今使っている電話番号そのままで他社へ乗り換えられるMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)。楽天モバイルからU-mobileへ問題なくMNPが利用できます。

 

しかもU-mobile(届出方式)なら自宅で簡単に、それもその日のうちに回線が切り替えられるのですから。(U-mobile SUPERは自動方式のみ)

 

ただしMNPを利用して乗り換える場合、いくつか注意すべきポイントがあります。

 

事前に準備しておかないと、

worrier

そもそも契約ができなかった…

worrier

契約できたけどスマホが使えなかった…

などのトラブルに遭遇してしまいます。

 

そこでまずは『楽天モバイルからMNP予約番号を取得する手順』を、続いて『U-mobileでMNP転入する手順』をそれぞれ詳しく解説していきますので、是非とも快適な格安SIMライフを手に入れてください。

 

公式サイトはこちら⇒U-mobile

楽天モバイルからMNP予約番号を取得する流れ

 

楽天モバイルからU-mobileへMNPを使って乗り換えるために、必要な大まかな手順は以下の通りです。

 

  1. 手順A. 事前準備

    楽天モバイルで契約者名義(同一であること)やSIMロックの有無を確認しておきます。

  2. 手順B. MNP予約番号を取得

    楽天モバイルからMNP予約番号を取得します。

  3. U-mobileでMNP転入手続きを行います。※手順C~Dで詳細を解説

 

ざっと流れが頭に入ったところで、実際に手順Aの詳細から順を追ってみていきましょう。

 

手順A. 事前準備

契約者名義は同一でなければならない

 

楽天モバイルからMNP予約番号を、取得して、いざ契約しようとしたら

worrier

契約者名義が違っていて契約できなかった…

という事例が格安SIMサービスを展開するmineoで急増しているそうです。

MNPお申し込みの際に、「契約名義間違い」にてお申し込みがお受けできないケースが多数発生しております。

引用元:公式サイト(mineo)

しかしこの問題はmineoに限った話ではなく、U-mobileでも起こります。

 

たとえば『楽天モバイルの時には親の名義で契約していたけど、U-mobileでは自分の名義で契約する』なんてケースが該当します。

 

そんな場合は、残念ながら楽天モバイルでは本人以外への名義変更はできないので、同一の契約者でMNP予約番号を取得して乗り換えるか、MNPを利用せずに楽天モバイルを解約して新規契約する必要があるので注意しましょう。

利用者の方の名義のまま、他社から携帯電話番号そのままでのお乗換え(MNP)での利用者登録はできません。先にご契約者の方に名義変更のうえ、MNP予約番号を発行し、楽天モバイルをお申し込みください。
引用元:公式サイト(楽天モバイル)

 

楽天モバイルのスマホが継続利用できる

 

楽天モバイルはドコモ回線を利用しているため、ドコモのSIMロックされたスマホが利用できました。U-mobileも主にドコモ回線を利用しているため、基本的にドコモのスマホであれば引き続きSIMロックを解除しなくても利用できます。

 

ただしU-mobile SUPERなど、ドコモ回線以外を利用している一部プランでは使うことができない点に注意が必要です。

 

また同じスマホでもU-mobileと楽天モバイルで利用できる条件は、必ずしも同じとは限りません。

 

U-mobileの公式サイトでは、実際にあなたが使っている機種が使える条件を簡単にチェックできるようになっています。契約してからトラブルに見舞われないためにも事前に自分の目で一度は確認しておきましょう。

 

1.まず、下のリンク(U-mobile)から公式サイトへ移動します。

公式サイトはこちら⇒U-mobile

 

2.次にメニューの中から『製品一覧』→『動作確認端末一覧』の順にボタンを押して、キーワード(機種名やメーカー)を入力して検索します。

 

3.すると動作確認済み端末が表示されるので内容を確認します。

 

例えば上の画像のように、U-mobileの通話プラスプラン

  • 3GB / 5GB
  • LTE使い放題 / LTE使い放題2
  • ダブルフィックス
  • USEN MUSIC SIM
  • U-mobile for iPhone

に対する『iPhone 7(NTTドコモ)』について調べた場合、『SMSあり/なし』で問題なく動作確認されていることが簡単に分かりますね。

参考ユーモバイルでiPhone 7を使ったレビュー

 

他にもU-mobileで利用する条件として

  • SIMカードのサイズ
  • テザリング機能の可否

など詳しく記載されているので、これら情報を参考に申し込むことで

worrier

サイズ間違えてスマホにSIMカードが入らない…

worrier

ユーモバイルへ乗り換えたら電波が繋がらないぞ…

といった失敗のリスクを減らすことができるでしょう。

 

通話SIMプランの最低利用期間と解約違約金

 

楽天モバイルの契約には

  • データSIM
  • 050データSIM
  • 通話SIM

という3種類のプランがあります。

 

そのうち、通話SIMには開通月を1カ月目として、12ヶ月目以内の解約で契約解除手数料が9,800円発生する最低利用期間が設けられています。大手キャリア特有の2年縛りはありませんのでご安心ください。

 

ただし、楽天モバイルは頻繁にキャンペーンを行っており、こうした特典付きプランを利用して契約した場合は、別の違約金ルールが設定されているので注意が必要です。

 最低利用期間 ※  契約解除手数料
通話SIM 下記以外の場合 12カ月 9,800円
コミコミプラン 24カ月 12,000円
Apple社 新iPhone発売記念
5,000ポイントプレゼントキャンペーン
12カ月 9,800円
真冬のお得キャンペーン
【受付終了】2017年1月13日~2017年2月1日
冬の特価セール
【受付終了】2016年12月22日~2017年1月13日
年末年始大感謝セール
【受付終了】2016年9月14日~10月3日
Apple社 新iPhone発表記念
10,000ポイントプレゼントキャンペーン
24カ月 12,000円

最低利用期間は開通月を1カ月目とした上記の期間がとなります。たとえば、通常プランの通話SIMの場合、12カ月目以内の解約は契約解除手数料9,800円が発生します。

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

 

手順B. MNP予約番号を取得

 

事前準備が完了したら、いよいよMNP予約番号の取得です。

 

MNPを利用してU-mobileに乗り換える場合、現在契約している楽天モバイルから携帯電話番号や契約者などが紐づいているMNP予約番号を発行してもらい、その情報をもとに乗り換え先のU-mobileでMNP転入手続きを行います。

 

そうすることで楽天モバイルで使っていた電話番号が、そのままU-mobileでも利用できるというわけです。

 

MNP予約番号を取得する方法はインターネット(WEB)のみです。

MNP予約番号の入手先

WEB:
メンバーズステーション

取得したMNP予約番号はメールやWEB上で確認できます。

 

MNP予約番号を取る際は

  • 3,000円のMNP転出手数料
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう。

 

なお、通話SIMの場合は毎月15日までに乗り換え先の格安SIMへMNP転入手続き(=楽天モバイルの解約)を済ませないと、1カ月分の料金を余分に支払うハメになります。

16日以降の通話SIM解約手続きの場合は翌月が解約月となりますのでご注意ください。

引用元:公式サイト(楽天モバイル)

 

大手キャリアと違ってMNP予約番号は即日発行とうわけにはいきません。MNP予約番号の発行まで数日掛かることに注意して、なるべく月初に余裕をもって手続きを済ませましょう。

 

以上が『楽天モバイルからMNP予約番号を取得する手順』の詳しい解説になります。それでは続いて『U-mobileでMNP転入する手順』について確認していきましょう。

 

U-mobileへMNP転入する流れ

U-mobileへMNP転入するために必要な大まかな手順は以下の通りです。

 

  1. 手順C. 公式サイトで契約

    U-mobileの公式サイトへ移動して、MNP予約番号を入力して契約します。

  2. 手順D. U-mobile回線へ切替

    自宅にSIMカードが届いたら、スマホにセットして回線を切り替えます。

  3. 待つこと、おそよ2時間程度でU-mobile回線が利用できます。

    (U-mobile SUPERは自動方式のみ)

 

ざっと流れが頭に入ったところで、実際に手順Cの詳細から順を追ってみていきましょう。

手順C. 公式サイトで契約

U-mobileの公式サイトへ移動してMNPを利用するための手続きを行います。

 

U-mobileには、MNP予約番号の有効期限(15日間)に加えて『有効期限が4日以上』という独自ルールがあります。

※ 現在契約している携帯電話会社から発行されたMNP予約番号の有効期間が4日間以上あることをご確認ください。

引用元:公式サイト(U-mobile)

つまり実質的な契約までの期限はMNP予約番号を取得後、11日間というわけです。

 

10日前後の有効期限が残っていることを条件としている格安SIMが多いので、U-mobileのルールは寛容といえます。

 

ただし期限内に契約できなかった場合は、再び取得し直すために15日間待つ羽目になります。

 

手間が掛かかるうえに、ひと月乗り遅れるだけでキャンペーンや更新月をまたいで、ムダな出費にもつながりる可能性があります。

参考ユーモバイルの最新キャンペーン情報

 

そこでMNP予約番号を取得する前に公式サイトから選択画面を事前に確認しておき、当日は失敗することなく、スムーズに手続きを済ませましょう。

MNPを利用した契約手続きの詳しい手順

1. まず、下のリンク(U-mobile)から公式サイトへ移動します。

公式サイトはこちら⇒U-mobile

 

2. 次に公式サイトの『お申込みはこちら』ボタンを押します。

 

3. MNPを利用する場合『WEBから新規でお申し込みの方』→『音声通話機能付き』の順にボタンを押していきます。ただし『U-mobile MAX 25GB』の場合は事前にU-mobile IDを取得する必要があります。

※エントリーコードをAmazonや楽天で購入することもできますが、手間と時間が掛かるのにほとんどメリットがないため、ここでは説明を割愛します。

 

4. 規約確認を行い『次へ』ボタンを押します。

 

5. すると、さっそく『MNP利用の選択』項目が現れるので、空白期間なしでMNP転入するためには『MNP利用の選択』:『はい』、『転入方式』:『届出方式』にチェックを入れます。

続いて取得したMNP予約番号に関する情報も入力していきます。

  • MNP予約番号
  • 携帯電話番号
  • MNP予約番号取得日付

※事前に確認できるのは、ここまでです。

 

6. その他、お申込み内容(SIMカードサイズやお客様情報など)を入力して『お申込み内容確認画面へ』ボタンを押して『本人確認』を行います。

 

本人確認書類としては、

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保険福祉手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 被保険者証 国民健康保険
  • 健康保険証

が必要となり、日本国パスポートや国民健康保険、健康保険証の場合は住民票や公共料金領収書などの補助書類が必要になる点に注意しましょう。

 

事前に携帯のカメラやデジカメ、スキャナーなどで画像データを取り込んでおくと、契約時にスムーズに進めることができるでしょう。

手順D. U-mobile回線へ切替

契約の手続きが完了すると数日して自宅にSIMカードが届きます。

U-mobile回線へ切り替える詳しい手順

U-mobileのMNP転入手続きには

  • MNP自動方式
  • MNP届出方式

の2パターンがあります。

 

MNP自動方式ではU-mobileのSIMカードが届くまでの間、空白期間が2~3日発生してしまいます。

 

なので基本的にはMNP届出方式を選択した方が約2時間程度で切り替えられるため、不通期間を最小限で抑えられるのでおすすめです。

 

U-mobile SUPERプラン以外はMNP転出方式を選択できるので、申し込み時にチェックを間違えないように注意しましょう。MNP予約番号取得日付から起算して14日経過しても開通の依頼がなかった場合は自動的に開通します。

 

MNP届出方式の回線切り替えは開通手続きページから行います。

 

1. まず、下のリンク(U-mobile)から『開通手続き』ページへ移動します。

開通手続きページはこちら⇒U-mobile

 

2. 次に契約したプランのボタンを押して『SIM電話番号』『SIM製造番号』、申し込み時に設定した『暗証番号』を入力して回線切り替えを行うだけです。

 

回線切り替えの申し込みから回線(電話番号)が切り替わるまで、およそ2時間程度掛かることに注意しましょう。

 

ところが、まだSIMカードを差し込むだけではU-mobile回線を利用してデータ通信を行うことができません。

 

今まで他の携帯電話会社で利用していたスマホや、U-mobile以外で購入したスマホには、別途ネットワークの設定が必要になります。

参考ユーモバイルのネットワーク(APN)設定とは?

 

worrier

失敗してU-mobile回線が使えなかったらどうしよう…

worrier

なんだか難しそうだな~、正直めんどくさい!

…など設定に不安がある方は、U-mobileがSIMカードとセットで販売しているスマホを購入することで、ネットワークAPN設定が既に完了していたり、プリセットされたAPN設定を選択するだけで済むので手間が省け、心配ごとが一つ解消できるのでオススメです。

Androidのネットワーク(APN)設定

  1. まず、スマホの『設定』アイコンを押します。
  2. 設定画面の『モバイルネットワーク』を押して、『モバイルデータ通信』に☑して、『高度な設定』⇒『APN設定』の順に押していきます。
  3. U-mobileのネットワーク情報を入力して保存します。
  4. 『APN接続』または『設定を有効にする』に☑します。

U-mobile(1~5GB/ダブルフィックス/使い放題)の設定情報

ネットワーク名 任意の名前例)U-mobile
APN umobile.jp
ユーザーID umobile@umobile.jp
パスワード umobile
認証タイプ PAPまたはCHAP

U-mobile SUPERの設定情報

ネットワーク名 任意の名前例)U-mobile
APN plus.acs.jp
ユーザーID ym
パスワード ym
MCC 440
MNC 20
認証タイプ CHAP

U-mobile MAX 25GBの設定情報

ネットワーク名 任意の名前例)U-mobile
APN dm.jplat.net
ユーザーID umobile@umobile.jp
パスワード umobile
認証タイプ PAPまたはCHAP

U-mobile PREMIUMの設定情報

ネットワーク名 任意の名前例)U-mobile
APN umob.jp
ユーザーID umob
パスワード umob
認証タイプ PAPまたはCHAP

 

プランによってAPN設定内容が異なる点に注意しましょう。

なお、上の手順は2017年6月18日時点での

Androidのネットワーク設定です。

 

現時点での最新情報(詳細手順)は

事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒U-mobile

iPhone(iOS)のネットワーク(APN)設定

 

iPhoneのネットワーク設定はAndroidのAPN設定とは異なってプロファイルをインストールするため、別途Wi-Fi環境が必要になる点に注意が必要です。ユーモバイルの場合は契約したプランによってインストールするプロファイルが異なるので、間違えないように気を付けましょう。

 

●U-mobileのURL:umobile.jp/ios

※1~5GB/ダブルフィックス/使い放題など

 

●U-mobile SのURL:umobile.jp/s_ios

 

●U-mobile SUPERのURL:umobile.jp/super/config/

 

●U-mobile MAX 25GBのURL:umobile.jp/max_ios

 

●U-mobile PREMIUMDのURL:umobile.jp/pm_ios

  1. まず、Safariでプランに対応したプロファイルURLへアクセスします。
  2. プロファイルのインストール画面が開くので、『インストール』を押します。
  3. パスコードを入力して警告画面を確認し、『インストール』を押します。
  4. インストールが終わったら『完了』を押します。

 

なお大手キャリアで利用していたiPhoneの場合は、登録されているプロファイルを別途削除する必要があります。

  1. 『設定』⇒『一般』⇒『プロファイル』の順に進みます。
  2. 『プロファイルを削除』を押してパスコードを入力します。
  3. 『削除』ボタンを押します。

 

設定したのに回線がつながらない場合は『音声通話とデータ』または『データ通信』にチェックが入っていることを確認します。

  1. 『設定』⇒『モバイルデータ通信』⇒『通信のオプション』⇒『4Gをオンにする』の順に進みます。
  2. VoLTEを有効にする場合は『音声通話とデータ』、無効にする場合は『データ通信』を選択します。

 

それでもダメな場合は『端末の再起動』と『機内モードON / OFF』を試してみましょう。

 

上で紹介している手順は2017年8月12日時点でのiPhoneのネットワーク設定です。現時点での最新情報や詳細手順は、事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒U-mobile

 

注意点まとめ

 

以上、楽天モバイルからMNP転出(予約番号の取得)してU-mobileへMNP転入するための詳細手順を紹介してきましたが、さいごに注意点だけ簡潔にまとめますので、是非とも参考にしてください。

 

MNPを利用して電話番号そのままで楽天モバイルからU-mobileへ乗り換える場合、契約者名義は同一人物である必要があります。(本人以外への名義変更ができません)

 

通常、通話SIMの場合は最低利用期間が12カ月間設けられており、期中の解約違約金は9,800円です。ただしキャンペーンや特典付き契約によっては、最長24カ月間の最低利用期間や最大12,000円の解約違約金が発生することに注意が必要です。

 

MNP予約番号を取得するのは簡単ですが

  • 3,000円のMNP転出手数料
  • 取得後15日間の有効期限

があることに注意しましょう。MNP予約番号は即日発行されず、数日掛かることにも注意しておきましょう。

 

いざ契約するときに不備があってMNP予約番号を取得し直したい場合は、15日間待たなければ再度発行してもらえません。毎月15日までにMNP転入を済ませないと1カ月分多く利用料金が発生するので注意が必要です。

 

さらにU-mobileの場合は『MNP予約番号の有効期限が4日以上』という条件があるので、実質取得から11日以内に契約手続きを済ませる必要があります。

 

MNP自動方式とMNP届出方式があり、申し込み時にMNP届出方式を選択すれば回線切替は自分の好きなタイミングで行うことができますが、回線が切り替わるまでに約2時間程掛かることに注意しましょう。

ただしU-mobile SUPERではMNP届出方式を選択できないため、SIMカードが届くまで2~3日程度の空白期間が発生してしまうことに注意が必要です。

 

U-mobileのセット販売端末以外を利用する場合は、U-mobileの回線を利用するためにスマホ側でAPN(CPA)設定が必要です。ネットワークの設定内容はプランによって異なるので注意しましょう。

 

事前準備をしっかりと行って少しでも無駄な出費と時間を減らすようにしましょう。

 

公式サイトはこちら⇒U-mobile