デザインや主な機能はiPhone Xをベースに、全体的な性能アップで進化したiPhone XS。LINEアプリがカウントフリー&格安SIMなのに年齢認証が使えるLINEモバイルで利用したいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

iPhone XSはLINEモバイルで問題なく利用できます。しかもドコモとソフトバンクのiPhone XSならLINEモバイルでSIMロック解除なしでそのまま利用できるんです。

 

ただし他社製品を利用する場合は契約する回線プランやネットワーク設定など注意点もあります。そこでiPhone XSとLINEモバイルの特徴や相性(メリットと注意点)、実際に利用しているユーザーの感想(口コミ・レビュー)について詳しく紹介していきます。

iPhone XSとLINEモバイルの特徴・相性

  1. iPhone XS(Apple)の特徴

    画面サイズ:
    5.8インチ
    本体サイズ:
    70.9×143.6×7.7mm
    重量:
    177g
    カラー:
    シルバー/スペースグレー/ゴールド
    SIMフリーモデルは12万円台から入手可能。iPhone Xと比較して処理性能はチップがA11→A12、RAMが3GB→4GBへと向上。防塵防水性能もIP67→IP68へ進化。内蔵ROMも最大256GB→512GBモデルまで選択可能に。革新的な機能の実装こそないが、全体的にスペックが向上。

AppleのiPhoneシリーズは言わずと知れたスマホの超有名ブランドです。

 

iOSを搭載しており、Androidスマホにはない操作性で、特に日本では今でも根強い人気を誇っています。

 

デザイン(外観)はシリーズで初めてホームボタンが廃止されたiPhone Xとほぼ同じで、指紋認証機能(Touch ID)もなし。

 

全体的にスペックはiPhone Xより高く、時代の最先端をゆくスマホを使いたい高級志向なユーザーにピッタリの機種。

参考iPhone XS(Max)/XRのスペックをiPhone Xと比較!進化した機能や性能とは?

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のiPhone XSを見てみる!

LINEモバイルの特徴

LINEフリープラン
 サービスタイプ 容量 月額料金
データ 1GB 500円
データ+SMS 620円
音声通話 1,200円
コミュニケーションフリープラン
容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,200円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円
MUSIC+プラン
容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

 

LINEアプリを筆頭に人気SNSの利用でデータ通信容量を消費しない『カウントフリーサービス』が最大の特徴です。

SNSを利用している日本の人口は8割を超えるといわれており、

  • 1位:LINE
  • 2位:Twitter
  • 3位:Facebook
  • 4位:Instagram

の順にユーザーが多いとされています。

 

コミュニケーションフリープランでは、これらすべてのSNSが高速データ通信の使用容量としてカウントされないで利用できる、自社サービスを存分に活かした画期的なサービスが大人気の秘訣です。

そして実際にLINEモバイルを利用しているユーザーは3割ものデータ消費量の削減(カウントフリー)に成功しているんです。

 

他の格安SIMでは利用できないLINEの年齢認証機能が使える点やユーザー間でパケットを送りあえる点など、スマホをLINEメインで使っている方にとっては他に選択肢がない究極の格安SIMサービスといえるでしょう。

LINEモバイルでiPhone XS(XS Max)を使うメリット

docomo版とSoftBank版のiPhone XS(XS Max)がそのまま使える

ドコモ回線プラン
機種名 モデル SIMサイズ テザリング
iPhone XS SIMフリー版 ナノ OK
ドコモ版 ナノ
iPhone XS Max SIMフリー版 ナノ
ドコモ版 ナノ
ソフトバンク回線プラン
機種名 モデル SIMサイズ テザリング
iPhone XS SIMフリー版 ナノ OK
ソフトバンク版 iPhone専用ナノ
iPhone XS Max SIMフリー版 ナノ
ソフトバンク版 iPhone専用ナノ

 

SIMフリー版はもちろんのこと、LINEモバイルならドコモのSIMロックが掛かったiPhone XS(XS Max)とソフトバンクのSIMロックが掛かったiPhone XS(XS Max)でも正常に動作することが確認されているため、安心して利用できます。

特にLINEモバイルのソフトバンク回線プランは通信速度が速いので高性能なiPhone XSシリーズとの相性がバツグンです。※1Mbps以上キープチャレンジキャンペーン実施中

参考ソフトバンク回線がおすすめな格安SIMはLINEモバイルで決まり!(その理由を徹底解説)

 

ただしSIMロック解除しなくても利用できるのは以下の組み合わせであることに注意しましょう。

  • ドコモ回線プラン:ドコモ版iPhone XS/XS Max
  • ソフトバンク回線プラン:ソフトバンク版iPhone XS/XS Max

SIMフリー版だと高いiPhoneなので、ドコモやソフトバンクで利用していたXSやXS Maxがそのまま使えるなら使わない手はないですよね。

 

なお現時点(2018年10月20日)での動作確認時のバージョンはiOS 12.0です。最新のOSバージョン情報は公式サイトで確認してください。

 

公式サイトはこちら⇒LINEモバイル

LINEモバイルでiPhone XS(XS Max)を使う際の注意点

iPhone XS(XS Max)のネットワーク設定の手順

iPhoneのネットワーク設定はAndroidのAPN設定とは異なってプロファイルをインストールするため、別途Wi-Fi環境が必要になる点に注意が必要です。

  1. まず、Safariで『https://mobile.line.me/apn/line.mobileconfig』へアクセスします。
  2. プロファイルのインストール画面が開くので、『インストール』を押します。
  3. パスコードを入力して警告画面を確認し、『インストール』を押します。
  4. インストールが終わったら『完了』を押します。

なお大手キャリアで利用していたiPhoneの場合は、登録されているプロファイルを別途削除する必要があります。

  1. 『設定』⇒『一般』⇒『プロファイル』の順に進みます。
  2. 『プロファイルを削除』を押してパスコードを入力します。
  3. 『削除』ボタンを押します。

設定したのに回線がつながらない場合は『音声通話とデータ』または『データ通信』にチェックが入っていることを確認します。

  1. 『設定』⇒『モバイルデータ通信』⇒『通信のオプション』⇒『4Gをオンにする』の順に進みます。
  2. VoLTEを有効にする場合は『音声通話とデータ』、無効にする場合は『データ通信』を選択します。

それでもダメな場合は『端末の再起動』と『機内モードON / OFF』を試してみましょう。

 

上で紹介している手順は2018年11月15日時点でのiPhoneのネットワーク設定です。現時点での最新情報や詳細手順は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒LINEモバイル

LINEモバイルに関するiPhone XSの口コミや感想・評判

LINEモバイルでiPhone XSを使う際のメリット(デメリット)まとめ

デザインや主な機能はiPhone Xをベースに、全体的な性能アップで進化したiPhone XSですが、LINEモバイルならドコモとソフトバンクのiPhone XS(XS Max)がそのまま使えちゃうんです。

 

特にLINEモバイルのソフトバンク回線プランは速くて安定した通信速度が出るので、高性能&高機能なiPhone XS(Max)との相性がとっても良好です。

 

他社製品の場合はAPN構成プロファイルなどの設定が必要にはなりますが、LINEモバイルならSIMフリー版やドコモ版、ソフトバンク版のiPhone Xで動作確認が取れているので安心して利用できます。

 

iPhone XSは12万円以上するため決して安くありません。

それでも圧倒的に安い格安SIMの月額基本料金によって、2年間運用した際のトータルコストが節約できるため、LINEモバイルとiPhone XS(XS Max)の組合せは非常におすすめです。

 

公式サイトはこちら⇒LINEモバイル

※今なら『LINEモバイルで最大4,170円の割引キャンペーン!』を開催中!SIMのみ購入がさらにお得に!