APNという言葉自体、NifMoなど格安SIMを初めて利用する方にとっては、初めて聞く単語ではないでしょうか?

 

海外でプリペイドSIMを購入してデータ通信を行ったり、格安SIMで契約したSIMカードを使ったりする場合、スマホ端末の画面上でAPN情報を作成・選択するネットワーク設定が必要になるケースがあるんです。しかもiPhone(iOS)とAndroidでやり方が異なり、別途Wi-Fi環境が必要な場合も…

 

そんなネットワーク設定(APN)の基本情報から詳しい設定手順や注意点、NifMoのAPN情報がプリセットされているスマホを利用して、APN設定を簡単に終わらせる方法について解説していきます。

そもそもAPN設定とは?

APN(Access Point Name)とはアクセス・ポイント・ネームの略称です。ただしauではCDMA2000という通信規格を利用しているため、auブランドのスマホの設定画面だとAPNをCPA(Cdma Packet Access)と表示されるケースがあります。

 

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアを一言でいうと『移動体通信業者(MNO)』と呼ばれています。一方で格安SIMサービスを展開する事業者を『仮想移動体通信事業者(MVNO)』と呼びます。

 

どちらも携帯電話事業を行っていますが、みなさんがよくご存じの大手キャリア(MNO)と格安SIM(MVNO)はいったい何が違うのでしょうか?

 

それは

  • 大手キャリア⇒通信設備を自社で持っている
  • 格安SIM⇒通信設備を他社から借りている

という違いです。

 

携帯電話サービスを行うには電波を送受信するための通信設備が必要になりますが、非常に莫大なコストが掛かかります。そこでMVNOはMNOから通信設備を安く借りたり、運営コストを安く抑えたりすることで格安の携帯電話サービスを提供しているのです。

 

 

大手キャリアの通信設備を借りているとはいえ、インターネットへ接続するためにはMVNO独自の通信設備(ゲートウェイ)を経由する必要があります。このMVNO独自の通信設備を利用するためのネットワーク設定がAPN(CPA)設定なのです。

AndroidのAPN設定の詳細な手順

  1. まず、スマホの『設定』アイコンを押します。
  2. 設定画面の『モバイルネットワーク』を押して、『モバイルデータ通信』に☑して、『高度な設定』⇒『APN設定』の順に押していきます。
  3. NifMoのネットワーク情報を入力して保存します。
  4. 『APN接続』または『設定を有効にする』に☑します。
LTE/3G対応端末 3G専用端末
ネットワーク名 任意の名前例)nifmo
APN mda.nifty.com mdb.nifty.com
ユーザーID mda@nifty mdb@nifty
パスワード nifty
認証タイプ CHAP
PDP Type IP
MCC 440
MNC 10

なお、上の手順は2017年8月2日時点での

Androidのネットワーク設定です。

 

現時点での最新情報(詳細手順)は事前に

しっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒NifMo

iPhone(iOS)のAPN設定の詳細な手順

 

iPhoneのネットワーク設定はAndroidのAPN設定とは異なってプロファイルをインストールするため、別途Wi-Fi環境が必要になる点に注意が必要です。NifMoの場合はiOSのバージョンによってインストールするプロファイルも異なるので、間違えないように気を付けましょう。

 

(!)APN構成プロファイルをダウンロードするため、iPhoneをWi-Fi接続しておく必要があります。ご自宅やカフェなどのWi-Fiをご利用ください。

引用元:公式サイト(NifMo)

 

●iOS 9用のプロファイル

URL:iOS 9用APN構成プロファイルをダウンロード

 

●iOS 8用のプロファイル

URL:iOS 8用APN構成プロファイルをダウンロード

 

  1. まず、Safariでプランに対応したプロファイルURLへアクセスします。
  2. プロファイルのインストール画面が開くので、『インストール』を押します。
  3. パスコードを入力して警告画面を確認し、『インストール』を押します。
  4. インストールが終わったら『完了』を押します。

 

なお大手キャリアで利用していたiPhoneの場合は、登録されているプロファイルを別途削除する必要があります。

  1. 『設定』⇒『一般』⇒『プロファイル』の順に進みます。
  2. 『プロファイルを削除』を押してパスコードを入力します。
  3. 『削除』ボタンを押します。

 

設定したのに回線がつながらない場合は『音声通話とデータ』または『データ通信』にチェックが入っていることを確認します。

  1. 『設定』⇒『モバイルデータ通信』⇒『通信のオプション』⇒『4Gをオンにする』の順に進みます。
  2. VoLTEを有効にする場合は『音声通話とデータ』、無効にする場合は『データ通信』を選択します。

 

それでもダメな場合は『端末の再起動』と『機内モードON / OFF』を試してみましょう。

 

上で紹介している手順は2017年8月12日時点でのiPhoneのネットワーク設定です。現時点での最新情報や詳細手順は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒NifMo

面倒なAPN設定を省略する方法

格安SIMサービスを提供している多くのMVNOがSIMカードの契約とスマホをセットで販売しています。

 

NifMoもセット端末を販売していて、これら機種には自分で作成・入力しなくてもNifMoのAPN情報がプリセットされており、NifMo回線が利用できるようになっているんです。

 

worrier

APN設定ってなんだか面倒そうだな~…

worrier

できるか不安(失敗したら嫌)だな~…

という方はセット端末を利用するのも一つの手ですね。

まとめ

APN設定自体は慣れてしまえば大したことはありません。

 

しかし数年に一度の機種変更のために機種毎に必要な設定手順や、プロファイルのインストール作業を調べるのも面倒ですよね。しかもプロファイルのダウンロードには、別途Wi-Fi環境が必要になります。

 

そんな場合には是非ともセット端末を活用して、面倒なAPN設定作業を省略してしまいましょう。

 

公式サイトはこちら⇒NifMo