グローバル市場でトップシェアを誇るOPPO。ついに日本のスマホ市場でメーカー各社がコスパを競い合う価格帯(2~3万円台)へ殴り込みをかけたR15 Neo(3GB/4GB)。

そんなOPPO R15 Neoを高額なキャッシュバック特典で人気のNifMo(ニフモ)でお得にゲットしたいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

OPPO R15 NeoはNifMoで問題なく利用できます。もちろんNifMoのセット端末(キャッシュバック対象端末)として購入可能です。

そんなOPPO R15 NeoをNifMoで使うメリットやデメリット(注意点)詳しく紹介していきます。

 

OPPO R15 NeoとNifMo(ニフモ)の特徴・相性

  1. R15 Neo(OPPO )の特徴


    特典情報⇒NifMo

    通常セット(3GB):
    24,445円(税抜)
    画面サイズ:
    6.2インチ
    本体サイズ:
    75.6×156.2×8.2mm
    重量:
    約168g
    カラー:
    ダイヤモンドブルー/ダイヤモンドピンク
    2万円台のお値段で、高性能なオクタコアCPUと3GBの内蔵メモリRAMを搭載。4,230mAの大容量バッテリーとDSDS(Dual SIM Dual Standby)対応。6.2インチ(アスペクト比19:9)の大画面。

日本の格安スマホで人気のHUAWEIとZenFoneをしっかりとベンチマークしてコスパと機能の良いとこどりしてきた印象があります。

 

CPUはAndroidのOSとして名高いスナドラのSnapdragon 450 SDM450(オクタコア)を採用しており、RAMは3GBと4GBを選べます。※NifMoは3GBのみセット販売

 

4,230mAの大容量バッテリーで電池持ちが良く、デュアルカメラを搭載して一眼レフのようなボケ感も『A.I.ポートレート』モードで気軽に楽しめます。

 

SIMカードが2枚装着できてデータ通信中に別のSIMカードで、通話待機&自動切替できるDSDSに対応している点も大きな魅力となっています。※トリプルスロット対応でSDカードの同時利用も可能

 

大人気P20liteに匹敵する高いコストパフォーマンスを発揮しています。

参考OPPO R15 NeoとHUAWEI P20 liteをスペックや機能で徹底比較!

参考【OPPO R15 Neo】最安値の比較一覧!(格安SIM厳選10社)

NifMo(ニフモ)の特徴

データ容量 データ通信 SMS 音声通話
1.1GB 640円 790円 1,340円
3GB 900円 1,050円 1,600円
7GB 1,600円 1,750円 2,300円
13GB 2,800円 2,950円 3,500円

※1.1GBプランの受付は終了

 

インターネットサービスプロバイダとして有名な@nifty(ニフティ)が運営しているサービスとあって、全国各地にある有料の無線LANがWiFiスポットが無料で使えるなど様々な特典が得られるNifMo(ニフモ)。

自宅の無線LANやWi-Fiスポットへの接続を自動で切り替えてくれる『My NifMo/NifMoコネクト』といった便利なアプリからも、通信回線サービスに強い企業ならではの技術力と安心感があります。

 

そしてNifMoといえば、なんといってもお得なキャッシュバック特典です。

格安SIMというと月額基本料金の安さに目が行きがちですが、スマホ本体代金が高額になるのでトータルコストで節約を考えることが重要です。

 

その点、NifMoのキャンペーンを適用すれば他社と比べてスマホ代+月額基本料金が非常にお得になる格安SIMといえるでしょう。※SIMのみのキャッシュバックあり(スマホそのままで乗り換えてもお得)

 

特典情報⇒NifMo

NifMo(ニフモ)でOPPO R15 Neoを使うメリット

セット販売端末だからAPN設定が不要

OPPO R15 NeoはNifMoのセット販売端末に含まれています。

 

本来、格安SIMの場合は自社の回線を利用するためにAPNというネットワークの設定をスマホ端末上で行う必要があります。

参考NifMoのAPN設定とは?

 

ところがNifMoのセット販売端末の場合は、NifMo側であらかじめAPNがプリセットされた状態で手元に届くので、APN設定情報を作成・入力せずにNifMo回線が利用できるのです。

 

格安SIMが初めてで心配の方や煩雑な設定が面倒という方にとっては非常にうれしい特典ですね。

 

特典情報⇒NifMo

分割手数料(24回払い)が無料

OPPO R15 Neoが2万円台で買える格安スマホとはいえ、一括購入するには出費が辛いですよね。

 

そんな方にオススメなのがNifMoのセット販売端末の分割購入です。

 

なんと分割手数料が無料で24回払いにできるんです。

 

月額基本料金と合算して端末代を支払うことができるので、家計の負担を一気に解消することができるでしょう。

 

特典情報⇒NifMo

NifMo あんしん保証オプションを利用できる

NifMo以外で入手したSIMフリースマホ(持ち込み端末)の場合は『NifMo あんしん保証 for SIMフリー』ですが、OPPO R15 Neoなら月額利用料380円で『NifMo あんしん保証』を受けることができるんです。

『NifMo あんしん保証 for SIMフリー』とは、故障・破損・水濡れなどの万が一のトラブル時、端末の修理・交換を行うサービスなのに対し、『NifMo あんしん保証』は故障・破損・水濡れなどの万が一のトラブル時、お電話1本で交換機をお手元(勤務先や宿泊先もご指定可能)にお届けするサービスです。

 

『NifMo あんしん保証 for SIMフリー』の修理だと約2週間程度掛かる場合もありますが、『NifMo あんしん保証』ならお届け先が本州・四国の場合は翌日、北海道・九州・沖縄の場合、なんと2日以内に届くんです。

 

直営店舗がないNifMoですが、こういったサービスを受けることでトラブル時も安心して利用できますね。

 

特典情報⇒NifMo

NifMo(ニフモ)でOPPO R15 Neoを使う際の注意点

NifMoでセット販売してるR15 Neoは3GBモデルのみ

R15 NeoはP20 liteと異なり4GBモデルだけでなく3GBモデルを選ぶことができるため、スペックを抑えてコスト重視で購入することも可能です。

ところがNifMoではR15 Neo 3GBモデルしか取り扱っておらず、4GBモデルはセット販売していない点に注意が必要です。

 

現時点(2018年9月19日)において、R15 Neo 4GBモデルをセット購入できる格安SIMはIIJmioだけです。

参考IIJmioでR15Neo(OPPO)を使うメリットやデメリット(注意点)!

IIJmioはセット端末のラインナップが非常に豊富(約46機種)で、他社と比べても通常価格が割安価格という特徴があります。

 

公式サイトはこちら⇒IIJmio

キャッシュバック特典のルール(データ容量の変更)

データ容量の繰り越しを行っているNifMoのような格安SIMでは、データ通信をたくさん行う月や、あまり使わない月が事前に判明した場合、あらかじめデータ容量を減らしておくことで、さらに月額料金を節約(調整)することが可能です。

SIMカード到着月を含む6カ月目までに解除またはデータ通信プランをご契約時より容量の少ないプランに変更申請された場合、キャッシュバック特典の対象外となります。

引用元:公式サイト(NifMo)

ところが6カ月目までは契約時のデータ容量より少ないプランへ変更してしまったり、解約してしまうとキャッシュバック特典がもらえなくなるので注意が必要です。

 

とはいえ特典内容を考慮すれば6カ月という最低利用期間は、他社と比べても比較的易しいルールといえるでしょう。※最新のキャンペーン情報(ルール)は公式サイトでご確認ください

特典情報⇒NifMo

 

ただし、ひと月に利用するデータ容量が少なくて済むユーザーの場合、ネット通販や他社の方が安く買える場合もあるので、NifMoのセットプランで購入する特典や実施中のキャンペーンと比べたうえで、入手先を選択すると良いでしょう。

参考格安SIMの最新キャンペーン情報

OPPO R15 NeoのAPN設定の手順

NifMoのセット端末ではなく別の場所で入手した場合には、端末画面からAPN設定が必要な場合があります。

  1. まず、スマホの『設定』アイコンを押します。
  2. 設定画面の『モバイルネットワーク』を押して、『モバイルデータ通信』に☑して、『高度な設定』⇒『APN設定』の順に押していきます。
  3. NifMoのネットワーク情報を入力して保存します。
  4. 『APN接続』または『設定を有効にする』に☑します。
LTE/3G対応端末 3G専用端末
ネットワーク名 任意の名前例)nifmo
APN mda.nifty.com mdb.nifty.com
ユーザーID mda@nifty mdb@nifty
パスワード nifty
認証タイプ CHAP
PDP Type IP
MCC 440
MNC 10

なお、上の手順は2017年8月2日時点での

Androidのネットワーク設定です。

 

現時点での最新情報(詳細手順)は事前に

しっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

特典情報⇒NifMo

NifMoでOPPO R15 Neoを使うメリットとデメリットのまとめ

2万円台で買えるコスパの良い格安スマホOPPO R15 Neo 3GBモデルが、NifMoのセット販売端末として購入できます。※4GBモデルのセット販売なし

 

セット販売端末のメリットとしてはネットワーク設定(APN設定)が不要分割手数料が無料で購入でき、『NifMo あんしん保証』を受けることも可能です。

そしてなんといってもキャッシュバンク特典が超絶お得という点です。

 

発売間近とあって口コミはまだまだ少ないですが、それでもOPPO R15 NeoがNifMoなら低価格で手に入ることもあり、評判は非常に良好です。