ミドルレンジクラスで圧倒的なコスパから大人気となったnova liteの後継機HUAWEI nova lite2。様々なサービスで格安SIMの弱点を取り払ってきた頼れる楽天モバイルで利用したいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

HUAWEI nova lite2は楽天モバイルで問題なく利用できます。しかも今なら長期優待ボーナスなど楽天モバイルならではの特典で、とってもお買いなんです。

参考楽天モバイルが実施中の最新キャンペーン

 

そんなHUAWEI nova lite2と楽天モバイルの特徴や相性(メリットと注意点)について詳しく紹介していきます。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

HUAWEI nova lite2と楽天モバイルの特徴・相性

  1. HUAWEI nova lite2(ファーウェイ)の特徴


    公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

    キャンペーン価格:
    25,980円(税抜)
    画面サイズ:
    5.65インチ
    本体サイズ:
    72.05×150.1×7.45mm
    重量:
    約143g
    カラー:
    ブラック/ゴールド/ブルー
    2万円台の手頃なお値段でオクタコアCPUと1300万画素+200万画素のダブル(デュアル)レンズカメラを搭載。3000mAhでバッテリー容量も安心。5.65インチの大画面ながら縦横比18:9の縦長デザインでも操作性も高い。

HUAWEI nova lite2はファーウェイが格安SIM限定(MVNO専売)で販売しているシリーズです。

 

なぜ格安SIM限定かというと、日本のスマホ市場はXperia(Android)とiPhone(iOS)が非常に強いため、格安SIM限定で優れた格安スマホを販売することによって、HUAWEIのシェアを伸ばしたいという思惑があるからです。

 

つまり楽天モバイルは超優良スマホであるHUAWEI nova lite2を手に入れることができる貴重な格安SIMというわけです。

 

nova liteからはカメラ機能が大きく進化しており、2万円台で買えるミドルレンジクラスの他の格安スマホと比べると高いコスパが特徴的です。

参考nova liteとnova lite2の進化した性能や機能を徹底比較!

楽天モバイルの特徴

データSIM
ベーシックプラン 525円
3.1GBプラン 900円
5GBプラン 1,450円
10GBプラン 2,260円
20GBプラン 4,050円
30GBプラン 5,450円
通話SIM
ベーシックプラン 1,250円
3.1GBプラン 1,600円
5GBプラン 2,150円
10GBプラン 2,960円
20GBプラン 4,750円
30GBプラン 6,150円

 

楽天モバイルはとても評判が高く、大手キャリアから乗り換える利用者が続々と増えており、後を絶ちません。

 

2017年3月格安SIMサービスの利用動向調査では『メインで利用している格安SIMサービス』でシェアNo.1を獲得しています。

 

この結果の大きな原動力となっているのが、楽天モバイルが音声通話を安くするオプションや直営ショップでの対面サービスといった、格安SIMの弱点を積極的になくしてきた立役者であることが挙げられます。

 

そしてなんといっても、期間限定のキャンペーンや長期優待ボーナスなど、スマホ本体価格をとっても安くできるメリットが絶大です。

 

いくら格安SIMを使って月々の利用料金を安くできても、2〜3年で機種変更するたびに数万円の出費は苦しいですよね。スマホ代と月額基本料金をトータルコストで安くしたいなら一押しの格安SIMといえるでしょう。

楽天モバイルで使うメリット

セット販売端末だからAPN設定が不要

HUAWEI nova lite2は楽天モバイルのセット販売端末に含まれています。

 

本来、格安SIMの場合は自社の回線を利用するためにAPNというネットワークの設定をスマホ端末上で行う必要があります。

参考楽天モバイルのAPN設定とは?

 

ところが楽天モバイルのセット販売端末の場合は、楽天モバイル側であらかじめAPNがプリセットされた状態で手元に届くので、APN設定情報を作成・入力せずに楽天モバイル回線が利用できるのです。

 

格安SIMが初めてで心配の方や煩雑な設定が面倒という方にとっては非常にうれしい特典ですね。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

分割手数料(24回払い)が無料

HUAWEI nova lite2が2万円台で買える格安スマホとはいえ一括購入するには出費が辛いですよね。

 

そんな方にオススメなのが楽天モバイルのセット販売端末の分割購入です。なんと分割手数料が無料で24回払いにできるんです。

 

月額基本料金と合算して端末代を支払うことができるので、家計の負担を一気に解消することができるでしょう。

 

ただし楽天カード以外では分割手数料が掛かるので、楽天モバイルを使う場合は楽天カードを利用しましょう。

 

楽天カードなら楽天モバイルのセット販売端末や月々の利用料金を、楽天スーパーポイントを使って支払うこともできるんです。

 

月々のお支払い100円に付き楽天スーパーポイントが1ポイント貯まり、通話SIMを契約している方は楽天市場でのお買い物ポイントがずっと2倍になる特典も受けられるので、とってもお得。

⇒2017年5月度付与分からは、楽天モバイルの利用で貯まるポイントが、楽天会員のランクアップ対象に加わりました。

⇒ダイヤモンド会員ならスーパーホーダイが1年間500円割引が適用されます。

 

普段、楽天市場を利用している方にとっては、非常に効率的なポイント運用ができますね。

詳細楽天モバイルの支払い(クレジットカード)は楽天カードで決まり!3つのおすすめポイントを徹底解説!

楽天モバイルで使う際の注意点

楽天カードやポイントを利用しないと特典が減る

楽天カードでない場合はセット販売端末の分割手数料が掛かってしまいます。

 

他にも楽天モバイルの場合はポイント支払いやポイント2倍といった楽天スーパーポイントと絡めた特典が多いので、楽天ポイントを利用しないユーザーの場合はお得感が薄れてしまいます。

 

ちなみに楽天クレジットカードは年会費無料で作れます。

 

まだ持っていない方はこちらから、お得に申込むことができます!

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「楽天カードでポイント生活はじめよう!」

クレジットカードの契約には数日から2週間程度かかります。契約時に必要になるので、今のうちに無料のカードを1枚くらい作って準備しておくと安心です。

組み合わせプランのキャンペーン価格は他社の方が安い

楽天モバイルではHUAWEI nova lite2を通常価格25,980円で販売しています。税込み価格が28,058円です。

 

最近の楽天モバイルはスーパーホーダイ+長期優待ボーナスを絡めたキャンペーンが多く、束縛期間の少ない格安SIMを好んで乗り換えるユーザーにとっては選び難くなってしまいました。

そんな中、今回のキャンペーンは全プラン対象となるセール特価でHUAWEI nova lite2が購入できるので他社と比較してもお得といえるでしょう。

取り扱い格安SIM6社の通常価格(税抜き)
IIJmio 21,800円 2018年2月9日発売開始
OCNモバイル 22,800円 2018年2月8日発売開始
mineo 22,800円 2018年2月15日発売予定
イオンモバイル 25,800円 2018年2月9日発売開始
BIGLOBEモバイル 25,920円 2018年2月9日発売開始
LINEモバイル 25,980円 2018年2月9日発売開始

※2018年2月8日調べ

 

HUAWEI nova lite2は大手ネット通販のAmazonや楽天市場で購入して、楽天モバイルで利用することも可能です。

参考価格(Amazon):24,624円(税込)+送料無料※2018年3月6日現在

 

ネット通販といっても販売元(MVNO)がNTTコミュニケーションズなので価格はOCNモバイルONEの通常価格と同じです。通販会社のクレジットカードを持っている場合はポイントが付く分、ネット通販の方がお得になります。

 

少しでも安く買いたい場合はキャンペーン価格も考慮する必要があります。楽天モバイルのセットプランで購入する特典や他社の実施中のキャンペーンと比べたうえで、入手先を選択すると良いでしょう。

参考格安SIMの最新キャンペーン情報

 

ちなみにOCNモバイルONEはキャンペーンで格安スマホが割安価格で買えることで有名です。

参考OCNモバイルONEでHUAWEI nova lite2を使うメリット・デメリット!

HUAWEI nova lite2のAPN設定の手順

楽天モバイルの場合は『申込種別』によってAPN設定する内容が異なるので、間違えないように気を付けましょう。※申込種別はSIMカード台紙またはメンバーズステーション内の『ご契約者さま情報』から確認

  1. まず、スマホの『設定』アイコンを押します。
  2. 設定画面の『モバイルネットワーク』を押して、『モバイルデータ通信』に☑して、『高度な設定』⇒『APN設定』の順に押していきます。
  3. 楽天モバイルのネットワーク情報を入力して保存します。
  4. 『APN接続』または『設定を有効にする』に☑します。

申込種別006または007の方:

ネットワーク名 任意の名前例)rmobile
APN rmobile.jp
ユーザー名 rm
パスワード 0000
認証タイプ PAPまたはCHAP

申込種別008または009の方:

ネットワーク名 任意の名前例)rmobile
APN rmobile.co
ユーザー名 rm
パスワード 0000
認証タイプ PAPまたはCHAP

申込種別010または011の方:

ネットワーク名 任意の名前例)rmobile
APN a.rmobile.jp
ユーザー名 rakuten@vdm
パスワード 0000
認証タイプ PAPまたはCHAP

※必要に応じて以下も設定

申込種別 006~009 010/011
接続方法(PDP Type) IP接続
MCC 440
MNC 10 51

なお、上の手順は2018年11月14日時点でのAndroidのネットワーク(APN)設定です。※端末によってAPN設定の項目名が若干異なるケースあり

 

現時点での最新情報(詳細手順)は事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル

まとめ

2万円程度のお値段でダブルレンズカメラを搭載し一眼レフカメラのような撮影が可能な高性能スマホHUAWEI nova lite2が、楽天モバイルのセット販売端末として購入できます。

 

セット販売端末のメリットとしてはネットワーク設定(APN設定)が不要で、楽天カードを利用することで分割手数料なしで購入できる点や、楽天スーパーポイントで支払いができる点が大きいです。

 

一方で一般的な格安SIMと同じ契約形態である組み合わせプランだと他社のキャンペーン価格の方が安くなる場合がある点に注意が必要です。※今ならキャンペーン特価で購入可能

 

公式サイトはこちら⇒楽天モバイル