方で、対応バンドが少ないためにエリアによっては電波が繋がりにくかったり、全く使えなかったりするケースがあります。

特にLINEモバイルの場合はマルチキャリアに対応しており、ドコモ回線とソフトバンク回線のプランが選べるので回線とスマホの組み合わせには注意が必要です。

  • ドコモブランド端末をSoftBank回線プランで利用している
  • SoftBankブランド端末をドコモ回線プランで利用している

参考スマホの対応バンド(周波数帯域)とは?

 

基本的には利用する端末と回線を同じキャリアに統一した方が対応バンドの相性が良いためトラブルのリスクを減らすことができます。

  • ドコモブランド端末はドコモ回線プランで利用する
  • SoftBankブランド端末はSoftBank回線プランで利用する

混雑する時間帯で起こる通信速度低下は仕方ない…

ここまでLINEモバイルが遅い・繋がらない原因と解決方法を紹介してきましたが、残念ながら通勤・通学(9時前後)の時間帯や、お昼休み時(12時前後)、帰宅~就寝(夕方)までの時間帯はスマホ利用者が多く、速度が上がらない傾向があります。※特に12時前後が速度低下を感じやすい時間帯

それでも他の格安SIMと比べるとLINEモバイル(ソフトバンク回線プラン)の通信速度はまだ出る方でしょう。

UQモバイルやワイモバイルといったサブブランド系以外で通信速度で選ぶなら、現状LINEモバイルのソフトバンク回線プランがベストといえるでしょう。

⇒残念ながら、1Mbps以上キープチャレンジキャンペーンが終了した現在は、LINEモバイルのソフトバンク回線も速度が出なくなってしまったようです…速度目的でLINEモバイルへ契約を考えてる方はご注意ください。

また『ドコモ/ソフトバンク回線の通信障害』でも解説した通り、やはり回線元が起因する問題に対しては複数回線でリスク分散する方法が最も効果的といえるでしょう。

LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線なので、通信速度や通信規格の違いを考慮すると、複数回線を利用するならWiMAXがおすすめです。

参考格安SIMとWiMAXの比較!組み合わせて使うメリットとデメリット

 

最近だと、クラウドSIMを使ったトリプルキャリア対応のクラウドWiFiというサービスも台頭してきました。環境に応じて最も繋がりやすい回線に自動で切り替えてくれるため、繋がりやすさはピカイチといえるでしょう。

参考どんなときもWiFiはトリプルキャリア自動切換だから繋がりやすい!

LINEモバイル(LINEの格安SIM)の特徴

LINEモバイルは各種データフリーとセットになった料金プラン(旧プラン)をサービス提供していました。※2020年2月18日(火)22:00で申込受付を終了

LINEフリープラン
 サービスタイプ 容量 月額料金
データ 1GB 500円
データ+SMS 620円
音声通話 1,200円
コミュニケーションフリープラン
容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,200円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円
MUSIC+プラン
容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

その後、2020年2月19日からの新料金プランでは、ベーシックプランとデータフリーオプションが分離・選択できる形式になっています。※月額料金やデータフリー対象サービスの変更あり

サービスタイプ データ容量 ベーシックプラン
+LINEデータフリー +SNSデータフリー +SNS音楽データフリー
(基本料+0円) (基本料+280円) (基本料+480円)
音声通話SIM 500MB 1100円
3GB 1480円 1760円 1960円
6GB 2200円 2200円 2200円
12GB 3200円 3200円 3200円
データSIM 500MB 600円 600円 600円
3GB 980円 980円 980円
6GB 1700円 1700円 1700円
12GB 2700円 2700円 2700円

※LINEデータフリーは月額料金0円

 

LINEアプリを筆頭に人気SNSの利用でデータ通信容量を消費しない『カウントフリーサービス』が最大の特徴です。

SNSを利用している日本の人口は8割を超えるといわれており、

  • 1位:LINE
  • 2位:Twitter
  • 3位:Facebook
  • 4位:Instagram

の順にユーザーが多いとされています。

 

コミュニケーションフリープランでは、これらすべてのSNSが高速データ通信の使用容量としてカウントされないで利用できる、自社サービスを存分に活かした画期的なサービスが大人気の秘訣です。

そして実際にLINEモバイルを利用しているユーザーは3割ものデータ消費量の削減(カウントフリー)に成功しているんです。

 

他の格安SIMでは利用できないLINEの年齢認証機能が使える点やユーザー間でパケットを送りあえる点など、スマホをLINEメインで使っている方にとっては他に選択肢がない究極の格安SIMサービスといえるでしょう。

 

  1. LINEモバイル

    かけ放題 4.0
    通信速度 4.5
    サービス 4.5
    セット端末 4.0
    最安:
    500円~(1GB~)
    人気:
    1,110円
    (1GB:コミュニケーションフリー)
    データ容量の繰り越し:
    OK
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    NG
    LINEをはじめとした主要なSNS (facebook、twitter、Instagram)がカウントフリーになる独自サービスが人気。LINEアプリの年齢認証機能が使えない格安SIMのデメリットが、LINEモバイルには適用されないメリットも大きな魅力。