できるなら今まで使っていたiPhoneをahamoで継続利用して、機種代として掛かる数万円の初期費用はなるべく抑えたいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

ahamoでは独自のセット端末を販売していますが、ahamoでは取り扱っていないiPhoneシリーズの動作確認も行っています。

またahamoならiPhone11をセット販売端末としてオトクに購入することも可能です。

 

ただしahamoでiPhoneを使う際に注意すべきポイントがいくつかあります。そこでお使いの機種で利用するために必要な条件や確認の仕方について詳しく解説していきます。


※キャリアメール非対応&オンライン限定プラン

ahamoで動作確認済みのiPhone機種一覧

ドコモブランド端末/SIMフリー
機種名 SIMロック解除 SIMサイズ
iPhone 12 Pro Max 不要 nano
iPhone 12 Pro 不要 nano
iPhone 12 不要 nano
iPhone 12 mini 不要 nano
iPhone 11 Pro Max 不要 nano
iPhone 11 Pro 不要 nano
iPhone 11 不要 nano
iPhone XS Max 不要 nano
iPhone XS 不要 nano
iPhone XR 不要 nano
iPhone X 不要 nano
iPhone 8 Plus 不要 nano
iPhone 8 不要 nano
iPhone 7 Plus 不要 nano
iPhone 7 不要 nano
iPhone 6s Plus 不要 nano
iPhone 6s 不要 nano
iPhone SE(第 2 世代) 不要 nano
iPhone SE(第 1 世代) 不要 nano

※2021年5月30日時点

他社ブランド端末
機種名 SIMロック解除 SIMサイズ
iPhone 12 Pro Max 必要 nano
iPhone 12 Pro 必要 nano
iPhone 12 必要 nano
iPhone 12 mini 必要 nano
iPhone 11 Pro Max 必要 nano
iPhone 11 Pro 必要 nano
iPhone 11 必要 nano
iPhone XS Max 必要 nano
iPhone XS 必要 nano
iPhone XR 必要 nano
iPhone X 必要 nano
iPhone 8 Plus 必要 nano
iPhone 8 必要 nano
iPhone 7 Plus 必要 nano
iPhone 7 必要 nano
iPhone 6s Plus 必要 nano
iPhone 6s 必要 nano
iPhone SE(第 2 世代) 必要 nano
iPhone SE(第 1 世代) 必要 nano

※2021年5月30日時点

 

ahamoでは、ドコモと他社ブランドで19機種のiPhoneシリーズが利用可能となっています。

 

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)

ahamoでiPhoneを利用する際の注意点とポイント

iPhoneに限らずテザリングが無料で利用できる

一部の大手キャリアでは定額サービス『テザリングオプション』に加入して、月額550円程度の支払いが必要となるテザリング機能が、ahamoなら無料で利用可能となっています。

iPhone端末に限らず、Android端末でも月間データ容量制限(20GB)の範囲内であれば、自由にテザリング機能が堪能できます。

大手キャリアのiPhoneはSIMロック解除が必要

ahamoで他社iPhoneを利用する場合は基本的に全機種でSIMロック解除は必要です。

・ドコモで提供している通信方式とは異なる通信方式のみに対応している製品、また、SIM ロックが解除されていない製品はご利用いただけません。

引用元:公式サイト(ahamo)

ただし、同じオンライン専用ブランドのLINMOがソフトバンク版iPhoneでSIMロック解除が必要になるのとは異なり、ahamoではドコモ版iPhoneならSIMロック解除しなくても利用できます。

他社端末の動作確認済みiPhoneは接続実績

ahamoではドコモ版以外のiPhoneシリーズは接続実績があるというだけで、ahamoが動作保証している訳ではありません。

・接続実績とは、該当端末を一定条件の下に 1 度でも、通話・データ通信・SMS 機能を利用した実績があることを示しています。
また、接続実績は全ての動作を保証するものではありませんので、お客さまの責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

引用元:公式サイト(ahamo)

ただし基本的にiPhoneシリーズはiPhone SE(第1世代)以降のiPhoneシリーズであれば、通信方式など仕様に大きな違いはありません。

あくまでも自己責任にはなりますが、SIMロック解除されている場合は他社端末であっても使える可能性は高いといえるでしょう。

ahamoだとiPhoneのeSIMが利用できない

iPhone XS/XR以降、iPhoneシリーズでは端末に物理SIMを入れなくても、設定だけで利用できるようになるeSIMに対応しています。

設定が簡単に済むだけでなく、デュアルSIM(複数回線の同時使用)での利用ができるようになるなど、非常に便利な機能となっています。

参考デュアルSIMでRakuten UN-LIMITを使ってみた感想レビュー!

 

しかし現時点(2021年5月30日)ではahamoはeSIMに対応していないため、残念ながらiPhoneのeSIM機能を堪能することはできません。

キャリアフリーdアカウントと紐づいたdカードでの契約

ドコモ回線を持ってないユーザー向けの『キャリアフリーdアカウント』をdカードと紐づけた状態でahamoを申し込むと、手続きができなくなる問題があります。

そんな場合は、いったん『ドコモオンライン手続き』から紐づけを解除し、ahamoの契約が完了した後に、再度dアカウントとの紐づけをしましょう。

キャリアフリーdアカウント(ドコモの回線をお持ちでない方向け)をご利用中のお客様で、dカードと紐づいたdアカウントでのお申込みを行った場合、お手続きができません。
ドコモオンライン手続きにて紐づけの解除を行っていただくと、お申込みができる可能性があります。
また、dアカウントとの紐づけ解除した場合、ahamoをお申込み後に再度dアカウントとの紐づけのお手続きをお願いします。

引用元:公式サイト(ahamo)

お手持ちのiPhoneが利用できるか確認する方法

ahamoの公式サイトでは、実際にあなたが使っているiPhoneの機種の利用条件を簡単にチェックできるようになっています。契約してからトラブルに見舞われないためにも事前に自分の目で一度は確認しておきましょう。

 

1. まず、下のリンク(ahamo)から公式サイトへ移動します。

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)

 

2. 下の方にスクロールすると『対応端末一覧』ボタンがあるので押すと、対応端末一覧画面が表示されるので、『iPhone』を選択して確認します。

・・・

他社ブランドの接続実績は『iPhone 対応端末一覧』ボタンを押すことで、ahamoで利用できるiPhoneシリーズの端末情報が手に入ります。

・・・

なお、これら情報は2021年5月30日時点で動作実績のある端末情報です。現時点での最新情報は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)

ネットワーク設定の詳細・手順

ahamoなどの格安SIMを利用する場合、回線を利用するためのネットワーク設定(APN設定)を端末上で行う必要があります。

iOSのAPN設定

ahamoではAndroid端末はAPN設定が必要ですが、iPhoneの場合は自動的にプロファイル設定が行われるため、基本的に設定は不要となっています。

ただし、ahamoの前に利用していた通信事業者の構成プロファイルが残っている場合は、削除して再起動しておく必要があります。※構成プロファイルは『設定』▶『一般』▶『プロファイル』で確認可能

ahamoならiPhone 11がセット購入できる

ahamoなら市場価格よりもリーズナブルなお値段でiPhone 11がセット購入できます。

データ容量 64G 128GB 256GB
一括払い 49,390円〜 54,890円〜 66,990円〜
36回払い 1,371円/月〜 1,524円/月〜 1,860円/月〜

なので、今利用しているスマホ端末がahamoで利用できるか心配な方は、ahamoのセット端末を購入して利用するのもオススメです。

 

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)

  1. iPhone 11(Apple)の特徴

    画面サイズ:
    6.1インチ
    本体サイズ:
    75.7×150.9×8.3mm
    重量:
    194g
    カラー:
    ホワイト/ブラック/イエロー/パープル/グリーン/レッド
    SIMフリーモデルは8万円程度で入手可能。iPhone XRと比較して処理性能はチップがA12→A13、RAMが3GB→4GBへと向上。内蔵ROMは64GBと128GB、256GBの3モデルが選択可能に。大きな変化として11では超広角レンズのデュアルカメラを採用。iPhone XRと同様に6色のカラーバリエーションも大きな魅力。

AppleのiPhoneシリーズは言わずと知れたスマホの超有名ブランドです。

 

iOSを搭載しており、Androidスマホにはない操作性で、特に日本では今でも根強い人気を誇っています。

 

画面や本体サイズはiPhone XRと同じで全体的にスペックは向上し、豊富なカラーバリエーションも引き継いでいます。

なお広角+望遠だったデュアルカメラは、iPhone 11シリーズからは超広角+広角をベースとなっています。※上位モデルであるiPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxは超広角+広角+望遠

 

とにかく安くスマホをゲットしたい方には中古ショップのイオシスが品質や品揃え、価格面でおすすめです。※スマホは個人情報も扱う機器なので中古はイオシスなどの専門店を推奨

公式イオシスで中古のiPhone 11を見てみる!

ドコモオンラインショップでiPhoneが購入できる

ahamoではiPhoneシリーズのセット販売も行っていますが、ドコモオンラインショップを通じてドコモ版iPhoneシリーズを購入することが可能です。

参考ドコモオンラインショップ

もともとは、ドコモオンラインショップで機種を購入してahamoで利用するには、料金プランで5Gギガライトまたはギガライト2を選択して機種を購入した後に、ahamoへプラン変更する必要がありました。

ところが今はahamoの料金プランのまま、ドコモオンラインショップを通じてドコモのセット端末を購入できるようになっています。

セット販売端末のラインナップが少ないと機種変更時に困りますよね。

その点、ドコモ版iPhoneシリーズが気軽に購入できるようになったのは、ahamoにとって非常に大きいメリットといえるでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)

ahamoのiPhoneに関する口コミや評判

ahamoでiPhoneを使う際の注意点まとめ

ahamoでは先行エントリーキャンペーンを実施しているので、すでにiPhoneを持っている場合はとってもお得に乗り換えることが可能です。

⇒先行エントリー期間は終了しました。

参考ahamoの最新キャンペーン情報

 

なお、あくまでも他社のiPhoneシリーズは接続実績なので、ドコモブランド以外のiPhoneは自己責任で使わなければならない点に注意が必要です。

 

動作確認済みのドコモ版iPhoneはSIMロック解除しなくてもahamoで利用することができる一方、他社端末(au版/SoftBank版)は事前にSIMロック解除が必要になる点に気を付けましょう。

さらに対応端末一覧に記載があるドコモ版iPhoneでも一部機能が使えなかったり、他社端末だと一部5G周波数に対応できなかったりするので、事前にahamoの公式サイトでチェックしておくことをオススメします。※参考:お手持ちのiPhoneが利用できるか確認する方法

 

またahamoを契約時に既存のdアカウントを利用したトラブルが多く発生している印象があります。

dカードとdアカウントを紐づけている方は、ahamo申込時に注意しましょう。

 

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)