今使っている電話番号そのままで他社へ乗り換えられるMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)。ワイモバイルからahamoへ問題なくMNPが利用できます。

 

ただしオンライン専用プランのahamoではインターネットを使ってMNPする必要があります。

とはいえ心配ご無用!ahamoなら自宅で簡単に、不通時間なしで回線が切り替えられるので安心です。ただしMNPを利用して乗り換える場合、いくつか注意すべきポイントがあります。

 

事前に準備しておかないと、

worrier

そもそも契約ができなかった…

worrier

契約できたけどスマホが使えなかった…

などのトラブルに遭遇してしまいます。

 

そこでまずは『ワイモバイルからMNP予約番号を取得する手順』を、続いて『ahamoでMNP転入する手順』をそれぞれ詳しく解説していきますので、是非とも快適な格安SIMライフを手に入れてください。

【ワイモバイルからMNP予約番号を取得する流れ】

ワイモバイルからahamoへMNPを使って乗り換えるために必要な、大まかな手順は以下の通りです。

 

  1. 手順1. 事前準備

    スマホのSIMロック解除の有無を確認しておきます。

  2. 手順2. MNP予約番号を取得

    ワイモバイルからMNP予約番号を取得します。

  3. mineoでMNP転入手続きを行います。※手順3~4で詳細を解説

 

ざっと流れが頭に入ったところで、実際に手順1の詳細から順を追ってみていきましょう。

手順1-1. ワイモバイルとahamoで契約者名義を統一しておく

ワイモバイルからMNP予約番号を取得して、いざ契約しようとしたら

worrier

契約者名義が違っていて契約できなかった…

という事例が一時、オンライン主体でMNPを行う格安SIMサービスで急増しました。

MNPお申し込みの際に、「契約名義間違い」にてお申し込みがお受けできないケースが多数発生しております。

引用元:公式サイト(mineo)

しかしこの問題はmineoなどの格安SIMに限った話ではなく、ahamoでも起こります。

ahamoは契約者と利用者が同一でないとご契約いただけないため、ahamoのご契約前に名義変更が必要です。
ただし、利用者(ご家族)が未成年の場合はご契約いただけます。

引用元:公式サイト(ahamo)

たとえば、

worrier

ワイモバイルの時には親の名義で契約していたけど、成人になったのでahamoでは自分の名義で契約したい!

なんてケースが該当します。

 

そんな場合は、まずワイモバイルのショップで名義変更を行ってから、MNP予約番号を取得するようにしましょう。

 

ほとんどの格安SIMが名義変更できない中、ワイモバイルは自社回線を保有するMNOという立ち位置でもあり、問題なく名義変更(譲渡)ができるのです。ワイモバイルの譲渡手続きには一回線あたり手数料3,300円掛かります。

 

基本的には当事者の2人で手続きへ行く必要があります。

譲渡される方(譲渡者)と、譲渡を受ける方(譲受者)両名で、下記のものをお持ちのうえ、ご来店ください。

引用元:公式サイト(ワイモバイル)

ただし委任状があれば譲渡を受ける方のみの来店でも手続きができます。支払い方法に応じてキャッシュカードもしくは預金通帳+金融機関お届け印、本人名義のクレジットカードが必要になります。運転免許証やパスポートなどの本人確認書類も忘れず持参しましょう。

手順1-2. ahamoでワイモバイルスマホを使うならSIMロック解除が必要

ahamoはドコモ回線を利用しているため、ドコモのスマホであればSIMロックを解除しなくても利用できますが、ワイモバイルのスマホの場合はSIMロック解除が必須になります。

 

2015年5月以降に発売されたスマホであれば、基本的にSIMロックは解除できますが『機種購入日から181日目⇒101日目以降であること』という条件があります。

対象となるお客さま 変更後の受付条件 変更実施日
分割払いで機種をご購入いただいたお客さま※1 機種購入日から101日目以降より手続きが可能※2 2017年8月1日(火)
一括払いで機種をご購入いただいたお客さま※1※3 一括払いの支払確認後より手続きが可能※4 2017年12月1日(金)

引用元:公式サイト(ワイモバイル)

⇒総務省の『SIMロック解除に関するガイドライン』の見直しにより、以前の181日目以降→101日目以降へSIMロック解除できるまでの期間が短縮されています。(2017年12月1日からは一括払いで機種を購入した場合、支払い確認後すぐにSIMロックを解除可能)

2021年5月12日(水)以降製品を購入されたお客さまへ
SIMロック解除対応製品を購入された場合、購入時にSIMロック解除の手続きを実施した状態でお渡しいたします。お客さまのお申出によるお手続きは不要です。
引用元:公式サイト(ワイモバイル)

⇒2018年1月10日策定の『SIMロック解除に関するガイドラインの改正等について』の影響もあってか、2021年5月12日以降に購入した場合は、そもそもSIMロック解除の手続きが不要となりました。

他にもワイモバイルショップで解除する場合は、SIMロック解除手数料が3,000円掛かり、契約者本人である必要があります。

 

万が一ワイモバイルを解約した後にSIMロックを解除したくなった場合も、解約から90日以内であればワイモバイルショップでSIMロック解除を行うことができるのでご安心ください。

 

ただしなるべくインターネット(My Y!mobile)から解除する方が手数料がお得(無料)なのでオススメです。

 

またSIMフリーやSIMロック解除済みのスマホであっても、ドコモ回線で扱っている周波数帯に機種が対応しているのか確認が必要になります。

参考ワイモバイルの対応バンド(周波数帯)

 

とはいえ機種の対応バンドを自分で調べるのは、なかなか大変ですよね?

 

ahamoの公式サイトでは、実際にあなたが使っている機種が使える条件を簡単にチェックできるようになっています。契約してからトラブルに見舞われないためにも事前に自分の目で一度は確認しておきましょう。

手順1-3. 利用中のワイモバイルスマホがahamo対応端末か確認する

1. まず、下のリンク(ahamo)から公式サイトへ移動します。

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)

 

2. 下の方にスクロールすると『対応端末一覧』ボタンがあるので押すと、対応端末一覧画面が表示されるので、『iPhone』または『Android』を選択して下の方にスクロールして確認します。※以下、iPhoneを例に解説

・・・

他社ブランドの接続実績は『iPhone 対応端末一覧』ボタンを押すことで、ahamoで利用できるiPhoneシリーズの端末情報が手に入ります。

・・・

なお、これら情報は2021年5月30日時点で動作実績のある端末情報です。現時点での最新情報は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)

手順2. ワイモバイルからMNP予約番号を取得する

事前準備が完了したら、いよいよMNP予約番号の取得です。

 

MNPを利用してahamoに乗り換える場合は、現在契約しているワイモバイルから携帯電話番号や契約者などが紐づいているMNP予約番号を発行してもらい、その情報をもとに乗り換え先のahamoでMNP転入手続きを行います。

 

そうすることでワイモバイルで使っていた電話番号が、そのままahamoでも利用できるというわけです。

 

MNP予約番号を取得する方法は電話とインターネット(WEB)それから店舗があります。

MNP予約番号の入手先

TEL:
116 (ワイモバイル)
0120-921-156 (その他)
WEB:
My Y!mobile
店頭:
ワイモバイルショップ

ただしWEBからの取得は

  • EMOBILE 4G
  • EMOBILE LTE
  • EMOBILE 3G

の3サービスのみが対象となっています。

⇒WEB(My Y!mobile)でのMNP転出手続きが2021年4月1日(受付時間:午前9時~午後8時)から解禁されました。

 

電話の受付時間は9時〜20時、WEBの受付時間は9時〜21時半、店頭の受付時間は店舗によって異なります。取得したMNP予約番号はSMSで送られてきます。

 

MNP予約番号を取る際は

  • 3,300円のMNP転出手数料
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう。

ただし契約月から6カ月以内の場合、MNP転出手数料が6,000円掛かることに注意が必要です。

⇒総務省の働きかけもあり、2021年3月17日からMNP転出手数料が無料化されました。

 

以上が『ワイモバイルからMNP予約番号を取得する手順』の詳しい解説になります。それでは続いて『ahamoでMNP転入する手順』について確認していきましょう。

【ahamoへMNP転入・回線切替する流れ】

ahamoへMNP転入するために必要な大まかな手順は以下の通りです。

 

  1. 手順3. 公式サイトで契約

    ahamoの公式サイトへ移動して、ワイモバイルから取得したMNP予約番号を入力して契約します。

  2. 手順4. ahamo回線へ切替

    自宅にSIMカードが届いたら、ahamoアプリor手続きサイトで転入手続きします。

  3. あとは開通処理完了画面が表示されるのを待つだけです。ahamo回線が利用できるようになります。

 

ざっと流れが頭に入ったところで、実際に手順3の詳細から順を追ってみていきましょう。

手順3. ahamoの公式サイトからMNPで契約する

次に、ahamoの公式サイトへ移動して、MNPを利用するための手続きを行います。

 

ahamoには、MNP予約番号の有効期限(15日間)に加えて『有効期限が10日以上』という独自ルールがあります。

つまり実質的な契約までの期限はMNP予約番号を取得後、たったの5日間というわけです。

 

期期限内に契約できなかった場合は、再び取得し直すために15日間待つ羽目になります。

 

手間が掛かかるうえに、ひと月乗り遅れるだけでキャンペーンや更新月をまたいでムダな出費にもつながりる可能性があります。

参考ahamoの最新キャンペーン情報

 

そこでMNP予約番号を取得する前に公式サイトから選択画面を事前に確認しておき、当日は失敗することなくスムーズに手続きを済ませましょう。

MNPを利用した契約手続きの詳しい手順

1. まず、下のリンク(ahamo)から公式サイトへ移動します。

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)

 

2. 次に、公式サイトの『申し込み』ボタンを押して、該当する契約形態を選択し『次へボタン』を押します。

・・・

3. 契約形態・オプションの選択

MNPで乗り換える場合には、ここで『他社からの乗り換え(MNP)』を選択します。

なお、電話する機会の多い方は、必要に応じて5分かけ放題⇒かけ放題オプション(月額+1,100円)へアップグレードします。※不要な方は申し込まなくてOK

4. ahamo契約前の確認

今使っているスマホそのままでSIM契約のみで乗り換える場合には、ahamoの対応端末か事前にチェックを行います。

参考ahamoの動作確認端末をチェックする方法

5. お客さま情報入力の開始

申し込み前の確認事項(本人確認書類や支払い方法など)をチェックして、dアカウントの有無に応じて、以下のボタンを押します。

  1. dアカウントを持っている方:『ご確認事項に同意の上、開始する』ボタン
  2. dアカウントを持っていない方:『メールアドレス(dアカウントID)』と『開始する』ボタン

※dアカウントがない場合は作成

6. MNP予約番号の入力

ここで転出元の事業者から取得したMNP予約番号の情報(10桁の予約番号、有効期限、電話番号)を入力していきます。

7. 本人確認書類・受け取り方法の選択

契約者情報や身分証明書の画像データをアップロードする際、ahamoではスマホで本人確認書類と顔の画像を撮影・送信する必要があります。

本人確認書類を選択して『開始する(外部サイトへ遷移)』ボタンを押して撮影します。

書類は表面だけでなく、裏面や厚みが分かるように斜めで撮影したり、顔は首振りなども必要なため、少しコツと手間が掛かるので注意が必要です。

 

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)

手順4. ワイモバイル回線からahamo回線へ切り替える

契約の手続きが完了すると数日して自宅にSIMカードが届きます。

ahamo回線へ切り替える詳しい手順

SIMカードが届いたら、まずは『お手続きサイト』または『ahamoアプリ』でログインして、13桁の受付番号、電話番号、4桁の暗証番号でログインします。

内容を確認して『切り替え(開通)』⇒『開通する』ボタンの順に押していくと、開通処理が完了します。

そのあとにahamoのSIMカードへ差し替えることでahamo回線が利用できます。

 

ahamoではインターネット経由以外にも電話で開通手続きを行う方法があるものの、MNPには対応していないので注意しましょう。※機種変更or新規契約のみ

また、商品出荷日から15日以内に開通手続きを終えないと、自動で回線が切り替わってしまうのでご注意ください。

切り替え(開通)の手続きは、弊社からの商品出荷日(ご注文完了の翌日)から起算して15日以内に行っていただく必要がございます。当該期間内にご利用手続きをされない場合、お客さまが商品をお受取いただいたか否かにかかわらず、お客さまへの通知なく自動的に切り替え(開通)の手続きをとらせていただきます。

引用元:公式サイト(ahamo)

ただし、まだSIMカードを差し込むだけではahamo回線を利用してデータ通信を行うことができません。

今までワイモバイルで利用していたスマホや、ahamo以外で購入したスマホには、別途ネットワークの設定が必要になります。

Androidのネットワーク(APN)設定

  1. まず、スマホの『設定』アイコンを押します。
  2. 設定画面の『モバイルネットワーク』を押して、『モバイルデータ通信』に☑して、『高度な設定』⇒『APN設定』の順に押していきます。
  3. ahamoのネットワーク情報を入力して保存します。
  4. 『APN接続』または『設定を有効にする』に☑します。
ネットワーク名 任意の名前例)ahamo
APN spmode.ne.jp

なお上の手順は2021年5月30日時点でのAndroidのネットワーク設定です。※端末によってAPN設定の項目名が若干異なるケースあり

 

現時点での最新情報(詳細手順)は事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)

iPhone(iOS)のネットワーク(APN)設定

ahamoではAndroid端末はAPN設定が必要ですが、iPhoneの場合は自動的にプロファイル設定が行われるため、基本的に設定は不要となっています。

ただし、ahamoの前に利用していた通信事業者の構成プロファイルが残っている場合は、削除して再起動しておく必要があります。※構成プロファイルは『設定』▶『一般』▶『プロファイル』で確認可能

ワイモバイルからahamoへMNPで乗り換える方法・注意点まとめ

以上、ワイモバイルからMNP転出(予約番号の取得)して、ahamoにMNP転入するための詳細手順を紹介してきましたが、さいごに注意点だけ簡潔にまとめますので、是非とも参考にしてください。

 

MNPを利用して電話番号そのままでワイモバイルからahamoへ乗り換える場合、契約者名義を統一する必要があります。

 

ahamoでワイモバイルのスマホを利用する場合には、事前にSIMロック解除しないと使えない点に注意しましょう。

 

ワイモバイルからMNP予約番号を取得するのは簡単ですが

  • 3,300円のMNP転出手数料(契約月から6カ月以内は6,000円)
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう。※2021年3月17日からワイモバイルのMNP転出手数料は無料化

 

さらにahamoの場合は『MNP予約番号の有効期限が10日以上』という条件があるので、実質取得したら5日以内に契約手続きを済ませる必要があります。

 

ahamoのセット販売端末以外を利用する場合は、ahamoの回線を利用するためにスマホ側でAPN(CPA)設定が必要です。

 

商品出荷日から15日以内に開通手続きを終えないと、自動で回線が切り替わってしまうのでご注意ください。

 

事前準備をしっかりと行って少しでも無駄な出費と時間を減らすようにしましょう。

 

公式サイトはこちら⇒ahamo(アハモ)