格安SIMの中でも月額料金が最安値水準で人気のDMMモバイル。しかしネットやSNSの口コミでは、意外にも通信速度に対する不満の声も多く挙がっています。

 

もちろん大手キャリアと比べれば遅くなるのは仕方ありません。高画質な動画やゲームなど、利用目的によっては不向きな場合もあります。

ただ調べてみると意外と単純な設定ミスやキャリア回線とスマホとの相性(対応バンド)など、DMMモバイルの問題ではない原因で『繋がりにくい』『遅い』と発言しているユーザーも多いことが分かりました。

 

そこでDMMモバイルを快適に利用するために必要な設定やチェックポイントを詳しく解説していきます。




DMMモバイルが遅い・繋がらない不満の声(SNSの口コミ)

DMMモバイルが遅い・繋がらない原因と対策①:間違えて機内モードを設定している

意外と多いトラブルの原因『機内モード』。

worrier

ポケットに入れていたスマホのロックが外れてしまい、勝手に機内モードが設定されてしまった…

そんな経験をしたことがある方も珍しくはないでしょう。

しかもDMMモバイルに変えたばかりだと、まっさきに「やっぱり格安SIMはダメだ…」と疑ってしまう気持ちもわかりますが、まずは冷静になって設定をチェックしてみましょう。

※機内モードのスマホの画面表示例

 

なお機内モードは、設定→無線とネットワーク→機内モード(ON→OFF)で簡単に解除することができます。

DMMモバイルが遅い・繋がらない原因と対策②:DMMモバイルのAPN設定ができていない

DMMモバイルなどの格安SIMを利用する場合、回線を利用するためのネットワーク設定(APN/CPA設定)を端末上で行う必要があります。

参考DMMモバイルを使うために必要なAPN設定の手順

DMMモバイルが遅い・繋がらない原因と対策③:デュアルSIMのSIMスロットが違う

最近のスマホはSIMカードが複数枚挿せるデュアルSIMに対応している機種が多くあります。利用したいSIMスロット番号(1/2)にSIMカードを装着した上で、対応したSIMカードのAPN設定を行う必要があります。

以下、ZenFone 4カスタマイズを例に画像で解説します。※ZenFone 4カスタマイズはDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に対応しており、4G+3Gの同時待受けが可能です。

 

SIMカードスロットのカバーは側面の穴にピンを挿すと出てきます。※ピンはソフトカバーの包装紙に付属

ZenFone4カスタマイズのSIMスロット
ZenFone4カスタマイズのSIMカードスロット

装着時の奥側がスロット1(SIMカード1)で、手前側がスロット2(SIMカード2)です。なおスロット2はnanoSIMとmicroSDカードとの排他仕様となっているため、どちらか一方しか利用できない点に注意が必要です。

 

SIMカードをセットした後はAPN設定を行うことで、契約した回線でデータ通信が利用できるようになります。

DMMモバイルが遅い・繋がらない原因と対策④:契約プランの回線とスマホの相性(対応バンド)

障害物に強く繋がりやすいプラチナバンドと呼ばれる低い周波数(900MHz帯)と、電波の直進性が高く高速で大容量のデータ転送に有利な高い周波数(2.0GHz帯)がバランスよく利用できる回線と端末の組み合わせが理想です。

SIMロック解除すれば異なるキャリア端末と回線の組み合わせで利用できる機種がある一方で、対応バンドが少ないためにエリアによっては電波が繋がりにくかったり、全く使えなかったりするケースがあります。

DMMモバイルの場合はドコモ回線とスマホの組み合わせに注意する必要があります。

参考スマホの対応バンド(周波数帯域)とは?

 

基本的には利用する端末と回線を同じキャリアに統一した方が対応バンドの相性が良いためトラブルのリスクを減らすことができます。

  • スマホセット(SIMフリー端末)でDMMモバイルを利用する
  • ドコモの端末でDMMモバイルを利用する

ドコモ、SIMフリー端末でも対応バンドが合わないスマホを利用している場合には、MNP転出手数料を払ってでも現在実施中のキャンペーンを適用して別の格安SIMへお得に乗り換えてしまうのも選択肢としてはアリです。

参考格安SIMの最新キャンペーン情報

DMMモバイルが遅い・繋がらない原因と対策⑤:高速データ通信OFFを設定している

DMMモバイルにはデータ容量を節約できる『高速データ通信ON/OFF機能』があります。専用アプリ『DMMmobileアプリ』を使うことで簡単に制御することが可能です。

 

LINEやメールで簡単なコミュニケーションをとったり、軽くネットサーフィンする程度の使い方であれば、DMMモバイルにはバースト転送機能があるため、節約モード(高速データ通信をOFF)に設定していても十分使えます。

そのため、知らぬ間にDMMmobileアプリで『高速データ通信OFF』設定して低速通信で使い続けていたなんて事態も起こり得ます。

あまりにも遅い・繋がらないと感じた場合には節約モードの設定を確認してみましょう。

混雑する時間帯で起こる通信速度低下は仕方ない…

ここまでDMMモバイルが遅い・繋がらない原因と解決方法を紹介してきましたが、残念ながら通勤・通学(9時前後)の時間帯や、お昼休み時(12時前後)、帰宅~就寝(夕方)までの時間帯はスマホ利用者が多く、速度が上がらない傾向があります。※特に12時前後が速度低下を感じやすい時間帯

こういった混雑する時間帯に高画質の動画やゲームを快適に楽しみたいユーザーにはDMMモバイルは不向きと言わざるを得ません。

 

回線元が起因する問題に対しては複数回線でリスク分散する方法が最も効果的といえるでしょう。

DMMモバイルはドコモ回線を利用しているので、通信速度や通信規格の違いを考慮して複数回線を利用するならWiMAX(au回線)との組み合わせがおすすめです。

参考格安SIMとWiMAXの比較!組み合わせて使うメリットとデメリット

 

複数回線を大手キャリアと変わらない月額料金で契約できるうえに、万が一どちらかの回線が通信障害で使えなくなったとしても別回線で通信できるため、トラブル時のリスク分散になります。

2018年12月6日に発生したソフトバンクの通信障害の時にも、やはり格安SIMとWiMAXを併用していたユーザーは今回の通信障害もうまく切り抜けられたようです。

参考制限なしプラン(ギガ放題)が安いWiMAXプロバイダおすすめランキング!

DMMモバイル(DMM.comの格安SIM)の特徴

データ容量 データ通信 音声対応
ライト 440円 1,140円
1GB 480円 1,260円
2GB 770円 1,380円
3GB 850円 1,500円
5GB 1,210円 1,910円
7GB 1,860円 2,560円
8GB 1,980円 2,680円
10GB 2,190円 2,890円
15GB 3,280円 3,980円
20GB 3,980円 4,680円

 

DMMモバイルは豊富なデータ容量別プランと業界最安値水準の月額料金を武器にライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広い層に人気です。

J.D.パワーの『2017年格安スマートフォン/格安SIMカードサービス顧客満足度調査』では第1位を受賞しており、コスパの良さを伺い知れます。

 

また基本的に格安SIMサービスを展開するためには、大手キャリア(ドコモ)との技術的な仲介役となるMVNEが必要になります。

 

実は格安SIMの場合は、このMVNEに通信品質が依存することがしばしばあります。

 

DMMモバイルはMVNEが業界で最も信頼度が高いIIJ系ということもあり、安定したデータ通信が期待できると共に、低速通信時のバースト転送や高速通信時の直近3日間制限がないなど、価格と品質の両面において定評があるんです。

 

  1. かけ放題 4.0
    通信速度 4.5
    サービス 4.5
    セット端末 4.0
    最安:
    440円~(200Kbps)
    人気:
    480円
    (1GB:データ通信SIM)
    データ容量の繰り越し:
    OK
    電話かけ放題オプション:
    OK
    高速/低速通信切り替え:
    OK
    豊富な容量別プランと業界最安値水準の月額料金が最大の魅力。DMMトークや10分かけ放題など通話料金の割引サービスにも対応。データ容量は月末まで何度も変更可能で、とにかく安くしたいユーザーにピッタリの格安SIM。

公式サイトはこちら⇒DMMモバイル