格安SIMでOPPO R15 Neoをセット購入する場合、キャンペーン価格で比較するのは契約条件が異なってくるため、本当にお得なのか判断するのが非常に難しいです。

特に元値を高く設定して大幅値引してお得感を演出する格安SIMもあるので注意が必要です。

 

一方、通常価格であればOPPO R15 Neoの最安値を一括と分割で比較することは容易です。それにスマホは2~3年で機種変更も必要になってきますよね。

通常価格を見極めておくことは、機種変更時を見据えた長期スパンにおけるスマホ代の節約にとても重要なのです。

 

そこで契約条件に縛られない通常価格において、厳選した人気の格安SIM10社を安い順に一覧表にまとめてみました。

そのうえで割引価格(セール)と契約条件を考慮したOPPO R15 Neoがお得にゲットできる格安SIMのキャンペーンや、契約時の注意点についても解説していきます。

OPPO R15 Neoが最安値で購入できる格安SIM(厳選10社)

OPPO R15 Neoの通常価格(一括/分割)一覧表

格安SIM 通常価格(一括/税込)
3GBモデル 4GBモデル
NifMo 26,400円
IIJmio 26,784円 32,184円
OCNモバイルONE
UQモバイル
mineo
DMMモバイル
BIGLOBEモバイル
QTモバイル
LINEモバイル
楽天モバイル
ワイモバイル

※2018年9月19日時点

一括購入時に割安な格安SIMランキングTOP3(端末代金が安い順)

  1. 一括26,400円/NifMo

    1. かけ放題 4.5
      通信速度 4.0
      サービス 4.0
      セット端末 4.5
      最安:
      900円~(3GB)
      人気:
      2,300円~
      (7GB:音声通話対応SIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      NG
      選べる容量プランは少ないが7GBと13GBの月額料金は最安値級。ライトユーザーには不向きだが、契約する容量プランに応じて最大2万円程度のキャッシュバック特典が得られる格安SIM。10分かけ放題など通話料割引サービスにも対応。

    特典情報⇒NifMo


  2. 一括26,784円/IIJmio

    1. IIJmio(みおふぉん)

      かけ放題 4.5
      通信速度 4.5
      サービス 5.0
      セット端末 4.5
      最安:
      900円~(3GB~)
      人気:
      1,600円
      (3GB:音声通話機能付きSIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      OK
      ドコモとau回線のマルチキャリアに対応。みおふぉんダイアルやかけ放題など電話の割引サービスも充実。一早くバースト転送やデータ容量の繰り越し、高速通信ON/OFFなどに対応して業界を盛り上げてきた信頼度の高い格安SIM。

    公式サイトはこちら⇒IIJmio

分割購入時に割安な格安SIMランキングTOP3(端末代金が安い順)

  1. 分割1,100円×24カ月(26,400円)/NifMo

    1. かけ放題 4.5
      通信速度 4.0
      サービス 4.0
      セット端末 4.5
      最安:
      900円~(3GB)
      人気:
      2,300円~
      (7GB:音声通話対応SIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      NG
      選べる容量プランは少ないが7GBと13GBの月額料金は最安値級。ライトユーザーには不向きだが、契約する容量プランに応じて最大2万円程度のキャッシュバック特典が得られる格安SIM。10分かけ放題など通話料割引サービスにも対応。

    特典情報⇒NifMo


  2. 分割1,132円×24カ月(27,216円)/IIJmio

    1. IIJmio(みおふぉん)

      かけ放題 4.5
      通信速度 4.5
      サービス 5.0
      セット端末 4.5
      最安:
      900円~(3GB~)
      人気:
      1,600円
      (3GB:音声通話機能付きSIM)
      データ容量の繰り越し:
      OK
      電話かけ放題オプション:
      OK
      高速/低速通信切り替え:
      OK
      ドコモとau回線のマルチキャリアに対応。みおふぉんダイアルやかけ放題など電話の割引サービスも充実。一早くバースト転送やデータ容量の繰り越し、高速通信ON/OFFなどに対応して業界を盛り上げてきた信頼度の高い格安SIM。

    公式サイトはこちら⇒IIJmio

OPPO R15 Neoがお得なキャンペーンを実施中の格安SIM

NifMoの秋の大感謝キャンペーン!

NifMoのキャンペーン内容は毎月1日にCB金額が更新されますが、常に最大2万円前後のキャッシュバックが得られます。

詳細NifMo(ニフモ)の最新キャンペーン情報

R15 Neoのキャッシュバック金額
データ容量プラン 音声通話対応タイプ SMS対応タイプ/データ通信専用タイプ
3GB 16,000円 12,000円
7GB 20,000円 12,000円
13GB 20,000円 12,000円

※2018年9月度のCB例

一括購入した場合の実質負担金額(端末代金 – CB金額)は、以下の通りです。

  • 音声通話(7/13GB):一括6,400円 (26,400円-20,000円)
  • 音声通話(3GB):一括10,400円 (26,400円-16,000円)
  • 音声通話以外:一括14,400円 (26,400円-12,000円)

データ通信専用タイプの場合でも12,000円のキャッシュバックが得られます。※振り込み時期はSIMカード到着月を含む9カ月目

音声通話対応タイプの7GB以上のプランを契約した場合、ZenFone 5が実質6,400円でゲットできるということです。とってもお得ですね!(毎月実施で安定感あり)

 

特典情報⇒NifMo

IIJmioのOPPO発売記念キャンペーン!

OPPOシリーズ(R15 Pro/R15 Neo)と音声通話機能付きSIMをセットで新規契約すると、最大10,000円分のAmazonギフト券がもらえるお得なキャンペーンです。※R15 Neoは最大5,000円分

詳細IIJmioの最新キャンペーン情報

 

公式サイトはこちら⇒IIJmio

OPPO R15 Neoをセット購入する際に注意が必要な格安SIM

通常価格で一括セット購入するならネット通販の方がお得!?

大手通販サイトのAmazonでOPPO R15 Neo(3GBモデル)の端末代金を調べると、税込25,160円で販売していました。※2018年9月19日時点

つまり通常価格が最安値のNifMoをセット購入するより安く買えることになります。

セット購入するメリット(キャンペーンや分割購入、端末保証など)を考慮したうえで、あえてスマホはネット通販を利用してOPPO R15 Neoを安くゲットするのも一つの手です。※格安SIMを自由に選べるメリットあり

NifMoでセット販売してるR15 Neoは3GBモデルのみ

R15 Neo 3GBモデルの通常価格が最安値のNifMoですが、4GBモデルはセット販売していない点に注意が必要です。

現時点(2018年9月19日)において、R15 Neo 4GBモデルをセット購入できる格安SIMはIIJmioだけです。

IIJmioはセット端末のラインナップが非常に豊富(約46機種)で、他社と比べても通常価格が割安価格という特徴があります。

 

公式サイトはこちら⇒IIJmio

OPPO R15 Neoの特徴・基本スペック

メーカー OPPO
CPU Qualcomm Snapdragon 450 オクタコア
内蔵RAM 3GB/4GB
内蔵ROM 64GB
外部メモリ 最大256GB
メインカメラ 1,300+200万画素(ダブルレンズ)
フロントカメラ 800万画素
OS Android 8.1
無線LAN規格 802.11 b/g/n
バッテリー 4,230mAh
サイズ 6.2インチ
75.6mm
156.2mm
8.2mm
解像度 1,520×720
重量 168g
FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
TDD-LTE B38/39/40/41
W-CDMA B1/2/4/5/6/8/19
GSM 850/900/1800/1900MHz
SIMカード nano(DSDS)
指紋認証
顔認証 対応
おサイフケータイ
防塵防水
カラー ダイヤモンドブルー
ダイヤモンドピンク

参考OPPO R15 Neoの最安値ランキング

参考OPPO R15 Neoのお得なキャンペーン