コスパが良い3〜4万円台のミドルレンジのスマホとして注目を集めているZenFone3を、動画のカウントフリーで大注目のBIGLOBE SIMで利用したいと考えるのは当然でしょう。

 

ご安心ください。

ZenFone3はBIGLOBE SIMで問題なく利用できます。しかも期間限定のお得なキャッシュバック特典で、とってもお買いなんです。

参考BIGLOBE SIMが実施中の最新キャンペーン

 

そんなZenFone3とBIGLOBE SIMの特徴や相性(メリットと注意点)、実際に利用しているユーザーの感想(口コミ・レビュー)について詳しく紹介していきます。

 

公式サイトはこちら⇒BIGLOBE SIM

ZenFone3とBIGLOBE SIMの特徴・相性

  1. ZenFone 3(ASUS)の特徴



    公式サイトはこちら⇒BIGLOBE SIM

    価格:
    33,120円(税抜)
    画面サイズ:
    5.2インチ
    本体サイズ:
    約73.9×146.8×7.69mm
    重量:
    約147g
    カラー:
    サファイアブラック/パールホワイト
    3~4万円台のお値段で、高性能なオクタコアCPUと3GBの内蔵メモリRAMを搭載。バッテリーが2,650mAhなので、最大待受時間は434時間とやや短め。カメラは1,600万画素の高画質。流行りの指紋認証でセキュリティもバッチリ。

ASUSのZenFoneシリーズは格安スマホ界を盛り上げてきた超有名ブランド一つです。

 

同クラスのスマホの中ではバッテリー容量が少なめで電池の持ち時間こそ気になるものの、ハイスペックで操作性は抜群です。

 

性能重視で選ぶならおすすめのスマホです。

 

SIMカードが2枚装着できてデータ通信中に別のSIMカードで、通話待機&自動切替できるDSDSに対応している点も大きな魅力となっています。

BIGLOBE SIMの特徴

プラン種別 データ通信のみ 音声通話
音声通話スタートプラン(1GB) 1,400円
3ギガプラン(旧エントリープラン) 900円 1,600円
6ギガプラン(旧ライトSプラン) 1,450円 2,150円
12ギガプラン 2,700円 3,400円
20ギガプラン 4,500円 5,200円
30ギガプラン 6,750円 7,450円

 

BIGLOBE SIMの2017年の評判は

  • MM総研の調査結果で総合満足度No.1
  • ICT総研の調査結果でデータ通信の品質・安定性No.1

を獲得するなど非常に良好でユーザーからの信頼が厚いです。

 

その信頼を支えているのが全国各地で利用できるWiFiスポットや、YouTubeなどの動画が高速データ通信からカウントフリーにできるオプション、安価でお得なシェアSIMといったユーザー目線の独自サービスの数々です。

 

特に動画がカウントフリーになるエンタメフリー・オプションは、2017年のMM総研大賞で話題賞を受賞するなど大きな注目を集めているサービスです。

 

もちろん音声通話が安くなるかけ放題サービスや、豊富でお得なセット販売端末など、基本サービスもバッチリで人気に納得の格安SIMです。

BIGLOBE SIMで使うメリット

セット販売端末だからAPN設定が不要

 

ZenFone3はBIGLOBE SIMのセット販売端末に含まれています。

 

本来、格安SIMの場合は自社の回線を利用するためにAPNというネットワークの設定をスマホ端末上で行う必要があります。

参考BIGLOBE SIMのAPN設定とは?

 

ところがBIGLOBE SIMのセット販売端末の場合は、BIGLOBE SIM側であらかじめAPNがプリセットされた状態で手元に届くので、APN設定情報を作成・入力せずにBIGLOBE SIM回線が利用できるのです。

 

格安SIMが初めてで心配の方や煩雑な設定が面倒という方にとっては非常にうれしい特典ですね。

 

公式サイトはこちら⇒BIGLOBE SIM

アシストパックで分割手数料(24回払い)が実質無料

 

3~4万円程度のZenFone3を一括購入するのは一時的とはいえ出費が辛いですよね。

 

そんな方にオススメなのが、BIGLOBE SIMのセット販売端末の分割購入サービス『アシストパック』です。

 

なんと分割手数料が実質無料で24回払いにできるんです。

 

月額基本料金と合算して端末代を支払うことができるので、家計の負担を一気に解消することができるでしょう。

 

公式サイトはこちら⇒BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMで使う際の注意点

アシストパック加算分契約解除料

 

基本的にBIGLOBE SIMではセット端末の購入にアシストパックが適用されます。

 

現時点でアシストパックはA〜Vまでの21段階の料金テーブルがあって、ZenFone3の場合はアシストパックP(1,650円(税別)×24カ月)が適用されています。

⇒2017年7月3日~アシストパックC(1,380円(税別)×24カ月)へ値下げ

 

24カ月目以降は契約解除料は不要となりますが、それ以前に、アシストパックCを解約した場合は『アシストパック加算分契約解除料』が掛かります。

 

毎月1,380円支払うと共に、契約解除料も1,380円減額されていく仕組みとなっており、仮に利用開始月に解約した場合は実質33,120円の契約解除料を一括で支払うことになります。

 

分割購入できるメリットがある反面、2年以内に解約する場合は残金を一括返済する必要がある点に注意しましょう。

データ容量が3GB未満のプランだと安くない

 

BIGLOBE SIMではZenFone3を通常価格33,120円で販売しています。税込み価格がおよそ35,770円です。

 

期間限定(~2017年3日まで)のキャッシュバック特典を使えば、ZenFone3を実質15,600円OFFで購入できるのはお得ですが、3GB以上のプラン限定で最低利用期間(12カ月)の縛りもあります。

約1年間は解約はもちろんのこと、音声通話スタートプラン(1GB)への変更も特典対象外となってしまうのです。

これら制約(特典)を外した場合は他社と比較して決して安くはありません。

 

以下、参考までに大手ネット通販2社のAmazonと楽天市場の価格を調べたので最安順に並べておきます。※2017年9月3日現在

ちなみに格安SIMの中ではワイモバイルが22,584円という割安価格でセット販売しています。

参考ワイモバイルでZenFone 3を使ったレビュー

 

ネット通販や他社の方が安く買えるので、BIGLOBE SIMのセットプランで購入する特典や実施中のキャンペーンと比べたうえで、入手先を選択すると良いでしょう。

参考格安SIMの最新キャンペーン情報

ZenFone3のAPN設定の手順

  1. まず、スマホの『設定』アイコンを押します。
  2. 設定画面の『モバイルネットワーク』を押して、『モバイルデータ通信』に☑して、『高度な設定』⇒『APN(CPA)設定』の順に押していきます。
  3. BIGLOBE SIMのネットワーク情報を入力して保存します。
  4. 『APN接続』または『設定を有効にする』に☑します。
ネットワーク名 任意の名前例)biglobe
APN biglobe.jp
ユーザーID user
パスワード 0000
認証タイプ CHAPまたはPAP
PDP Type IP(PPPは未対応)

au回線のタイプAを利用する場合はAPNタイプがあれば以下の通り設定します。

APNタイプ default,supl,dun

なお上の手順は2018年11月15日時点でのAndroidのネットワーク設定です。※端末によってAPN設定の項目名が若干異なるケースあり

 

現時点での最新情報(詳細手順)は事前にしっかりと公式サイトで確認しておきましょう。

 

公式サイトはこちら⇒BIGLOBE SIM

ZenFone3を使ってみた感想レビュー

 

 

 

 

 

まとめ

 

3〜4万円台のコスパが非常に良いと評判のミドルクラスのスマホZenFone3が、BIGLOBE SIMのセット販売端末として購入できます。

 

セット販売端末のメリットとしてはネットワーク設定(APN設定)が不要で、アシストパックを利用すれば分割手数料なしで購入できる点が大きいです。

 

さらに今なら期間限定ではありますが、最大15,600円のキャッシュバック特典が受けられます。

 

BIGLOBE SIMユーザーのZenFone3に対する口コミや評判は非常に良好です。

 

キャッシュバック特典は2017年12月3日までの期間限定キャンペーンなので、公式サイトを小まめにチェックして再入荷した際は、BIGLOBE SIMへの乗り換えはお早めに!

 

公式サイトはこちら⇒BIGLOBE SIM