コスパに優れたミッドハイレンジの大人気スマホOPPO Reno Aを、動画のカウントフリーで大注目のBIGLOBEモバイルで利用したいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

OPPO Reno AはBIGLOBEモバイルで問題なく利用できます。しかも期間限定のお得なキャンペーンを適用すれば、割安価格で購入することだって可能なんです。

 

そんなOPPO Reno AをBIGLOBEモバイルで使うメリットやデメリット(注意点)詳しく紹介していきます。

OPPO Reno AとBIGLOBEモバイルの特徴・相性

  1. OPPO Reno A(OPPO)の特徴


    公式サイトはこちら⇒BIGLOBEモバイル

    スマホセット:
    35,760円(税抜)
    画面サイズ:
    6.4インチ
    本体サイズ:
    約75.4×158.4×7.8mm
    重量:
    約169.5g
    カラー:
    ブルー/ブラック
    3~4万円台でオクタコアCPUと6GBのRAMを搭載。背面に1,600万画素のデュアルカメラ、表面に2,500万画素のインカメラを搭載。中華スマホながら防塵防水機能、おサイフケータイまで完備。

日本市場への参入こそ後発だったOPPOですが、世界のスマートフォン市場ではトップシェアを誇る中国メーカーです。

 

非常にコスパに優れた端末を多く取り揃えており、まさにOPPO Reno AはOPPOの得意とするミッドハイレンジ向けスマホの主力商品です。

Qualcomm Snapdragon 710とRAM6GBを搭載しているため処理性能が高く、インカメラとアウトカメラはAIを使った自動補正で簡単に美しい写真を撮影することが可能。

 

また画面占有率91%の無駄を排除したディスプレイや光でオーロラのように反射する本体カラーには高級感があります。

 

中華スマホが苦手とするおサイフケータイや防塵防水機能にもしっかり対応。※IPX7/IP6X

大手キャリアの多機能な高額スマホから乗り換える場合、多機能な格安スマホとしてコスパに優れた一押しの端末といえるでしょう。

参考OPPO Reno A のレビュー!(実際に使ってみた感想や写真)

BIGLOBEモバイルの特徴(ビッグローブ)

プラン種別 データ通信のみ 音声通話
音声通話スタートプラン(1GB) 1,400円
3ギガプラン(旧エントリープラン) 900円 1,600円
6ギガプラン(旧ライトSプラン) 1,450円 2,150円
12ギガプラン 2,700円 3,400円
20ギガプラン 4,500円 5,200円
30ギガプラン 6,750円 7,450円

 

BIGLOBE SIMの2017年の評判は

  • MM総研の調査結果で総合満足度No.1
  • ICT総研の調査結果でデータ通信の品質・安定性No.1

を獲得するなど非常に良好でユーザーからの信頼が厚いです。

 

その信頼を支えているのが全国各地で利用できるWiFiスポットや、YouTubeなどの動画が高速データ通信からカウントフリーにできるオプション、安価でお得なシェアSIMといったユーザー目線の独自サービスの数々です。

 

特に動画がカウントフリーになるエンタメフリー・オプションは、2017年のMM総研大賞で話題賞を受賞するなど大きな注目を集めているサービスです。

 

もちろん音声通話が安くなるかけ放題サービスや、豊富でお得なセット販売端末など、基本サービスもバッチリで人気に納得の格安SIMです。

 

公式サイトはこちら⇒BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでOPPO Reno Aを使うメリット

スマホセットは分割購入(24回払い)が可能

2万円台買えるOPPO Reno Aですが、一括購入するのは一時的とはいえ出費が辛いですよね。

 

そんな方にオススメなのが、BIGLOBEモバイルのセット販売端末の24回分割購入です。

なんと分割手数料が実質無料で24回払いにできるんです。

 

月額基本料金と合算して端末代を支払うことができるので、家計の負担を一気に解消することができるでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒BIGLOBEモバイル

BIGLOBE端末あんしんサービスを利用できる

BIGLOBEモバイルには『BIGLOBE SIM端末保証サービス』と『BIGLOBE端末あんしんサービス』があり、BIGLOBE端末あんしんサービスはスマホセットのみ加入できる端末補償オプションとなっています。

交換機を届けてくれるサービスがあると、万が一のトラブル時にも安心ですね。※OPPO Reno Aの場合は570円/月(2020年2月12日時点)

 

公式サイトはこちら⇒BIGLOBEモバイル

セット販売端末だからAPN設定が不要

OPPO Reno AはBIGLOBEモバイルのセット販売端末に含まれています。

 

本来、格安SIMの場合は自社の回線を利用するためにAPNというネットワークの設定をスマホ端末上で行う必要があります。

参考BIGLOBEモバイルのAPN設定とは?

 

ところがBIGLOBEモバイルのセット販売端末の場合は、BIGLOBEモバイル側であらかじめAPNがプリセットされた状態で手元に届くので、APN設定情報を作成・入力せずにBIGLOBEモバイル回線が利用できるのです。

 

格安SIMが初めてで心配の方や煩雑な設定が面倒という方にとっては非常にうれしい特典ですね。

 

公式サイトはこちら⇒BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでOPPO Reno Aを使う際の注意点

OPPO Reno Aの通常価格はやや割高

BIGLOBEモバイルではOPPO Reno Aを通常価格35,760円(1,490円(税別)×24カ月)で販売しています。税込み価格が39,336円です。

格安SIM 通常価格
OCNモバイルONE 29,700円
IIJmio 32,780円
mineo(マイネオ) 38,280円
QTモバイル 38,280円
楽天モバイル 38,800円
BIGLOBEモバイル 39,336円
NifMo(ニフモ) 39,380円
LINEモバイル 39,380円

※2020年2月2日時点

 

一括購入するなら、OPPO Reno Aを大手ネット通販のAmazonや楽天市場で購入して、BIGLOBEモバイルで利用することも可能です。

参考価格(楽天市場):37,340円(税込)+送料無料※2020年2月5日現在

 

OPPO Reno Aを少しでもお得にゲットしたい場合は他の格安SIMやネット通販の方が安く買える場合があるので、BIGLOBEモバイルのセットプランで購入する特典や実施中のキャンペーンと比べたうえで、入手先を選択すると良いでしょう。

参考格安SIMの最新キャンペーン情報

OPPO Reno AのAPN設定の手順

BIGLOBEモバイルのセット端末ではなく、別の場所で入手した場合には、端末画面からAPN設定が必要になります。

  1. まず、スマホの『設定』アイコンを押します。
  2. 設定画面の『モバイルネットワーク』を押して、『モバイルデータ通信』に☑して、『高度な設定』⇒『APN(CPA)設定』の順に押していきます。
  3. BIGLOBE SIMのネットワーク情報を入力して保存します。
  4. 『APN接続』または『設定を有効にする』に☑します。
ネットワーク名 任意の名前例)biglobe
APN biglobe.jp
ユーザーID user
パスワード 0000
認証タイプ CHAPまたはPAP
PDP Type IP(PPPは未対応)

au回線のタイプAを利用する場合はAPNタイプがあれば以下の通り設定します。

APNタイプ default,supl,dun

なお上の手順は2018年11月15日時点でのAndroidのネットワーク設定です。※端末によってAPN設定の項目名が若干異なるケースあり

 

現時点での最新情報(詳細手順)は事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでOPPO Reno Aを使う注意点まとめ

ミッドハイレンジの中でも処理性能が高いと評判が良い人気スマホOPPO Reno Aが、BIGLOBEモバイルのセット販売端末として購入できます。

 

セット販売端末のメリットとしてはネットワーク設定(APN設定)が不要で、分割手数料なしの24回払いで購入できる点が大きいです。

 

ただしBIGLOBEモバイルのセット販売しているOPPO Reno A(通常価格)は、決して安くはありません。

少しでも割安価格でOPPO Reno Aを手に入れたい方は、ネット通販や他の格安SIMも選択肢に入れると良いでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒BIGLOBEモバイル

 

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のOPPO Reno Aを見てみる!